カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく後食
 2月3日に羽化したチビネプチューン♂です。しばらく前からゼリーに興味を示してはいましたが、なめる程度で食べませんでした。しかし、昨日からついに本格的に後食が始まったようです。大きな60gゼリーをあげようと思ったら切らしていました。なので、16g半分を3個です(笑)。それにしても、本当に3ヶ月かかるんですね。いや~、幼虫期間だけでなく、後食開始までも長いですね。好きな虫なので我慢できますが、ネプにあまり興味のない人にはまず飼育できないでしょうね。ここから1ヶ月ほどでブリ可能らしいですね。ブリードはもう1匹の大きなネプでおこなうのですが、そちらの後食開始はあと2週ほどかかりそうですね。いや、大きいからもう少しかかるのかな・・・。


20070501201014.jpg
こちらもようやく
 おさわがせのぴょんさん血統レギ♂です。どうも、ようやく気に入った場所を見つけたのか、ここ数日この場所を動きません。洞窟の中は表面が細かなチップになって固められているので、蛹室作成とみていいような気がします。暴れを感知して瓶交換してから2週間です。まあ、前回のタラ♂の時と比べると早いですね。ただ、気になるのはいまだに瓶の中から時々「ゴリッ、ブリッ」と顎で中を囓る音が聞こえる事です。まだ暴れるのですか・・・いい加減にして下さい。体重が35gからどれくらい減ってしまったのかも心配なところです。飼育のスペシャリストの方々は蛹になると掘り出して体重測定をして人口蛹室に移すようですが、私にはそんな勇気はありません。ですから、結果がわかるのは羽化してからになります。約3ヶ月後ですか・・・。7月頭までわからないのですねぇ。
 まあ、そうこうしているうちに浜っ子さん血統レギの♂もそろそろ暴れるような雰囲気があります。♀はもう蛹になっています。半年前まではいなかったのに、最近はなんだかレギ飼育ばかりです。だって、タラが産まないんだもの・・・。
スポンサーサイト

ゼリーに頭を
20070401211314.jpg
右はまだ
 ドミニカヘラの♀の後食が先ほどから始まりました。朝に予言?したとおりでした。カブトの後食開始は実にわかりやすいですね。今までのもたもたとした動きから2段階スピードアップした動きでマットの上に這い出てうろうろしていました。ゼリーを入れて数時間したところで気づいたのか、そこからは頭を突っ込んで食べております。右の写真は全体ですが、右にもヘラ♀が入っています。羽化時期が違うのでまだ後食しそうにありません。左の個体とどれだけ開始がずれるかが見物です。そもそも、本当なら両♀共に後食をとっくに開始していい時期なんですけどね。実は、低温部屋で管理したのですが、朝にも紹介した♂がずっと羽化が遅いのにもかかわらず、後食を開始したので♀を慌てて居間に持ってきたのです。

20070401211329.jpg
噂の♂
20070401211344.jpg
寝てる♂
 ♂も後食開始はわかりやすいですよね。左は朝も紹介した一徹です。いや~、材を遂にひっくり返しました・・・。すごい力です。さっきから角をケースの壁に擦りつけ、「ギュオー」という音が鳴り続けています。この文章を書いている今はケースの中で立ち上がっています。つい先日の後食前まではこんな行動は一度もなかったことです。角が折れないか心配ですが、ドミニカは太いから大丈夫かな?
 右が交尾をさせたい♂なんですけど、まだ後食の気配はありません。できれば、あと2週ほどで後食開始していただき、5月中にはセットを組みたいのですけどね。うまくいくのかな?
 クワも後食が近づくとそれなりに動きが活発になりますが、立ち上がりが悪いと感じるのは私だけでしょうか?カブトはある日突然激しく動き始めますが、クワは餌を少しずつ食べていきながら元気になっていくように感じるのですけど・・・。

ゼリー
20070328084345.jpg
バナナ
 羽パカが羽化して2ヶ月が経過しました。先週から動きが活発になってきたので、そろそろ後食かとゼリーを入れました。16gだと食べにくいだろうと60gを奮発しました。しかし、こいつは1時間もしないうちに角でひっくり返し、ゼリーのケースを角で振り回す始末・・・。数日前にもマット交換のついでに新しいゼリーに交換しましたが、また同じ結果となりました。ただ、立ち上がったりするなど激しく動き回っているので、時期的には間違いないはずだと思いました。そこで、バナナを投入してみました。臭うし、マット交換が大変なのでゼリーで育てたかったのですが・・・。そうしたら、数分で食べ始めました(コノヤロ~)。つまり、今までは「こんなまずいもの食えるかい!もっといいもの入れろや」とちゃぶ台返しを繰り返していたことになります・・・。まるで昭和一桁うまれの頑固オヤジのようです。現代ではそんなのは通用しません。久しぶりに腹が立ちました。ただ、後食直後なのであまり激しいお仕置きもできません。大型カブトは餌切れするとあっさり落ちると言われますからねぁ。とりあえず、バナナを食べた後には小さなゼリーを毎日1コずつ与えてやろうかな?ということで、朝からとりあえずの更新でした。
20070322194042.jpg ネプチューンの♀の後食が本当に始まってしまいました。低温管理をして後食開始を遅らせていましたが、さすがに3ヶ月も経つと後食するようです。もう一匹の♀は2月末?羽化なのでまだまだかかると思います。♂は2月2日と12日羽化なので、当然後食がはじまるわけもありません。居間で24度管理という、ネプとしてはけっこう高温飼育をしていますが、写真の状態からほとんど動くことはありません。とても撮影しやすいです。2,3日前までは、♀もたいして動かなかったので、けっこうゆっくり動く虫だと思っていたのですが、♀の激しい活動を見て、その認識は大きな間違いであった事に気づきました。なんとか♀の活動を抑えたいのですけどね・・・。小ケースに仕切を入れてそこで♀は管理しているので、あまり動くスペースはないのですが、その狭い場所でコマのようにまわっています。頼むから消耗しないで、符節よ取れないで~、と願っていますがどうしたらよいものやら。ケースは汚れるけど、バナナに食いつかせるしか手段はないのかなぁ。
 昨日、さっそうとボイドに穿孔したレギですが、なんと今日には外に出てきていました(笑)。いや~、甘くはないですね。そんなに簡単にはいかないですよね。ちなみに、穿孔した穴を見ると、もうはや菌糸が再生していました。まだ産卵するには菌が強すぎるかもしれません。せっかくの大ケースなので、ハイパーレイシをまた購入したら、ボイドとレイシをケースに投入して♀に選ばせようかと思います。まだ、交尾すらさせていないタラペアもいるので、ボイドや材は余ることはありませんから。
 タラはまだボイド中にいるようです。このまま産卵してくれ!


ニジ♂
 1月に羽化した個体の後食が始まってきました。まずはニジイロです。3匹のうち、残念ながら♂はこの1匹だけでした。でも、サイズは虫屋さんで計測してもらい66.2mmでした。かなり大きめと言われて満足ですが、次世代でこれ以上大きいのを出すのは難しいのかと思うと、切ないです。なにやら、ニジイロは羽化後半年ほどしてから交尾をさせた方が良いと聞きますが、ずいぶんと待たされますね~。ちなみに2匹の♀は一匹は羽化して8ヶ月は経っているので、この個体と交尾は難しいかな?もう一匹は11月羽化だったかな?なので交尾はできそうです。でも、ニジイロの♀は当たりはずれが激しいと言いますからちょっぴり不安です。でも、♀も43mmと大きめなのでなんとしても子孫は残したいのですけどね。
20070313190445.jpg
ヘラ♂
 ドミニカヘラクレスの羽化一番手の「チビチョコ」君です。こいつも昨夜から後食が始まりました。それにしても、一昨日まではゼリーを入れていてもまったく手をつけなかったのに、昨日からはかぶりつきです。食べるペースが速いです。これで腹を壊さなければいいのですけどね。後食直後に落ちる個体もいるようですから、要注意ですね。
 ちなみに、低温飼育している♀はまだ後食していません。できれば、大きな♂の後食タイミングと♀達の後食タイミングが合えば最高なのですが、それは難しいかな?そろそろ♀達も後食が始まると思います。まったくタイミングがわからないのがネプです。12月には羽化していた♀もまだ後食が始まりません。このまま落ちないですよねぇ~、心配です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。