カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P6280004.jpg
 オスもメスもなんだか元気がない感じだったし、インラインの影響もあって、もうダメかなと思っていたババ黄金。同居させた日もイマイチ反応が無かったのですが、次の日に見ると、バリバリ交尾中。その次の日に覗いたら、またやろうとしているし・・・。相手がいたら燃え上がるのかしら?
 で、産卵木を入れてみたら・・・なんと次の日には穿孔。それも、こんなにたくさんの割りカスが出ているし。もしかしたら、産んだりして。産んだら、とりあえずとれたぶんは育てますよ。なにせ、私の周りではババ黄金飼育者はいないのでね。弱そうだけど、面白い形ですし、何と言ってもゴールドが綺麗ですからね。でも、採れなければ撤退ですね。ローゼン、ババとそれなりに数年間楽しませてもらいましたしね。
スポンサーサイト
P6210001.jpg
 忙しいとよくブログに書いている私ですが、先ほどメールを見たら500件以上来ていたみたい。すべて受信するまで時間のかかる事。数を見ただけで、すべての内容チェックする気は失せ・・・・とりあえず放置。困ったものだ。さて、忙しさのおかげでババ黄金のブリードを忘れていました。
 交尾させようと同居させましたが、交尾できるかなぁ・・・。気がついたら子供を残すのにおいしい時期はとっくにすぎてしまったような。しばらく見ていましたが、交尾しそうな雰囲気もなく。タラレギ、黄金、ニジは交尾意欲が強く、同居させたらすぐに交尾しようとするのが普通です。それがしないのですから、ダメですかね。
 まあ、何代か楽しんだからもういいかな。タラ以上に幼虫は暴れるし、幼虫体重はあまり伸びないし、色が綺麗だけど、喧嘩には弱いし。なので、とりあえず近日中に材を入れてみるけど、産まなかったらこれにてババ黄金は終了としようかなと。
P8160114.jpg
 忙しく手抜き飼育が続き、産卵材もイマイチ、インラインが続いたせいか産みもイマイチだったババ黄金。そんなこともあり、今年は5匹飼育。で、2♂3♀という事になりました。羽化してしばらくたったので、取り出しました。もう少し放置する手もあるのですが、菌糸がけっこう痛んでいたので取り出しました。
 3令後期は交換をしないで長期間引っ張り、暴れ、そして蛹と羽化・・・そうなるとその瓶に詰めてから半年は経っているわけです。幼虫の暴れもあり、菌糸は弱くなり、水分量によっては菌糸が嫌気発酵おこすこともあります。そうなると、せっかく無事に羽化しても成虫に悪影響があるはず。なので、そうなる前に取り出しました。
 手抜きして2ℓ一本でも長歯になってくれたので、こいつは親候補ですね。もう1匹の♂はニッパー系の顎。まあ、普通ならこれだけ手抜き飼育をすればどちらの♂もニッパーになるはずなんですけどねぇ。写真の♂は飼育者が手を抜いたにも関わらず、大きく育ってくれて感謝です。
 ちなみに、オウゴンことアロトプスはローゼンとモーレン系に分けられますが、モーレンの中でもババはもっとも飼育しやすく大きくなりやすく、色も綺麗です。モセリだとババとよく似ていますが、低温飼育を上手にやってもなかなか大きくなりません。でも、ババは適当でも70mmを超える個体がよく出てきます。なので、これから黄金をやってみたい人にはババをおすすめします。
P7280016.jpg
 6匹しかいないババ黄金がだいたい羽化したみたいです。写真の瓶の中では♂の個体が羽化しております。もう1匹♂がいるのだけど、それは♀とそんなに変わらない大きさなので、ニッパー個体だと思われます。この個体は電工ペンチみたいな感じ(ちょっと大げさ)なので、種親はこいつで確定。なので、突然死されても困るから、もう少し掘り出さずに放置しようと思います。
 まあ、虫ネタ不足なのに毎日更新する我がブログではこのように引っ張る事で記事の数を増やすわけです。まるで、最近の予算の無いテレビ番組のようです。それでも、全然姿が見えないのも申し訳ないので、けっこう頑張って色々な角度からフラッシュありや無しなど試したのですが、瓶の中の様子を写真に収めることはできなかったです。そう考えると、人間の目って素晴らしい性能ですね。まあ、最近は老眼でその性能はかなり落ちている私ですが・・・。
P6230001.jpg
 ババ黄金の幼虫が入っているブロー容器を見たら、フィルターが外れて、そこから菌糸のクズがはみ出していました。時期からみて、羽化して後食するために脱走したのか?ということで掘ってみました。
 ♂にしては早いけど、♀なら羽化していても確かにおかしくはない時期なんですよ。そうしたら、まだ蛹でした。蛹のお尻が見えたので、ここで作業ストップ。瓶のラベルには♀と書いてあったのですが、この蛹のお尻をよく見ると細長い管が見えました。つまり、♂です。
 幼虫時に♀と判断して♂だった場合、大きい個体になっていることはまずあり得ません。まあ、どうせ6匹しかいないから、無事に羽化すればどちらでもいいけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。