カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気そう
20061130175133.jpg
いつ羽化したの?
今日は、特別虫のお世話が必要なかったので、ネプチューンの♀の蛹室を破壊することにしました。どこにも小窓はないので中身の状況はわかりませんが、ほぼ2ヶ月前の餌換え時点で蛹室をつくっていました。その時♂も蛹室を作り始めていて、今はその♂も蛹になっているのでおそらくもうこの♀は羽化しているだろうという読みです。蛹室を崩してみると、予想通りに羽化していました。羽も収まっているし完品でした。ラッキー!蛹室のまま写真を撮ろうとしましたが、マットと虫の色が同じようでうまく写せなかったので取り出しました。ネプの♀を間近に見るのははじめてですが、ヘラヘラの幼虫と比べると身体は小さいですけど、細長くてスマート、顔は三角形で面長、異様に毛深いお尻とヘラヘラとはだいぶ違いますね。♂の羽化はまだ一ヶ月ほど先なので、しばらくはゆっくり休んでほしいものです。♂は血統が違うのですが、ほぼ羽化ズレも無かったのもラッキーです。あとは無事に♂も羽化してくれれば最高です。でも、ヘラヘラより小さいくせに2年もかかるとはなあ~。さらに温度管理も必要だし・・・。贅沢な虫です。そういえば、ネプチューンの成虫には独特の臭いがあるとの事ですが、全然分かりませんでした。成熟すると臭うのかしら?それとも臭うのは♂だけなのでしょうか?カメムシのような臭いだったら嫌だなぁ・・・

20061130175149.jpg
3日前
20061130175205.jpg
今日
餌換えせずにそのまま交換無しでいこうと思っているギラファ♂です。ただ、けっこう早いペースで食べています。粗いカスは無いので暴れてはいないと思います。このまま交換なしで餌は大丈夫か心配です。写真ではよくわかりませんが、瓶上部もけっこう食べられているのですよね・・・。瓶の下に自分のスペースを作って少しずつ上に向かって食べていくスタイルは几帳面で賢いな~、といつも思います。4リットル瓶がもう一本あるので、いざとなったらいつでも交換できるのは強みですけどね。でも、そのおかげで、昨夜のタラ餌交換で、間違ってオオヒラタケ瓶にタラを入れてしまいました。2,3分で気づいてカワラに入れたのですが、何日か気づかなかったらOUTなんだろうなあ~。部屋の中でもオオヒラタケとカワラタケとで置き場を考えなければいけませんね。
スポンサーサイト

タラ♂瓶×2
タラの♂と期待している2匹が暴れているようなので、交換に踏み切りました。瓶の様子はこの通りです。スプーンを使って掘っていくと、今までのような苦労がありません。面白いように削れ、崩れてきます。なるほど、これが暴れだぁ~。中身は8割がおが屑状になっていました。そして、幼虫を取り出すと~。



20061129204514.jpg
29gでした
20061129204523.jpg
27gでした
33g→29gと27g変化無しでした。もっと大きくなっていると期待していたのに残念無念。先日♀蛹になった幼虫は、最終交換が27gでした。ここで、以前の心配が復活してきました。もしかして、また全部♀・・・。4匹とも頭の大きさがあまり変わらないのですよ。でもこの2匹は前回交換したときにまだ余裕がありそうな感じがしたのですよね。もう一匹別の幼虫がいるのですが、こいつは見るからに小さいので♀確定だと思うのですが、この2匹は♂じゃなきゃシャレにもなりません。タラの♂の姿に憧れ、それを自分の手で育てたかったのに、♀ばっかりだったらど~しよう。9匹連続♀なんてありえますか~、それも5系統なのに・・・。今日はもう酒飲んで、ふて寝しようかな~。♀だったら4リットル瓶ってバカですよね。前回飼育の時も、すべて♀だと思わずに、5匹ともブロック投入ですからね~。アホだと笑って下さい。「たらたら毎日」から「メスたら毎日」にブログの名前を変えようかな・・・・・・
2時間悩んでも光が見えない・・・。本日2度目の更新です。最近は少しずつパソコンを使用できるようになって楽しくなっていたのに。

酒樽さんのHPへのリンク作業をしたところ、なぜかバナーが表示されない???アニメーションしている高等なバナーだから?他の方のHPとかを今までは普通に見ていましたが、みなさん高等なスキルをお持ちだったのね。FC2の参考書を見てもさっぱりわからん、というよりこのことについて記述されていない。アニメーションが悪いのかと、酒樽さんのリンク中にあるアニメーションしないバナーすら何故か貼れない。もしかして、このパソコンって呪われているのかしら?

何度も繰り返していたら、何故か突然表示された・・・。コンマや大文字小文字、スペースなども何度も確かめたのに・・・。結果オーライですが、原因が分からず???です。パソコンって生き物以上に不思議。

♀タラ蛹
6月割り出しのタラ♀が昨夜蛹になりました。最終交換時の体重が27gあったので♂の可能性も捨てきれなかったのですが、卵巣がしばらくの間見えていたので♀だろうと思っていました。昨夜は真っ白だったので刺激を与えないように放置しました。先ほど瓶の中を覗いてみると、奥の方で見えにくかったのですが、大きな顎は見えなかったのでたぶん♀でしょう。前回の5匹の♀達よりは確実に大きなサイズのような気がします。ただし、瓶効果で大きく見えたりもするのであまり期待すると後で落ち込んでしまいます。

20061128173158.jpg
菌糸まわって!
♂の交換用菌糸4リットルです。先ほど紹介した♀より一ヶ月割り出しが遅い♂個体ではありますが、そろそろ蛹化モードに突入してもおかしくありません。ということで、早く♂の2匹をこの瓶に入れ替えたいのですが、底まで菌がまわりません。仕方がないので、酸素のボンベです。空気穴の奥までストローを刺してそこに直接酸素スプレーをしました。酸素って、生きていく為には必要ですが、濃度が高すぎると毒になるので、ほんの少しだけスプレーしました。一応瓶は逆さまにして、蓋はティッシュにするなど通気は最大限努力しているのですけどね~。

 蛹化ブームといえば、昨夜にヘラヘラのマット交換をしました。♀はすべて蛹ですが、♂はまだ一年なのでこれで最後のマット交換というつもりで交換し始めました。ただ、しばらく幼虫の姿を見ていなかったのでもしもの事を考えて、感触のよくわかる素手でマットをすくっていきました。そうすると・・・なんともう蛹室をこしらえていました。小さく穴を空けてみると完全に前蛹になっていました。♂なのに、産まれたときから単独飼育なのに、120gもあるのに、21度管理なのにたった一年で蛹になっていいのかしら??ちょっと早すぎます。タランドゥスが半年足らずで羽化するのに触発されたのでしょうか?大きな羽化ズレにならないのは喜ばしいことではありますが、小型の♂ばかり羽化してきそうで不安です。特に120g個体には14㎝越えを期待していたのに・・・。
 結局、交換用に用意していたマットが余ってしまったので、その恩恵を受けたのは国産カブ幼虫でした。最近はヘラヘラの食いカスや菌糸カスなど、我が家の餌最終処分場になっていたのに新品の餌があたってしまいました。ヘラに感謝して大きくなれよ、国産カブ!

顎まっすぐ
20061127201021.jpg
横から見ると
みつたさんのプレ企画で当選したレギウス♂が本日午前に我が家に到着しました。北海道なので気温が低く心配だったので、荷物到着後、ゆっくりと温度を上げていきました(電話で妻に指示して)。最初は冷えていて触覚しか動かなかったようですが、今では他の後食待ちのタラと同じように元気な状態になりました。長旅の後で、後食前の個体、それも高級なレギなので多くの刺激を今日与えるのは良くないと判断し、10分だけと時間を決めてタラと並べて観察しました。視力の良くない私には、2m離れるとあまり区別がつきません。なるほど、同じ種類の虫に分類されているのもよくわかります。しかし、1mほどまで近づくとあきらかに形が違いますね。顎のカーブが本当に緩やかですね。顎を少し開いているときに上からみると、綺麗に円を描いていますね。顎の曲率の強いタラは楕円になります。ただ、顎の根元の方はタラの方が太くて迫力があるようです。胴体も細くてスマートなレギとこってりしたタラと形が違うものですね。とはいえ、後ろから見たらきっとタラとレギの区別は私にはできないかもしれません。誰かのブログに書かれていましたが、ソース顔のタラと醤油顔のレギという表現が一番しっくりきますね。どちらも、違った魅力がありますね。みつたさん、素敵な出会いをありがとうございました。と同時に、後戻り出来ない深みにはまってしまったような気もする・・・。

20061127201036.jpg
覚悟は決まった?
高級なレギからいきなりニジイロの幼虫です。ニジイロも数年前は数十万した超高級品だったらしいですけどね。私が飼育をはじめた昨年には幼虫一匹700円でした。これから数年したら、レギやサタンもホームセンターで売られているような時代が来たりして・・・。さて、いつまでも幼虫を続けてきたニジイロ君ですが、ようやく覚悟を決めたのか前蛹になりました。孵化からまる一年幼虫でした。同じ時期に孵化した♀は春にもう成虫になっています。羽化ズレという言葉では片づけられないほどのズレです。一時はかなり大きくなって期待していたのですが、すっかり縮んでしまいました。そりゃそうですよね、ここ4,5ヶ月ほとんどこの幼虫は食べていませんから。TVで、芸能人が10mの飛び込み台からなかなか飛び降りられなくて時間が経過していく番組がありますが、このニジイロ君もまさに同じような状態で、「蛹になりたいけど、怖いな~」というような状態で4ヶ月以上の時間が経過してしまいました。ようやく、蛹を見られると思うと楽しみです。できれば正月に華やかなニジイロが羽化してくれると嬉しいのですが、ちょっと間に合わないかな?

卵が孵った!
嬉しい誤算があって本日二回目の更新です。以前に割り出したときに発見されたマンディブラリスの卵なのですが、もう一ヶ月以上経っていて黄色かったので、正直あきらめていました。しかし、昨日の割り出しで新しい卵が見つかり、それと大きさを比較すると大きかったので、もしかしてと期待していたら、先ほど無事に孵化しました。さらに、昨日採卵をしたケースを見ていたらカリカリという微かな音がしたのでよーく見ると、ケース底のマット内に幼虫を一匹発見!ということでこれで合計9匹となりました。マンディブラリスは好きな虫なので、嬉しいのですが菌糸が足りなくなりました。冷蔵庫の中にカワラの800瓶は一本あるのですけどね。一週間ほどしたら実験としてカワラに投入してみようかしら。タラやオウゴンとかはオオヒラタケだと☆になったりするようですが、マンディにカワラってどうなのだろう??死ぬのかな~。

カワラといえば、タランドゥスの♂が入っている2リットル瓶2本で異変が起きつつあります。どうも暴れのような・・・。縞模様というか螺旋状の食痕ができはじめました。4リットル瓶があるので、そこに移動したいのですが、なにせ容量が大きいため菌がまわりきっていません。詰めから10日ですからねぇ~。とはいっても、タラを発酵マットに入れるわけにもいかないでしょうから、ぎりぎりまで待って移動するしかないかな~。私は、前回の飼育では5匹ともすべて♀だったので♂のタラ飼育の経験がないのですよね。なので前回は暴れとは無縁の幼虫飼育でしたが、今回はそうはいかないようです。はじめての♂飼育をなんとかしなければと気合いは入っているのですが、経験値がなくて困っております。とりあえず、明日か明後日かもう少し先かはわかりませんが、きっと瓶交換をするので、そこで写真は紹介します。それでは、また~。
 昨夜、レギウス産卵・累代奮闘記のみつたさんから生電話をいただきました。プレ企画のレギ♂を送りましたという連絡だったのですが、他にも色々とお話を頂きまして、大変参考になりました。感激であります。みつたさんのプレ企画に参加されていない方には分からない事ではありますが、パソコンから聞こえた出題と同じ声(当たり前)が電話から聞こえてきて、なんだか最初はパソコンと会話しているような不思議な気持ちになってしまいました(みつたさん、失礼しました)。
 私の周りには虫を趣味としている人がいないため、大人と虫の話をしたのは虫屋さん以外でははじめてだったので緊張しました。レギウスの到着が楽しみだな~。
20061126114703.jpg
追い掛けしたいな
今日はヘラヘラの採卵をしました。結局、15個の健康そうな卵と2個ダメそうな卵を見つけました。♀も少し弱ってきたような感じがします。以前より動きが鈍いし、符節の力も落ちています。まあ、♂と4ヶ月は羽化ズレしているので、そろそろお迎えが来てもおかしくない時期かもしれません。私としては、バナナを食べて栄養をつけて、その後交尾をしてもう一度産んでほしいです。というのも、♀だけを採卵セットに入れて一ヶ月は経つので、そろそろ追い掛けをしないと無精卵の数が今後増えてくるかもしれません。そこで、採卵後に♂をケースに投入してみました。
20061126114713.jpg
EDですか?
しかし、やっぱりこの♂は電車男でした。♀の横に置いても上の写真のように離れていくし、左の写真のようにバナナに食いついている♀の目の前に置いても♀を見つめるだけだし・・・。もう幼虫は孵化しているので、交尾能力がないわけではないのですけどね。虫用のバイアグラとかは無いのかしら?♀と別居している間はずっとバナナを食べさせていたのでエネルギーはモリモリのはずなのですけどね。もしかすると、♀の方がおばあちゃんに近くてもう魅力を感じないのかもしれませんけどね。羽化ズレを考えると、♀には週に一個ずつ、一年くらいに産卵し続けてくれるとその心配はなくなるのですけどね~、うまくいかないものです。

我が家の助手
7月の初めだったかな?マンディブラリスの産卵セットを組みました。今まで何度か採卵しましたが、幼虫3匹と卵1個しかゲットしていませんでした。♀が☆になったので、すべての産卵木を割り出すことにしました。最初の頃に投入したレイシ材はすっかり乾燥していました。当然産卵痕すら無し。クヌギもダメでした。しかし、2ヶ月前に追加投入したレイシには産卵痕がありました。写真は我が家の助手達です。私もまだ若いはずなので老眼にはなっていないのですが、やっぱり子供の目は鋭いです。食痕を見つけるのは私より上手です。
20061125155214.jpg
いました!
食痕を辿っていくと幼虫がいました。今まで採卵したときには、みんな卵か産まれたばかりの回収だったのですが、今回はもうあきらめていたため放置プレイが続いたため、食痕を辿っていくという楽しみを体験できました。相変わらず大きくない幼虫ではありますが、意外に長い距離を食べて移動していたことに驚きました。自然界で大きな成虫が羽化するためにはけっこう太くて大きな木が必要なのかもしれませんね。スマトラ島に行くことがあったら(たぶん、絶対無いと思うが・・・)現地の太い木を割り出してみたいものです。
20061125155225.jpg
本日の収穫
結局、すべての産卵木を割り出して、幼虫を4匹と卵を1個ゲットしました。これでトータルで卵2個、幼虫7匹となりました。卵は孵化するかは謎ですが、最大で9匹なら個人の飼育としてはちょうどよい個数です(負け惜しみ)。温度を25度前後にするために、今まで居間のおいしい場所に特大ケースで場所をとっていたので、居間がすっきりしました。とりあえず、今は特大ケースは必要がないので、割り出した木をケースに戻しました。チェック漏れがあるかもしれないので、この後2ヶ月ほど放置してからもう一度チェックして、それから庭の畑に埋めようと思います。その時に、もう2匹くらい大きく育った幼虫が出てきてくれたら嬉しいな~。

?な幼虫
夏に産卵木を入れてマンディブラリスに産卵をさせました。結局幼虫は3匹、現在卵が1個というお粗末な結果でした。♀は昨夜☆になりました。残された産卵木を砕けば、もう一匹くらいは見つかるかもしれませんが、期待薄です。まあ、ワイルドだから仕方ないかぁ~。
 さて、この写真の幼虫は、その産卵木からとれた卵をマットで孵化させて、その後この菌糸瓶に投入しました。なので、おそらくマンディの子だと思うのですが、この幼虫の行動はどこか変です。毎日上に出てきて木を掻き出しています。下に潜ったときにマットを被せておくと、次の日には写真のような状態になっています。もしかしてアリジコクかなにかの幼虫?
 ブルマイの♂も相変わらずマットの上の生活を続けています。我が家の問題児達です。死んでいないので、まあいいかという気持ちに最近はあきらめモードですが、普通と違う生活を続けられるとなんでだろうと悩んでしまいます。
20061124182023.jpg
ギラ♀
ギラファの♀幼虫がまた蛹になりました。これで、♀の幼虫がいなくなりました。後は、♂の蛹化を待つばかりです。我が家恒例の羽化ズレです。中ケースに菌糸を詰めて、ヘラクレスのように♂♀同居で幼虫飼育をしたら羽化ズレが短くなったりしないのかなぁ~。よく共食いすると言いますが、5,6リットルの容量があればしないのではないのかな~。
 そういえば、リノケロスフタマタ幼虫を2匹つっこんでいる2リットルの菌糸瓶に先ほど2匹目の姿が確認できました。瓶の反対側にもう一匹の幼虫の姿も見えるので、共食いはしていなかったようです。2匹とも小さいけど元気そうです。ということで、今度羽化ズレの大きいクワ幼虫を大きな瓶で雌雄同居飼育にチャレンジしてみようと思います。

標本にします
昨日のブログで「♂が別系統で5匹~」と飼育生活の充実ぶりを書いたのですが、その後まもなく一匹のタランドの♂が☆になってしまいました。書いたら、その後すぐに死んでしまうとは、私のブログは今はやりの「デス・ノート」なのでしょうか・・・。デスノートは大げさにしても、ブログに何か書くと、その直後にその虫に何かが起こることが今までに何度かあります。状況が好転した場合は良いのですが、悪くなった時にはその後のブログで恥をさらすことになるので格好悪いです。
 さて、虫が☆になったときには必ずその原因を究明しなければいけませんね。このタランドゥスが落ちた原因は“ずばり老衰でしょう”たぶん・・・。ワイルドだったので、当然羽化時期も分かりません。ただ、我が家に来たときから、この69mmは明らかにもう一匹の60mmのワイルド君より食が細かったのですよね。最近後食が始まった♀達はゼリー半分を毎日食しますが、この☆になった個体はゼリー半分を食べるのに一週間以上かかっていました。60mmも、食べてはいますがゼリー半分に4日はかかります。今は元気ですが、この60mmも♀達の交尾可能の時期まで生きていることはできないかもしれません。そうなると、♂3、♀4となるかもしれません。まあ、それでも充分ですけどね。
 さて、☆になってしまったので、標本にしてみることにしました。もちろん初体験です。酢酸エチルなんて家にあるわけがないので、とりあえず熱湯につけて、その後にスタイロホームの上で展足してみました。我が家は冬場は加湿器を24時間動かしていますが、それでも湿度は30%台なので、部屋に置いておけば乾燥するかな?乾燥のおかげで、コバシャに入れている成虫たちにも時々霧吹きしなければいけないほどです。
 それにしても、標本を部屋に置いておくと、時々目に入ったときに自分で作ったにもかかわらず、「虫が逃げている!」とドキッとしてしまいます。あとで乾燥剤でも買いにいかなきゃな~。
20061122185439.jpg
新入りタラ
虫屋のフォーシーズンさんで、我が家で羽化したタラの♀と同じような時期に羽化した♂とを交換していただきました。感謝感謝!虫屋さんでは、♂に偏ったようなので雌だけに偏った我が家にはありがたき偶然でした。我が家の♀は2系統2匹と3匹の新成虫の♀がいたので、3匹いた中の真ん中のサイズの♀を持っていきました。ご主人に虫を渡すと「けっこう立派ですね。これでサイズはどれくらいかな~」と言われたので「自己計測で48mmくらいかと・・・」と答えました。どれどれとご主人がノギスで計測すると「51mm」でした。私は板の上にのせて測ったのですが、虫が猫背になっていたため小さなサイズになっていたことが分かりました。先日”浜っ子さん”のブログでサイズの計測法法が出ておりましたが、私には恐ろしくてあのような状態で固定できません。虫屋でご主人が計測しているときも、人ごとながら♀の強力な顎に挟まれないか心配してしまいました。
 ということで、我が家に帰ってから、もう少し大きいサイズの♀の再測定をしたかったのですが、怖くて手が出せません・・・でした。正しいはかり方をしたら何mmなのかなぁ~。
 さて、写真の♂タラが♀と交換して貰ったものです。ご主人は、羽化した♂をすべて見せて下さり、「どれとでもいいよ」という太っ腹発言をしていただきました。もっと大きな個体もあったのですが、少しでも♀と羽化時期が近い方がいいかな~と思い、この72mmの♂にしました。他にも近い時期のタラ君もいたのですが、こいつの羽化日が自分の誕生日と一緒だったので、そこに運命を感じたのもこの個体にした理由だったりします。
 これで我が家には別系統の♂が5匹!♀が2系統2匹ずつとなりました。バリバリアウトラインブリードができそうです。一番大きな♀とはやはり、ぴょんさんの巨大血統♂と組み合わせてみようかしら~。夢は広がります。でも、実際に産卵セットを組んだら、まったく潜行しないかもしれませんよね。ぬか喜び、捕らぬ狸の皮算用にならないようにしなければ。でも、春までセットは組めないしなあ~。4匹の♀で産卵セットを組んで、一匹も採れなかったら切ないなあ~。その時にはこのブログの題名を”たらたら毎日”から”ボウズ毎日”に変更しようと思います。

4リットル瓶に移動させたダイエットギラファです。瓶を交換したら、まずはダウントリム一杯で急速潜行して瓶の底まで移動しました。その後、バラストタンクフルブローといった感じで上昇し、今は写真のように瓶口の近くでうごめいております。ますますダイエットしそうです。ほとんどの幼虫って、まず一番下まで潜りますけど、高さ1mの菌糸瓶とかがあったら、その一番下まで潜るのかしら?もちろん、酸素が行き渡るように太い空気穴を空けてですけどね。誰か、そんなお馬鹿な実験をしてみて下さい。この幼虫の様子を見て、もう一匹の2リットルに入っている幼虫は、放置で行くことに決定しました。とりあえずフローレスなので、100mmは越えてくれないと切ないな~。蛹になるときに大顎を引っ張ってやろうかという気になってしまいます。クワガタ以上に、ヘラクレスとかは角が時間をかけて伸びていくので、本当に引っ張って助けてあげたい気分になります。実際に蛹化をライブで見たときには、一時間以上の時間をかけて伸びていくことを知っていたので、触れることなく見ていましたが、その知識がなかったら慌ててヘルプの手を差し延べていたかもしれません。無事に羽化してね~。

2リットル瓶
8月に孵化して、800菌糸瓶(ニジイロが羽化した後の中古)に一ヶ月入れて、その後9月1日に2匹をひとつの2リットル瓶に投入したものです。フタマタがこんなに成長が遅いとは知らずに2リットルに入れたものの、まったく幼虫の姿を拝むことなく今日までの時間が過ぎていきました。死んでいるかもしれないとも思いましたが、瓶を破壊しなくて良かった。久しぶりに姿を見られてほっとしました。姿は一匹しか見えませんが、もう一匹はどうしているのかしら?共食いしたか、死んだのか、それとも瓶が広いので別のところにいるのか謎です。そもそも、菌糸瓶に2匹の幼虫を投入するのって禁じ手ですよね。カブトはあまり共食いしないですけどね。ワイルドで大きな個体って、幼虫の時にまわりの幼虫を食べまくったものだったりして?

20061120181804.jpg
瓶全景
さて、こいつも2令なのか3令なのかよく分かりませんが、時期から考えると3令ですよね。でも、こいつの大きさは、パラワンの2令より小さいような・・・本当にこいつは大きくなるのかな?フタマタは平べったくてスマートなので幼虫体重があまり重くなくてもそこそこの大きさになるらしいですけど、どうなのでしょうかね。ワイルドの子供なので、姿が似ているパリーフタマタ、マンディブラリスフタマタの幼虫であることも考えられるのですが、雄の成虫が産まれてこないと不明なままになってしまいます。この幼虫が♂ならいいのですけどね。そもそも、パリーフタマタの♀ってどうして背中が赤くないのかしら?♂と♀で色、姿が大きく違う虫って多いですけど、ワイルドはどうやって自分の♀だと見分けているのかしら?やっぱり、フェロモン?

マットコンテナ
電車男ヘラクレスの子供が続々と誕生してきました。先日、一匹目の報告を書きましたが、この土日で3匹孵化しました。他の採卵した卵も順調なようです。とりあえず、ブローで卵を管理して、産まれた幼虫は卵の殻を食べたことが確認できたものから写真のコンテナに投入していってます。このコンテナは中に20リットルマットをつっこんでおります。今回使用したマットは、HIDEのヘラクレスマットです。これを食べて130gオーバーの幼虫が出ているようなので試してみようと思いました。少しドライになっており、使用するときには10リットルにつき2リットルの加水をしてから使うそうで、その通りにしてみました。完全に自然発酵させているそうで、ほとんど再発酵しないらしいです。そのぶんお値段も少し高めですけど、親を越えるサイズが出てくるのなら惜しくはないですね。とりあえず、今のままでは20リットルに初令4匹という超超VIP状態なので、はやく他の卵も孵化してくれないと困ります。たくさん育ったら、春になったらこのブログでも幼虫をプレゼントしたいと思います。どうして春かというと、北海道はこれから寒くなってくるので、輸送に自信がないからです。
 プレゼントといえば、本日朝7時に「レギウス産卵・累代奮闘記」のみつたさんのブログのプレゼント企画でレギウス♂成虫が当選してしまいました。本物もほとんど見たことがないの虫がいきなり家にやってくるのかと思うと、興奮してしばらく眠れそうにありません。本当にみつたさんありがとうございます。
 そうなると、♀をどうするかを考えなければといった感じですね。でも、すっごく高そうだからなあ~。最近はレギ♀と言ってタラ♀を売る人もいるようなので、熟考しないと危険ですよね。自分もみつたさんのように、いつかは育てた虫をプレゼントとかしてみたいですけど、訳の分からない♀を購入して子を産ませて、知らずしてハイブリット個体をプレゼントとかしていたら大変ですからね。
 ハイブリットの危険と言えば、夏休みに行った昆虫展でリッキーの幼虫を2匹貰ったのですが、他にそこの会場で幼虫を貰った人の中には「オキシ」と言われた人、「エクア」と言われた人もいたらしいです・・・。その幼虫達が成虫になってその種類のヘラと子を作らせたらハイブリットになる確立が高まりますよね。つまり、我が家が貰ったヘラもリッキーという保証がないということになります。昆虫展をするのなら、放虫とハイブリットについては注意してもらいたいものです。我が家の幼虫も、成虫になった時に♂なら区別がつくのでいいのですが、♀なら区別がつかないので、交尾をさせずにただ育てることしかできなくなってしまいます。頭幅からみると最悪の♀2匹のような気がするんですよねぇ・・・。
 話はプレゼントに戻りますが、ヘラヘラ幼虫って欲しい人ってどれくらいいるのかな?ちなみに、この子達はグアドループのF3個体になります。ヘラクレスヘラクレスさんの虫なので、自己採集個体なので、昆虫展で貰った幼虫とは違い、物は確かです。
 近所に幼虫をあげると約束している飼育上手な子がいるのですが、温度管理を考えると、来年の夏以降にあげた方がいいかな?そうすれば、再来年の春には成虫を確実に拝めるからなあ~。ちなみに北海道は涼しいのでエアコンがないとまずいのは7月~9月初めくらいだけですし、全部屋暖房完備なので、子供でも大型を育てやすい環境にあるように思います。本当は自分の子供を仲間に入れたいのですが、女の子なので最近はあまり虫に興味を持ちません。「最初はおまえがヘラクレスほしい~」と駄々をこねたからはじめた外産飼育なのに、最近は完全に自分の趣味になってしまったような気がする。そして、少しずつマニア度を上げていっているような気がする。恐ろしいものですね。

飼育ド素人
・マット”の事を”土”だと思っている。
・幼虫には怖くて触れない
・蛹は知っていても、前蛹は知らない
・菌糸瓶は腐っていると思っている。
・マットと糞の区別がつかない

飼育に慣れてきた人
・マットの水分調整をする。
・菌糸瓶を使っている。
・ヒラタケとカワラの大きく2種あるのをしっている。
・カブとクワの幼虫の区別がつく。


はまりはじめた人
・餌交換の時には幼虫体重を測る。
・人工蛹室に入れて蛹化を見たくなる。
・蛹になると掘りたくなる。
・自分でブロックから瓶につめる。
・マットに添加剤を入れてしまう。

深みにはまってきた人
・10万以上の虫を買ってしまう。
・産地や美形個体にこだわる
・ギネスサイズ、もしくはそれに近い個体を羽化させる

病気の人
・海外に採集しに行ってしまう。
・千匹以上の個体を飼育している。
・高額の虫を買っても罪悪感をまったく感じなくなる。
・仕事をやめて虫屋を始めてしまう。

個人的には、こんな感じかな~?と現段階では思っているのですがどうでしょう?ちなみに自分は”はまりはじめた人”の場所にいるつもりですが、将来的には自分が”病気の人”の場所に来ていても、「自分は病気ではない」と認めないかもしれませんけど・・・。ちなみに、職場の虫嫌いの人は「虫にお金を出すなら駆除費用だ」とか、「同じ屋根の下にいる事なんて許せない」だそうです。






一ヶ月で
先日マット飼育に切り替えた♂ギラファの兄弟です。瓶交換も同じ時期にしてきました。こいつは暴れなかったのでそのままでしたが、餌交換から一ヶ月半でけっこう食痕が広がってきました。50gオーバーの体重があるため餌の食べる量も多く、もしかするともう交換かな?と思い、4リットル瓶に投入することにしました。



20061118171652.jpg
掘った図
ということでスプーンで菌糸を掘ってみると、上部2㎝も掘っていないのにあっという間に幼虫の顔が出てきました。菌糸瓶の場合、瓶表面の菌糸がけっこう残っていると安心してしまいますが、このようなこともあるのですね。幼虫を取り出した後に菌糸瓶を崩してみると内部の8割以上が食べ終わっていました・・・。上部2㎝を除いた場合は9割以上食べられていました。中はすべて茶色の微粒子になっていたので、暴れではないと思われます。もう餌が無くなっていて驚きました。やっぱりギラファは後半は3~4リットルくらいは必要かもしれません。

20061118171702.jpg
ダイエット
餌切れが響いたのでしょうか・・・微妙にダイエットしてしまいました。身体もだいぶ黄色いので蛹化の準備中かもしれません。本当はここでマット飼育に移行した方がいいのかもしれませんが、4リットル瓶へGoです。マット飼育とどのような違いがおこるか楽しみです。マット飼育の方は完全に蛹室を作り始めました。一ヶ月後には蛹、一月中には成虫になるかもしれません。菌糸の方が簡単に大きくしやすいが、蛹化前の時期の管理や交換がデリケートで難しいとヒラタクワガタを飼育している方はよく言いますが、ギラファも同じようなことを感じます。3令中期までは菌糸にマッチして大きくなりますが、最後は菌糸にあわないのかもしれません。確かに、羽化したときに菌糸が堅くなっていたらあの長い大顎ではそれを崩して外へ脱出することは不可能かもしれませんからね。

♂♀2令3令
順調に大きくなってきたパラワンヒラタの幼虫です。菌糸カップで一ヶ月、2リットル瓶に投入してしばらく時間も経ち、そろそろ次の交換も視野に入れて考えていかなければいけません。♂ならもっと大きな瓶が必要になってくるでしょう。そのためには性別判断を正確におこなう必要があります。今日の写真は、3匹のうち一番はっきりと全身が写っている個体なのですが、こいつはいったい♂♀のどちらなのでしょう?パラワンはクワガタの中で幼虫が一番大きく、重くなるようですが、それを考慮にいれると、こいつはまだ2令のような気がします。でも、普通のクワガタだったらこの大きさで2令ということは無いように思います。頭幅からすると3令初期の♀のようにも見えます。
 ネットで調べても、3令後期の体重を出している方はいるのですが、細かく「何ヶ月で何gの何令になって・・・」というように出している方は見かけません(タラ飼育の方は細かいデータを発表されている方が多くて助かっていますが)。
 2リットル瓶なので、最大で3,4ヶ月引っ張ることも可能かもしれませんから、明確に♂♀の違いが分かるまで放置しかないのかな~。タランドゥスの最初の5匹の幼虫がそうであったように、このパラワンもすべて♀だったら・・・という悪夢が甦ってきます。一匹でも♂がいて、ギラファ以上の幼虫の姿を見せてくれと祈るのであった(そんなにでかい幼虫が好きならゾウカブトを飼えという話もあるが)。

ぼろぼろ菌糸
今日はクワネタが無かったので、無理矢理クワネタを作りました。10月26日に羽化したフローレスギラファの♀を掘り出してみることにしました。♀だと大きさとかどうでもいいので、掘り出しを我慢する気になればいくらでもできそうです。そもそも、この菌糸瓶に投入したのが4ヶ月前くらいかな~。写真でもわかるように、瓶の蓋を取るとキノコの茎もヘロヘロになっていて、まるでキンピラゴボウのようでした。スプーンを使って掘ってみると、菌糸も古いのでさくさく掘れました。一ヶ月半で交換するときのカワラ菌糸と比べてなんと楽なことか!
20061116211031.jpg
完品でした
掘り出すと、いました。まだ動きは鈍いけど、とりあえず完品で羽化したようです。写真を撮るために新聞紙の上にのせたら、なぜかこいつは後ろに移動しました。前には動かず、まっすぐ後退します。どこかに異常があるのかしら?電池の向きを間違えたような違和感を感じました。サイズは52mmちょっとでした。半年で羽化なのでたぶん普通サイズなのかな?昨年の冬に羽化したジャワギラファ♀と比べるとやはり一回り大きくがっしりしていました。特に、足が太くて長い感じがします。胴の厚みもかなり違います。♂はまだ蛹にもなっていないので、低温でそのままキープして成熟、後食を少しでも遅らせて管理していきたいと思います。
 そういえば、先日マットに移した♂ギラファですが、なにやら蛹室を作ろうとしているかもしれません。ケースの底の窓が小さいのでまだはっきりしませんが、できれば速やかに蛹になってほしいと思います。
 先日、ダイスケギラファはインラインブリードに弱いらしいと書きましたが、他のギラファもカブトほどインラインは強くないという話も聞きました。そうなると、今の個体と、他の方の個体とをトレードでもしてもらった方がいいのかな~。

捨て瓶覚悟で
6月割り出しのタラ♀が蛹室を作り前蛹となりましたが、7月割り出しで♂のタラはまだ2ヶ月近く幼虫をするのではないかと決心し、新しい菌糸ブロックを購入してきました。最後の交換になるし、♂なので贅沢に4L瓶です。もしかすると、投入してすぐに蛹室を作ってしまうかもしれませんし、暴れてしまうかもしれませんが、やらないで後悔するよりやってみて後悔しようと思いました。今回買ってきた菌糸は、よく言えば菌が良くまわっているものでした。そのために、砕くのは一苦労でした。
 コーヒーの豆を買ったときに、その場で豆を挽いてくれるサービスがありますが、虫屋さんでも同じように「今回は3令に使うから粗挽きで~」とか「初令に使うので細かく」なんて具合に、ミキサーみたいな機械でその場でブロックを崩してくれるサービスってあったら嬉しいと思いません?どうせ買ってきたらすぐに詰めるのだし、細かく崩れていれば、その日のうちに詰めなければというノルマも発生するし。
 ブロックが固かったので、そんなくだらないことを考えながら作業してしまいました。40分後、無事完成!今回は、自分なりに、暴れ=酸素量不足かな?という事と、羽化したときに出やすいようにと考え、一番下だけかたく詰めて、中ほどからは少し柔めに詰めてみました。空気穴も2本下まで入れました。さて、どうなるやら。何かの記事で、何かのクワガタが、最後の瓶を緩く詰めておくと長角が出やすいと書いてありました。何という虫かは思い出せませんが、タラではないことは確かです。あとは、前蛹になったら温度を下げるのも実行してみたいな。さて、やりたいことのすべてができるかな?

後食をしているタランドゥスです。毎日ゼリー半分を完食します。餌が切れると、ケースの壁をよじ登ろうとします。餌が一日以上切れた経験がないのでわかりませんが、2,3日あげなかったら絶対にこいつは飛んでいると思います。このように元気な個体なのに、タラは性成熟するまでに後食後平均4ヶ月とか半年しないと産卵しないとか、無精卵が増えるとかいろいろあるようです。
 最近飼育を始めた自分は、本やネットでこのような情報を得ることにより、大きな失敗をせずにそこそこ飼育ができています。きっと知らなかったら、このタラは元気だし、餌もたくさん食べるし交尾セットを組もう!となっていてきっと失敗したでしょう。そうせずに済むのはありがたいことです。
 ただ、最近思うのは、国内に入荷した当時に飼育を始めた人達の苦労と工夫です。一匹千円の虫ならたくさん飼育していろいろな方法で飼育して、ベストな飼育法を見つけることができたでしょう。でも、飼育法のわからない虫を一匹○○万円とか出して購入して色々と試すとはすごい情熱ですよね。ただ、大きな資本もかかっているので、情熱だけでは済みませんよね。失敗したら失敗のデータ以外何も残らないのですものね。競馬で万馬券に大金を投入するようなリスクがありますよね。自分が最初に飼育法を確立させたという名誉はあるかもしれませんが、本当に諸先輩達には頭が下がる思いです。
 正直、私は自分がタランドゥスの10㎝やヘラの20㎝を確実にする飼育法を見つけたとしてもきっと黙っていると思うけどな~。クワ本やネットでデータや新しい飼育法を公開されている方って、本当にすばらしいと思います。ということで、誰かエラフス10㎝の育て方解明して教えて下さい~。

無事蛹化して!
暴れまくりの♂ギラファを菌糸からマットに変更しました。♀のフローレスギラファは3匹とも暴れまくった後、菌糸が劣化して色が黒っぽくマット状に変色してから蛹室を形成、蛹化を迎えています。おそらく、この♂もずっと放置プレイを続けていればきっと蛹室をいずれ作ることでしょう。ただ、それまでかなりの時間がかかるので、そこまでの間、体重がどんどん減ってしまっては菌糸で飼育した意味がありません。
 そこで、小ケースの3分の2をクワガタ用マットで固め、上3分の1を今までの暴れて破壊された菌糸で埋めてそこに幼虫を投入しました。見たところ、多少黄色くなっていますが、まだ蛹化には時間があるように見えるのですが、どうなんでしょうか?こんなことを書いていて、明日には蛹室ができているかもしれませんけどね。
 できれば、マットを気に入ってもう少しマットを食してから蛹化でもいいのですけどね。体重はけっこうありますが、幼虫期間が短いのでこのままでは大型にはならないのではないかと心配しています。
 他の2匹の大型♂はまだ暴れていませんが、こいつらはマットではなく4リットル菌糸へ今度移してみようと思います(ただ単に4リットルで作ってしまったので投入しないともったいないから)。暴れても、瓶を交換したら暴れがおさまることもあるみたいですからね。暴れが続いた時にはマットに交換と放置に分ければ、ここでも別のパターンが試せるのでいい実験になるかな(個体数が少ないけど)。
 ジャワギラファの時には、♂は小ケースに菌糸ブロックを入れて投入したのですが、一番下の面を食べ終わったところで速やかに蛹室を作って素直に蛹化してくれたのですけどね。同じギラファでも、地域によって変異があるようです。虫屋さんで以前聞いたのですが、ギラファの中でもダイスケ(最高峰のやつですね)だけはインラインブリードでは産卵数が大きく減るようだとのことでした。仲間数人の話なので、絶対にそうであるとは言えないとはおっしゃっていましたが、これも変異のひとつかもしれません。フローレスは大丈夫みたいだし、高級なダイスケは我が家にいないので、今のところ私の飼育ライフに影響はないですけどね。
 電撃殺虫器が来て2日経ちましたが、好調にコバエをやっつけてくれています。居間に来るコバエの数も減っています。ただ、根本的に発生源を根絶したわけではないので、0にはできなさそうです。でも、コバエが発生しないようなマットでは幼虫は大きく育たないという方もいるようですから、ある程度はこの小さくて目障りな虫と付き合っていく必要があるのかもしれませんね。

我が家のヘラクレスヘラクレスの卵がついに孵化しました。これで、交尾していたことが確認できました(無性生殖でなければ)。産まれたばかりの卵に比べると孵化間近の卵はサイズがだいぶ大きくなりますが、表面から水を吸っているのかしら?それとも細胞分裂するうちに膨らむのでしょうか?100分の1gまで測定できる秤で、産卵直後と孵化直前で測定し増加していれば水を吸っているのが確実になりませよね。実際のところどうなのでしょう。
 幼虫が孵化して喜ばしいところではありますが、次々に孵化してくれないとまだ安心はできません。また、追い掛けをいつするかも考えなければいけませんね。クワほど精子の寿命が長くないようですからね。
 先ほど幼虫を見たら、もうマットに潜っていったのか姿が消えていました。はやくコンテナにマットを買ってきて詰めなきゃ。小さいブロー容器で多頭飼育じゃすぐに共食いしてしまいそうだからな~。でも、半年後のマット代がこのままでは恐ろしいよな~。欲しがっている人に幼虫を分けてあげたいのですが、家に残った幼虫の性別があまり偏っても困るし。成虫の形があれだけ違うのだから、初令幼虫でもわかりやすい違いがあるといいのに。本当に、いつも私は無い物ねだりです
ついにコバエ退治の決定版、究極の武器を購入しました。見ての通り、電撃殺虫器です。菌糸でクワだけを飼育している方には無縁でしょうが、マットを使用してヘラだのネプだの大型を飼育しているとなかなかコバエを撲滅できません。家族みんなの大きな期待をこいつは背負っています。今後の活躍が楽しみです。今回の品はOHMというメーカー製。ヘラクレスヘラクレスさんで3500円でした。大きさは、底面積が中ケースよりちょっと小さめ、高さは30㎝はありません。光センサーが付いていて、明るい時には動かず(直射日光程度)、暗いと動くようです。虫部屋はいつもカーテンをしているので、ほっとけばいつでも動いていそうです。
 さっそく虫部屋にセットしたところ、バチッ!といい音がします。一発で昇天してくれそうです。お店で聞いたところ、ホームセンターに夏になると売っている円筒形の同じタイプの商品は、値段はもっと安いけれど電圧が900Vや1100Vくらいのものが多いそうです。この製品のウリは電圧が3000Vということだそうです。電線のような電圧ですね。確かに音を聞いた感じ、力が強そうです。この後、虫部屋以外の家の中でコバエが減るかどうか見物です。
 できることなら、コバシャの蓋に小型の電撃殺虫器がついているものがあれば完璧なんですけど、どこかで作ってくれませんかね。
ネプチューンオオカブトの♂がついに蛹になりました。本当は写真におさめたかったのですが、ケースが重くて撮影できませんでした。また、一昨日に見た時は幼虫だったので、蛹化してまだ一日ほどなのであまりいじくるのは良くないかなと思ったので。ネプチューンの角はヘラクレスと比べると細いので、角曲がりの心配も多いのであまり触らない方が無難でしょう。よく飼育について書かれているものを読むと、ネプは蛹室をケースの中心に作り、ケースの底にはあまり作らないらしいのですが、我が家では一番底に作ってくれたので観察もできるし、掘るのも我慢できそうです。97gだったので13㎝くらいになってくれたら嬉しいのですけどね。贅沢を言えば、頭角より胸角の方が長い個体だといいですね。飼育するとネプチューンは頭角の方が長くなることが多いが、天然は胸角の方が長いことが多いということなので、自然に近い形の方がよいかな、と思います。ただ、ケース底の窓からは胸しか見えないので角がまっすぐなのかすら分かりません。やっぱり掘りたい・・・。ちなみにヘラヘラはワイルドでは頭角突起が2つのものが多いようですが、我が家のは4つもあります・・・。

ようやく
なんだかようやくニジイロ♂幼虫も蛹室を作る気になったようです。ニジイロとかギラファは3令中期まで菌糸で一気に育てて、後期はマット飼育にした方がいいような気もします。我が家だけかもしれませんが、みんなけっこう暴れるので・・・。年末から正月過ぎにかけてヘラ♀やネプ♀ニジイロ♂など羽化ラッシュになりそうです。正月が楽しみです。ネプの♂も2ヶ月ほどで羽化することを考えれば正月明けくらいには羽化かも。ネプチューンはくさい臭いがするらしいですけど、それがどんな臭いなのかも少し楽しみです(楽しみと言った事をあとで後悔するかもしれないけど)。

頭を突っ込んで
我が家の♀タラ達の後食が始まったのはいいのですが、餌の消費量がすごいですね。毎日ゼリー半分ずつ食べています。一部は食べ散らかしているようではありますが、猛烈な食べっぷりです。写真のように頭から前胸部までをゼリーに突っ込んで食べています。♀なので、もう少し上品な食べ方をしてもらいたいところですが、まったく品がありませんね。いくら身体の表面がピカピカでもこれでは高級感がありませんね。ワイルドの♂達は、それなりに年をとっているためか、こんなに汚い食べ方はしません。ぴょんさんのところから飛んできた後食がまだの♂達は、本格的に後食が始まったらどうなるのでしょうか?やっぱり汚い食べ方をするのかな?それとも上品に食べるのかな?
 まだ試していないのですが、タラにバナナをあげた場合はどうなるのでしょうかね。我が家のヘラのようにその後バナナしか食べなくなってしまったりするのでしょうかね。
 バナナと言えば、我が家では今ヘラ成虫は3匹しかいないので、バナナは週に2本ほどあれば足ります。でも、お店でバナナは房で売っているのでおやつにバナナが増えています。熟したバナナになってしまうとそれはバナナマフィンの材料になります。10匹くらいいるとちょうどよい具合にバナナが消費されていいのですけどね。でも、それでは夜ガサゴソうるさくて寝られないかも・・・。3匹しかいない今の状態でも夜中に時々目が覚めますから。
 先日、縮んでいるかもと心配し、昨日蛹室かもと書いたタラ♀ですが、やっぱり蛹室だったようです。今日幼虫のお尻を見ると、風呂上がりの指先のようにシワシワになっていました。6月割り出しなので、まあ時期と言えば時期ですよね。でも、23℃は絶対越えず、21℃ほどで管理していたのでもう少し幼虫期間を引っ張れるかなと思っていたのに。温度で蛹化する日数があまり変わらないのなら、もう少し高温で育てた方が大きくなるのかしら?それとも、20℃を越えないようなもっと低温で飼育すべきかな~。北海道なので、秋から春までの間は、低温飼育なら何度にでもできますからね~。
 6月割り出しのこの幼虫が蛹室を作ったということは、残された3匹の幼虫達も7月割り出しなので、今後一ヶ月前後で蛹になる可能性が大ですね。♂はもう少しかかるのかな?そうなると、暴れない限りは今の菌糸のままで育てた方がリスクが少ないのかな??
 タランドゥスは、半年もかからずによくこんなに大きくなるものですよね。成虫になるまでの日数と成虫の体長の比を出したらタラはかなり上位にくるような気がするのですけど、どうなのでしょうか?タラ以外に幼虫期間が短いくせに大きくなるクワカブには他にどのようなものがあるのでしょうか。気になるけど、そんなことが出ているHPや図鑑って見たこと無いよな~。
 9月の後半に、ヘラクレスとネプチューンのマット交換をしました。もうそろそろ2ヶ月が近づいてきました。盛夏は過ぎたので、マットに多量の加水さえしなければ二次発酵の心配はないでしょう。そろそろマットを購入しなければと思い、ケースをチェックしてみました。

①ネプ♂ →前蛹なので交換なし
②ネプ♀ →蛹なので交換なし
③ネプ♂♀→幼虫のようですが、他2匹の状態をみると交換すべきかどうか・・・
④ヘラ♀ →蛹なので交換なし
⑤ヘラ♂ →きっとまだ幼虫なので交換かな?でも姿が見えないし・・・
⑥ヘラ♂♀→♀は蛹、♂は幼虫、これが一番困ります。
⑦ヘラ♂ →幼虫なので交換

⑤はずっと単独飼育なのでまだ幼虫をしばらく続けると思うので絶対交換しますが、それ以外のケースはどうすべきか困ってしまいます。実は、①と②は以前は同居してましたが、♀が蛹室を作ったところでちょうどマット交換の時期だったので♂だけ取り出して分けました。ネプチューンは羽化ズレがあまりおきないようなのでそのようにしました。マット交換からしばらくして♂は蛹室を作りました。本当は、⑥もそのようにしたいのですが、ヘラは同居させないと羽化ズレが大きくなるようなので・・・。実際、④と⑦は同居させていたのですが、ネプと同じように♀蛹化を機会に別居させたら、いまだに♂は幼虫しているし。⑥は♂がレイディ状態になってもかまわないので交換なしでいってみようかな。何事も経験ということで・・・。
 20061107183658.jpg
もしかして蛹室?

2日ほど前に写真をのせたタラ♀幼虫の瓶ですが、なんだか蛹室のような気配が・・・。前回タラ幼虫を育てた時には5匹とも外から蛹室が見えなかった(そのため交換のために予備のブロックを買ってしまう失敗をしました)ので、正直自信はありませんがなんかそんな気がするなあ~。もう少し幼虫していいよ!まだ上の方に菌糸も残っているんだから、もったいないよ。さんざん餌を食べきってから蛹になって下さい。などと瓶に話しかけてみるのですが、もちろん通じるわけないよな。でも、虫を飼育している人は必ず瓶に向かって独り言を言っているはず。私だけではないはず。

20061107183709.jpg
青カビ!
この瓶に入っている幼虫は、青カビキャリアと私は呼んでいます。一本目の菌糸瓶でも食痕のまわりに青カビが発生し、2本目でも発生しました。やっぱり3本目の瓶でも青カビが発生しました。おそらく、身体の表面か内蔵に青カビの菌が付いているのでしょう。産卵木やマット、自然界にも青カビはありますからあまり心配はいらないのかもしれませんが、前蛹から羽化までの時期に青カビが増えていったらどうしよう・・・。時間が経てば経つほど、カワラの力は落ちていくし、どうなるのかしら。蛹室を作るときの幼虫の体液?で青カビも防げるのかしら?だめだったら、タラでは始めての人工蛹室にチャレンジしなければいけないかもしれません。カブクワ飼育の作業の中で人工蛹作りは好きな作業ベスト3に入るので作ることは苦痛ではないのですが、敏感な蛹を触るのには抵抗があって・・・。ヘラを人工蛹室で育てたときには前蛹の時期だったしな~。

後頭部しか見えない!
さんざん、暴れまくった後に蛹室を形成してしばらく経っていたギラファ♀と思われる幼虫が、先ほど見ると蛹になっていました。色はまだ真っ白ですし、昨夜チェックしたときにはまだ前蛹していたので、本日蛹化で間違いありません。一般的に蛹室の大きさは、成虫の大きさ+αが普通だと思うのですが、こいつの蛹室の長さは以前紹介したように10㎝もあります。ジャワのギラファを飼育したときには、♀は400ccも無いような菌糸瓶で羽化させたので、蛹室は小型で成虫+1㎝ほどの大きさでした。今回は瓶が大きいから蛹室も大きいのか、フローレスは大きめの蛹室を作るのか、巨大な♀か、はたまたこいつは小型の♂か疑問です。幼虫時の姿から、巨大な♀ということは無いと思われます。蛹化したので、♂かどうか確かめたかったのですが、残念ながら背中側をガラス側に向けているので確認できません・・・。瓶をフリフリしたいところですが、さすがに蛹化初日にそれはいけませんよね。2,3週間経ったらフリフリしてみようと思います。でも、それより前に寝返りをうって姿が見えるかもしれませんね。

20061106180134.jpg
マット管理にしました
ヘラクレスの卵をティッシュで管理していたのですが、水分量とか面倒だし、孵化を見逃してもそのまま餌になるマット管理に切り替えました。温度変化も紙一枚よりマットの方が緩やかで卵によいかなと・・・。ただ、新品未使用のマットを詰めたのに、なんだか小さな虫?ダニ?がいます。自然界の方がもっといるだろうからまあいいのさ!と自分を納得させました。ブロー容器に卵を入れると、これまたレンズ効果で卵が大きく膨らんで見えますね。観察しやすくてとても良いです。頼むから、はやく一匹でも孵化して交尾していたことを証明してほしい。どちら様か、ヘラヘラの未受精卵は何日くらいでつぶれてくるか、腐ってくるか、ご存じの方はいませんかね~。とりあえず、我が家では少し黒っぽかった卵はどんどん黒くなり、米粒状のままだったので、今管理している卵は孵化すると思うのだけどな~。♂の長生きの為に産卵セットは♀だけになってしまったので、妙に気になります。♀も3月か4月くらいに羽化した個体なので、あとどれくらい寿命が残っているのかも気になります。けっこうな高齢出産だよな~。

腹をこわすよ。
我が家で羽化したタランドゥス♀5匹達の後食が次々と始まっています。8月10日~30日の間に羽化した個体達なので、2ヶ月半経ったこの時期に後食が始まるのは遅いかな?最初の頃、羽化してからも20℃前後で管理していたので、たいして大きくないわりには後食が遅かったのではと個人的には思っています。ただ、環境が大きく変わるのも羽化後の突然死につながるかもしれないので、これでいいやと思っています。ヘラヘラの時には、♀が早々に羽化していたので、♂は前蛹から羽化、後食するまでずっと26℃管理という促成栽培してしまいましたが、クワは寿命が長いのでその点は楽ですねえ~。

20061105194550.jpg
ダイエット?
一ヶ月前に瓶交換したタランドゥス♀27g幼虫です。最近はだいぶ色が黄色っぽくなってきたような気がします。6月割り出しなので、そろそろ蛹室を作ってもおかしくない時期です。他の3匹のタラ幼虫と比べて生まれが一ヶ月はやいので、こいつが蛹室を作るようなら、もう菌糸を買わなくて済むので、こいつの動向は気になります。あと、一週間ほどしても食べ続けているなら次の瓶の用意が必要かもしれません。でも、最近食が落ちているような気がするのですよね。食痕の広がりが遅くて・・・。拒食という心配はなさそうですが、瓶交換のショックや暴れが嫌なので、できればこの瓶のままがいいのですが、外から見える幼虫の姿を見ていると、交換したときより体重が落ちているように見えるのですよね(ギラファの幼虫と比較しちゃうから?)。♀としてはけっこう重かった(初心者な私にとっては)ので残念です。でも、小型の♂だったりして・・・。

20061105194601.jpg
パラワン幼虫
20061105194611.jpg
瓶全体写真

パラワンヒラタ幼虫です。この一匹だけ最近まで食痕も出ず、姿を確認できませんでしたが、ようやく姿の確認ができました。やれやれ。小さいうちから大きな瓶に入れることが良いといいますが、この姿が見えるまでは精神衛生上良くありません。このストレスを軽減するために一番良い方法は、多くの幼虫を飼うことですよね。最初に飼育を始めた頃なんて、幼虫の数が少なかったので、あの頃は一匹の幼虫を20分も見ていたりしたような気がします。今では、すっかり流れ作業でチェックして、なにか変化があった個体だけよく見るという感じです。瓶を触りすぎるのもいけませんが、変化を見逃すのもいけませんよね。
 昨夜は、自分の所属しているサーバーに何かあったようで、自分もアクセスできずにびっくりしました。存在すら消えていたような雰囲気で焦りました。学生時代にガスや電話を止められた時のことをなぜか思い出しました。ところで、このFC2というのは、無料でこのようなブログをさせてくれるのはありがたいのですが、どうやって儲かっているのだろう?石油王の道楽?

今日は、ヘラクレスヘラクレスの採卵をしました


マットをケースに空けて
まず最初に衣装ケースにマットを全部ドカンと入れてしまいます。この時に、マットの下の固めた部分の色が赤茶色になっていると再発酵している疑いがあるらしいです。幸い、マットは変色もなくいい状態をキープしていました。




20061104141231.jpg
マットを指で砕いていく
次にマットの固まりを指で砕いていきます。ツメの間にマットが入るのが嫌なので、手袋をしています。産卵はだいたいマットを固めているケースの下の方から見つかります。適当に卵を産んでいることもありますが、多くはきれいに丸い空間を作ってそこに卵を産んでいます。




20061104141246.jpg
産卵の空間
このような小さな空間を作っていることが多いです。ヘラクレスは成虫も大きいですけど卵も大きいので、老眼になっても採卵しやすそうですね。フタマタクワガタなんかは、木の色と似ているし、卵も小さいし、気づかないで潰してしまいそうですが、ヘラヘラは安心ですね。




20061104141304.jpg
今日の結果
今日の収穫は、すべて有精卵と思われる卵が10個でした。産卵初期はダメ卵が出るが、2回目くらいからは安定していい卵が採れるという噂はこの個体にも当てはまるようです。だいぶ膨らんでいる卵もあるので、これは前回の採卵の時に見逃したものかしら?米粒のような細長い卵もいくつかありますが、産まれてまだ時間が経っていないものです。ケースの気温が20℃近くまで下がったこともあり、最高でも23℃ほどにしかなっていなかったので、あまり採れないかな?と心配していましたが、まあいい感じです。
 ところが、この写真撮影の時に、大きなミスをしてしまいました。白い卵をきれいに撮影できるように黒い紙の上にのせたのですが、撮影後水分の関係か、紙と卵の表面がくっついて新しい卵を4つも割ってしまいました。6つは無事に救いましたけど。今では珍しくもないヘラヘラだからいいものの、これがサタンとかだったらショックが大きいだろうな~。
 先日採卵した卵もまだ孵化していませんが、もう絶対に交尾はしているだろうと確信したので♂はケースから取り出して♀だけ投入しました。3回目は何個採れるかな?一時間後産卵ケースを開けたら、♀はゼリーも食べずにマットにもう潜っていました。ただいま産卵モードなのかもしれません。
 そろそろ、一回目採卵の卵の孵化が見たいなあ~。孵化したらまた報告しま~す。
20061103185955.jpg
疑惑のニジイロ
 時々登場していた、なかなか蛹にならないニジイロクワガタにもう一匹蛹になっていない奴がおりました。前回の菌糸瓶交換で緊急に移動したので、ガラス容器ではなくPPボトルになってしまい中の様子はよく分かりません。先ほど、あまりにもここ数ヶ月動きがないので、何気なく瓶を軽く振ると、中の白いものが右へ左へ移動します。死んでいるとすれば、いつまでも白くなっているわけもないので、前蛹か蛹である可能性が高いと考えられます。この個体は、体重から♂か♀かも不明です。羽化したのが確認できたら掘り出してみます。と言っても、PPボトルは中が見えないので、いつ掘ればよいのやら。

20061103185945.jpg今日は、朝から支笏湖のほとりにある丸駒温泉に行ってきました。湖とつながっている露天風呂は、湖の水位が高かったためか、深さが120㎝もありました。娘は溺れそうでした。とても静かで、湖を眺めながら温泉に浸かるのは最高です。ちなみに、夏に行った時には、巨大なオニヤンマをゲットしました。クワガタもいるのでしょうけど、採集したことはありません。私って、都会派なの。というより、山や原野が広くてどこにポイントがあるのか見当もつかないので・・・。無理に山に入って遭難しても、熊と遭遇しても困るのでしていません。実家の家の前では外灯でクワが採れたので、わざわざ虫取りだけに出かけた経験はありません。そういう私はやっぱり、超田舎派?
20061103190005.jpg
今日買ってきた本

今日、温泉の帰り道に本屋に寄って買ってきました。これを読んで研究しようと思います。とりあえず、本日の成果は、写真の横に文章を載せることができるようになったことです。写真ごとに枠をつけてそこに写真タイトルをつけるのも分かったのですが、その技を2つあわせるとうまくいきません。ちなみに、本日のブログの上の写真は合わせ技(失敗のまま)。中の写真は、文が右にくる技のみ使用。下、というかこの文章のところは写真タイトルのみ使用。まだまだ研究が必要なようです。今後、ブログの色々なところに変な部分が見られるかもしれませんが、それを見たときには、「あ~、何かやろうとしているけど、うまくいかなくて苦労しているな」と思って頂ければ、こちらも気が楽です。なにせ、パソコン音痴ですから。

 パラワンヒラタの幼虫の姿がよく見えました。先日、姿が見えた幼虫と比べると少し大きいようです。写真には見えませんが、頭の大きさはあまり大きくないので2令なのかな?我が家に菌糸カップに入って来たときと比べると大きくなりました。幼虫フェチの私としてはニンマリです。でも、幼虫の身体の色は曇った白色で艶もあまり無くあまり美しくありません。幼虫フェチとしては艶があって透き通った白色のボディにぴかぴかのオレンジ色の頭をもち、大きなギラファ幼虫が一番好きです。でも、成虫のギラファの形はあんまり好きじゃないんだよな~。
20061102185728.jpg
 パラワンの菌糸瓶を裏から見るとこんな感じです。パラワンは菌糸にマッチしていると言いますが、本当にいい感じですね。今後が楽しみです。それに対して、リノケロスとマンディブラリスは全然成長しなくて・・・。フタマタの成虫は好きなので、もっとブログで紹介したいのに、変化がなくて紹介しようがありません。マンディとかリノケって大きければ11㎝くらいになるのに、こんなに成長が遅くてどうするのだ??もしかすると、我が家からチビギネス個体が出るのかもしれません。
20061102185740.jpg
 それに対して、タランドゥスは順調です。以前は飼育が難しいとされていたのに、諸先輩達の飼育方法を参考にすることにより、本当によく育ちます。この瓶は6月生まれの幼虫。しばらく食痕が出ず、蛹化したかと心配しましたが、食痕も出て、今日は幼虫の姿も見えました。だいぶ黄色くなってきましたが、前回飼育したときほど色が曇っていないので、もう少し幼虫で引っ張れるかな?今、悩んでいるのは次の交換が必要かどうかです。♀ならそのままの方が暴れないような気がしますし、体重から♂の可能性も捨てられないので♂ならもう一回の交換が必要な気もするし・・・。あ~、虫と会話したい。ドラえもん~、何か道具を出してよ~。

 2,3週間前に採卵したヘラヘラの産卵ケースの様子です。写真を撮ろうと、ケースを開けたときには、交尾しそうな雰囲気で重なっていたのですが、凶暴なご主人(以前に無理矢理交尾させようと威嚇し続けた私)の姿を見て♂は威嚇をするためにこちら側に来ました。交尾意欲が低く、電車男と呼んでいたこの♂ですが、後食開始からかなり時間も経ち、動きもかなり俊敏になっています。前回採卵したときによい雰囲気の卵が9個あったのですが、そのうちの一個は茶色く米粒のままですが、それ以外の8個は白いままで丸くなっています。ということは、受精卵である可能性が非常に高いことになります。いったい、いつやっていたんだ?カブ系はたいがいバキバキと激しい音をたてるのでわかりやすいのですけどね。ヘラは大きいからけっこう激しい音がすると思うのだが???
 先日、某虫屋さんのところに行ったときにヘラヘラの採卵の様子を見せていただいたので、それを真似てやったのですが、その時の感想としては、マットを指先でどんどん崩していたので「それで卵は大丈夫なの?」でした。ご主人によると、「このくらいの衝撃で、受精卵はつぶれません。ダメな卵はつぶれるけど」とのことでした。実際に自分でやってみると、確かに強度の違いがありました。ただ、その時は未交尾だと思っていたため、産まれたばかりの卵は丈夫で、日付の経ったものはつぶれると感じたのですが、実際はご主人の言っていたとおりだったようです。まあ、まだ孵化はしていないので未交尾の可能性もありますが・・・
 ご主人の作業を見ていてもう一つ参考になった事があります。それは、採卵ケースに採卵の日付と採卵した個数をマジックで書いていたことです。それを見ると、たくさん産む時期やその時の温度から産卵に適した温度もわかるようです。商売にしているだけあって、一週間おきに採卵していました。気温の高めだった8月では週3個とかで、少し低くなってきた10月に入ってからは9個とか産んでいました。よく産卵の温度は少し高めとは言いますが、あまり高いのもやっぱり良くないようですね。自分も真似て書き込みましたが、仕事が忙しかったりと毎週採卵することができません。本当は、定期的に行い、採れた個数と毎日の最高気温を書き込んでいくのが一番よいのでしょうが、大雑把な私にはそんな緻密なことはできません。まあ、ヘラは放っていてもけっこう産むらしいからまあいいや~(だめだこりゃ)。絶対に3連休で採卵するとここで誓います!(けっこうな数の人が見ているようなので、ここに書き込むことで自分にプレッシャーをかけることができます。)ということで、3連休中に2回目の採卵状況の報告をします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。