カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sannrann.jpg
 現在、パラワンヒラタとニジイロの産卵セットを組んでおります。交尾はどちらも確認済みです。♀だけ突っ込んでいます。蓋を開けると、♀の姿は見えませんが、餌だけはしっかりと食べられております。なので、♀は元気そうなのですが、昨日の記事にあるように温度が低い事もあり、産んでいるのかというと・・・微妙ですね。
 しっかりと産むときだと、ケースの縁にも卵や幼虫の姿が見えるものですが、何も見えず。材の中に産んでいればいいのですけどね。とりあえず、産んでくれと期待するしかないです。まあ、最悪春に産んでくれればそれでもいいかと・・・。クワガタはカブトと違って寿命が長いので、のんびりと取り組めるのが良いところですね。まあ、ミヤマだとそういうわけにはいかないけど・・・
スポンサーサイト
パラワンヒラタを目の前で交尾させ、♀を産卵セットに投入しました。普通なら、ケースの側面や底に卵がいくつか見え、ゼリーは減るのですが、全然卵が見えないし、ゼリーも減らない。まずいなぁ・・・・。目の前で交尾を見たので、交尾不成立でもないし、強く挟まれてその時に重傷になっていたという事もないです。だから、普通に産むと思ったのですが・・・。もう1匹♀がいるから、保険としてそれにも交尾させようかなぁ。でも、ヒラタの交尾って凶暴だけあって恐ろしいのよねぇ。まあ、すんなりいくときもあるけどね。
P6050036.jpg
 ブランドもののパラワンがそろそろ羽化しそうです。たぶん、2日以内。身体の一部しか見えないので、大きさがどうなのか微妙ですが、とにかく我が家とはアウトラインになるので、たとえたいした大きさになっていなくても大歓迎なのです。もう1匹のブランドパラワンは102mmでした。幼虫体重はイマイチだったのですが、顎で稼いでいました。なので、この個体もそんな感じで身体も大きければ最高です。
 まあ、我が家で飼育してきたパラワンも106mmが出ているから、悪い血統ではないですからね。自分の家庭で育てた最大個体と何度かワイルドの血を混ぜてきた血統なんですよ。
 さて、ただいま我が家では問題がおきています。それは・・・100UPのパラワンが虫部屋の中でケースから脱走したのです。しばらく虫部屋で静かにしていましたが、カサコソ音を上手に発見できません。だって、他の虫が色々いるので。とにかく、発見するまでは気をつけていないと、血を見ますよね。まあ、今まで脱走した虫で発見できなかったことは無いので、そのうち出てくると期待しています。
P5030076.jpg
 パラワン幼虫を並べていた棚の奥にもうひとつ羽化している♂の瓶を発見。で、掘り返してみたら、106mm!!なかなかのサイズです。幅もあってとっても立派です。まあ、F-ZERO3リットル+普通の菌糸3リットルと大きな瓶で2本つないだ個体ですから、それなりなってくれないとね。
 でも、同じようにつないでも、2本目の3リットルに入れてすぐに蛹室を作った個体(つまり、2本目が捨て瓶)になった個体は100mmに届いていない。それって、ダメージ大きいです。ということで、我が家の環境では、2本目の3リットルに入れてからもしばらく餌食いを続ければ103mmくらいは狙えます。で、捨て瓶になると100mm切ってしまうという感じ。
 今年は、2匹100未満で、100UPが今のところ4匹。まだ蛹の♂が3匹くらいはいるので、今後どうなるかな。まあ、ブランドもののパラワンがまだ羽化していない(この個体よりは小さい感じがしている)ので、そいつと我が家の血統を掛け合わせたいですね。我が家の血統も毎年103mmUPが必ず出てくるので、悪い血統ではないはずなんですよね。
P5030075.jpg
 しばらく前に羽化していたパラワンを取り出しました。昔、羽化したのに放置していたら、瓶の蓋のフィルター部分を食い破って脱走された事があります。ニジイロとかならいいのですが、100mmUPのパラワンが部屋のどこかに潜んでいるとなると、虫部屋での作業には緊張が伴います。なので、羽化して2ヶ月くらい経っているので、そろそろそのような危険があるので、取り出しました。この個体は103mm程度でした。なかなか立派です。
 他にもう1匹、大暴れした個体があったのですが、そちらは98mm。スマトラヒラタなら立派なサイズですが、パラワンの場合には100mm以上ほしいものです。なにせギネスは110mmコースですしね。すでに餌を食べる元気もあるようで、ノギスで計測するときは大変でした。だって、なかなか胴体をまっすぐにしてくれないし、顎を激しく動かすし、挟まれそうになりました。できれば、こいつには噛まれたくないものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。