カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PB080006.jpg
 産卵セットを組んでも産んでいる気配がなく、なんだか虫部屋に活気が無い我が家ですが、このギアス卵だけは良い調子。まあ、産卵されたのは1ヶ月ほど前ですからね。バタバタとここ数日で孵化が続いております。このまま寒い季節を上手く乗り切ってくれれば、春から大きく体重を伸ばしてくれるかも。まあ、本当は、2月くらいに産んでくれて、3月孵化、6月に3令になり、そこから10月末までに一気に体重をのせるというのが我が家では最高の形なのですが、なかなか2月には産まない。逆に、夏に産んでしまったヘラが、今の季節に3令になり、温度がかからずに死亡するという悲惨パターンになりやすい。低温系の虫ばかりだとやりやすいのですけどね。
 ちなみに、ユダイクスは床下に入れて放置すれば、温度管理も何もしなくても勝手に2年で成虫になります。本州など暑い地域だとそうはいかないのでしょうね。もちろん、サイズを意識したらもっと厳密な温度管理が必要なのでしょうけどね。でも、北海道の床下だとヨーロッパの森の中とそう変わらない温度や季節の移り変わりがあるのでしょうね。だから、やってはいけないけどユダイクスの成虫を森に逃がせば、絶対に増えると思いますよ。山をひとつ、大きなネットで覆って、その中でユダイを飼育。そんな事やれたらいいのですけどねぇ。
スポンサーサイト
PB080008.jpg
 ギアスの♂です。60gゼリーを週に2個以上食べます。まあ、半分は食わずにぐちゃぐちゃにしているのかもしれないけど・・・。とにかく、けっこう元気です。大きさは普通なのかなぁ?頭角を下げれば当然サイズは伸びるけど、どれくらい下げて計測するものなのかしらねぇ。なにせ、ギアスの成虫は7~8年前にヘラヘラさんで見て以来、成虫は自分の家でしか見たことがないので、サイズが悪いのか良いのかさっぱりです。とにかく、エレ象と違って胸に角が一本多いのがこいつのチャームポイントですよね。今はまだ新しい成虫なので、毛も綺麗にそろっているので、見ていても美しいです。
 ♀も餌を舐め始めたので、もう少ししたら交尾させられるかも。まあ、温度低いから産まないかもしれないけど、前回セットした♀は産んでいるから次世代につながってはいるからそれでもいいかなと。とにかくセットしないとブログネタにもならない。
P9250051.jpg
 我が家で1匹だけ妙に早く羽化してしまったギアス♀。3ヶ月ほど餌を食うだけの生活。♂が全然羽化しない(今、ようやく羽化してきたけど当然交尾には間に合わない)ので観賞用になるはずでした。しかし、我が家から幼虫を飛ばした方のところで♂だけが羽化したとのことで、交尾させることになりました。で、産卵セットに入れたのが10日くらい前。確か、記事にも書いたはず。
 で、大ケースなのでそんなに底面積もないからいつまでも放置できないので卵を割出すことにしました。そうしたら、17卵とれました。どれも綺麗でつやのある白色をしているし、細長いものもあるけど丸く膨らんでいるものもけっこうあるので、順調に1日に1~2個くらいずつ産んでいるようです。いやぁ・・・そのまま死ぬはずだったのにこんなに産んでくれるとは嬉しいものです。
 どうせ、現在蛹や羽化したばかりの個体もそのうちセットするから、季節ズレの幼虫としては最適ですね。この♀は寿命が近いように思われるのですが、まだ元気そうです。ここからさらに産んだとしたら、完全にボーナスゲームみたいなものですね。まあ、ブログに記事になってくれてありがたいです。
 ギアスのアウトラインをそのうち考えなければならないけど、いったい何血統くらい日本にいるのかしらねぇ。ヘラのブリュゼニみたいに入荷した数が少なければ、別の県から虫を購入しても実は2代前は同じなんて事もあり得ますしねぇ。まあ、続けられる間だけやるしかないですけどね。さすがに自分で外国まで行って虫を買い付ける行動力も知恵もツテもお金も何もないのでね(笑)。
P9130056.jpg
 ギアスの♀が交尾相手がいなくて遊んでいたのですが、我が家から幼虫を飛ばした人のところで♂だけ羽化したとのことで、♂を借りてきました。で、同居させたら1分経たずに交尾開始。凄い性欲だなぁ・・・。もしかすると、餌を食い始めた個体より3ヶ月くらい食った個体の方が色気があると言いますか、フェロモンが出ていると言いますか、それくらい餌を食わせてから交尾させる方がいいのかもしれないですね。
 ただ、羽化からけっこう経っているので、大きなコンテナで産卵させようとして産まなかったらマット代がもったいないので、大ケースで産ませてみます。さて、どれくらい産むかなぁ。まあ、現在羽化したり蛹になったりしている個体が控えているから、とりあえず少しでも産んでくれれば満足です。
P9120051.jpg
 昨日の前蛹に対して、羽化した個体です。たぶん・・・♂じゃないかなぁ、この個体は。ラベルを見ると♂と判断したものなのですが、イマイチ自信がありません。お腹部分は確認できて、羽根は閉じているからたぶん完品だと思うのですが、頭の方が見えない。だから、♂なのかどうかわからないのです。まあ、1ヶ月くらい経ったら掘り起こして確認してみようと思います。
 ラベルに羽化日を書き込まないと、次々と日をずらして羽化していくので、いつ掘り返してもいいのかわからなくなりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。