カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P9260055.jpg
 そろそろ蛹になるかと思われていたアクティオンゾウの♂が蛹になりました。サイズとか全然わからないけど、脱皮した幼虫の皮が手前に見え、ケース底を見ると蛹の赤茶色のお腹が見えました。残念ながら管理が悪くて♀は全部落ちてしまったので、この♂はとりあえず観賞用。他にも♂は4匹ほどいます。まあ、3年近くかかるし、♂マニアとしてはここでアクティオンが途絶えてもいいかなぁなんて。♀がいないとなると、羽化ズレを気にせずに済むという気楽さ(開き直りとも言う)もありますからね。
 虫を飼育していない人にニジを見せると「綺麗」となりますが、アクティオンだと「うわ、でけぇ!」となります。その反応もなかなかいいですよね。ちなみにタラだと「光って高級そう」と言ってくれる人もいますが、「ゴキブリみたい」という意見も・・・。
 さて、アクティオンがそのうちひと段落したら、他のゾウに手を出してみようかしらね。我が家の飼育種をカテゴリーで見ていただけるとわかると思いますが、高級とかレアと言われる虫は少ないけど、大きい虫がとても多いのです。そうなのです、私は♂フェチでもありますが、大型フェチでもあります。だから、ゾウカブトでもパチェコみたいな虫は手を出しません。アクティオン近く大きくなるゾウカブトで今度はツヤがあるのがいいですね(アクティオンは艶消し系)。それってヤヌス?マルス?ラミレス?何だっけ?まあ、その大きくなって艶のあるやつにそのうち手を出してみようかと思います。
 ちなみに、現在はギアスをやっているけど、それが絶滅したらエレファスをやるかもしれないです。ギアスの方がエレファスと違って胸角があって素敵と思っていたのですが、エレ象の方が大きくなりやすいみたいだし・・・本当か?。
スポンサーサイト
P9120053.jpg
 アクティオンの幼虫が何匹かいるのですが、ほとんど餌を食べずに、ほとんど2ヶ月以上動かない幼虫がいました。そのまま死ぬのかと思っていたら、蛹室を作り始めました。もう、この個体がいつ孵化したのかも忘れてしまったよ。まあ、ラベルを確認すればいいのだけど。とりあえず、他のカブトとは比較にならない迫力があるので無事に羽化してほしいです。大きくなったら大ケースとか考えていたけど、気がつくと中ケースのまま引っ張ってしまったなぁ。他の個体を大ケースに移す手もあるけど、それがスイッチになってすべて羽化モードになられてもなぁ。他の個体はもっと食べてくれて大きくなってくれてもいいのですけどね。
P8220041.jpg
 アクティオンゾウカブトの幼虫です。150gは余裕で超えている体重です。他の幼虫は、孵化から2年くらい経っているので、ケースの底でだらだら過ごしていますが、こいつだけはなぜか時々表面に出てきます。これだけ大きいと、自然界でこんな事をすると目立つのですぐ食われるはず。だから、何かこのケースの環境が気に入らないのでしょうね。でも、他の幼虫とマット交換も、ケースを置いている場所も同じなんですけどね。
 一般にこのような落ち着きのない個体は体重は小さめな事が多いのですが、この個体はそれなりに育っています。中ケースが小さく見えますからねぇ。そろそろ蛹室を作ってもいい時期が近付いていますが、これだけ白くて艶があるとまだ先って感じですね。さて、どうなるのやら・・・。
P6200051.jpg
 アクティオンゾウカブトの♂幼虫が入っている中ケース。中の幼虫は3月に交換した時に180gくらいあった個体。で、この個体なのですが、ここのところずっとケースの右下に陣取っている。まったく動かないのです。死んでいるわけでもなく、かといって蛹室とも違う感じだし。1ヶ月以上この場所にいるのですが、幼虫の表面が前蛹時に見られるシワシワになっているわけでもないし。
 こういう状態になると、どのタイミングでマット交換したらよいのか非常に判断が難しいです。そろそろ蛹室を作り始めるのならいいけど、これが半年先ともなればマットの劣化がかなり激しくなってしまいます。それも避けたいし。まあ、上半分のマットを除けて、そこに新しいマットを詰めて、食べたければどうぞ、蛹室を作るのなら、糞がいっぱいあるであろう、下の方で作ってくださいという感じにするしか手はないよなぁ。
P5030074.jpg
 中ケースに入っているアクティオンゾウの♂幼虫です。先日まで小ケースに入れていました。時々写真のようにマットの上に出て動き回っているので、さすがに小ケースは狭いのかなと中ケースに移したのですが、相変わらず時々この写真のような姿に・・・。このケースの幼虫は特にその回数が多いのですが、アクティオンは他の個体でも時々マットの上に出てきていると思われる個体がいくつかあります。表面に幼虫が動いたと思われる窪みができるのですよ。
 自然界で、外に出てきたら天敵に襲ってくれと言っているようなものですから、そんなことはしないはず。何か文句がある、環境が気にいらないのでしょうかね。でも、育っている個体は190gを越えてきたし、この個体だって今は160gは越えています。育ちが悪いならマットなどが合っていないと思いますが、それなりに育っているし、マット交換したらたくさん糞が採れますからねぇ。なんだか不思議です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。