カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 夏に産卵させたリノケロス幼虫です。この虫は、我が家にとってはじめての成虫購入個体の子供です。はじめての産卵セットでありましたが、2匹しか幼虫が採れませんでした。幸い、両方とも♂のようで、20gはあると思います。写真の幼虫は蛹室なのか、最近、この場所から動きません。色もかなり黄色くなっています。表面がシワシワになれば確定ですね。
 もう一匹はまだ白く、餌を食べ続けています。リノケロスフタマタを飼育している方はあまりいないようで、検索しても全然参考になる記録が出てきません。8㎝以上になれば喜べるのですけどねぇ。安価な虫は、それなりの大きさにならなければ、一年間の手間、場所、菌糸代などと釣り合わないですからねぇ。別に売る気はないのですが、6㎝とかだと、凹んでしまいます。羽化したらパリーだったという凹みもあるかもしれないですけどね。

20070531194145.jpg
 浜っ子さん血統レギ♂もそろそろ蛹化しそうです。数日前から冷凍マグロ状態になり、お尻が細くなり、頭の方がある程度膨らんできました。ぜひとも蛹化の瞬間を見たいのですけどねぇ。時々幼虫のお尻の方の気門を眺めて見逃さないようにしています。
 カブトは、蛹化直前になると、肛門のあたりが黒くなり、今晩あたりだなというタイミングがわかるのですが、クワはまだわかりません。先日のぴょんさん血統レギの時には、すっかり見逃してしまいました。まあ、その個体はお尻の一部しか見えないので諦めもつきますが、今回の個体は完全に姿が見えているので、ぜひ観察したいです。観察できたときには、写真をたくさん撮って、ブログにのせます。蛹写真だけだった時には慰めて下さい。
スポンサーサイト

生きていた
 我が家初のレギ産卵に成功した幼虫です。親は♂みつたさん血統、♀ぴょんさん血統です。150ccで1ヶ月飼育し、800ccで一ヶ月半飼育していました。温度は21度ほどです。ところが、この瓶にまったく食痕が発生しません。同じ日に孵化した幼虫で、24度で管理している個体は3リットルに2匹多頭飼育で、♂らしき個体は20gを絶対に越えている姿を瓶の壁際で見せているのに・・・。
 ということで、食痕が出ていない不安に耐えられず、交換にふみきりました(低温だから菌糸は3ヶ月近く大丈夫なんですけどね)。そうしたら、生きていました。瓶の内部を器用に食べていました。食べた量は500ccほどでしょうか。体重を測定すると19gでした。低温管理で2ヶ月半で19gですし、頭の雰囲気からも♂でしょうね。とりあえず、2リットルに入れることにしました。
20070530200900.jpg
まあ、こんなもの
 実は、今回の飼育では低温と高温でのサイズの違いについて調べています。低温管理でこの時期で25gほどいっていれば、すごい個体になるのかもしれないのですが、やはり、今までの飼育と同じような感じですね。次の飼育で何gになるかが勝負ですね。
 24度管理も、あと2週間で孵化から90日になるので、そこでの交換体重が楽しみです。どうも、孵化90日で30gを越えることができると大型が期待できるという話があるようですから、高温飼育はそれを目標に頑張りたいです。とりあえず、現時点での私の最終交換幼虫体重ベストはタラ33g、レギ35gなので、それを越えられるように努力したいです。
 それ以上に、暴れ防止も考えないと大きく育てても意味がないですよね。浜っ子さん血統のレギ♂2匹のうち、1匹は先日紹介したように暴れずに前蛹なのですが、蛹化瓶に投入した個体は、なんと普通の菌糸の中に蛹室を作りました・・・なんでぇ。ということで、まだまだ精進が必要なようです。

 産卵セットのネプ♀は今日も陸上生活をしています・・・。元気にうろうろしていますが、そのうちこのまま落ちるのでは・・・と不安になってきました。やっぱり、産卵は難しいなぁ~。

ローゼンケース
 ネプを水冷にして、まわりの温度より少し下げることが可能になったので、ローゼン幼虫も水冷にしました。これ以上水を入れると、瓶が浮いてひっくり返るので、瓶の半分プラスが水没した状態になっています。まあ、幼虫はほとんど瓶の底にいるので、これで十分でしょうね。ケースが発泡なので、上面からしか熱が逃げないのがきになります。すぐ横にネプのケースも置いているので、明日には比較ができると思います。
 ちなみに、ネプは時々マット上にあらわれます。ゼリー2個を完食していました。つまり、まだ産んでいないのでしょうね・・・。「幼虫をあげるからね」なんて、大きな事を言わないでいて良かったです。
 産ませるためには、もう2度くらい下げないとダメかな?でも、それではヘラにさすがに影響が出るでしょうねぇ。夜だけ物置に置こうかなぁ~。
20070529193415.jpg
ギラファ
先日掘り出したギラファを計測してみました。羽化から1ヶ月は経っていませんが、すごい力です。胴体をまっすぐ伸ばす事は挫折しました。それでも、このサイズですからなかなか素晴らしいです。一年ちょっとで、このサイズが羽化するのは魅力ですね。まだ未経験ですが、産卵も容易いらしいですね。実にすばらしい!
 ということで、産卵セットをもう少ししたら組みたいのですが、ギラファが爆産してもダイスケじゃないとばらまけないですよねぇ。フローレスも良い虫だと思うんですけどねぇ(巨大種マニアだから?)。

暴れてます
 2日ほど前に瓶交換したキングテイオウの様子です。前の瓶で、あまりに食べるペースが速かったので、瓶の完成を急ぐ必要がありました。そこで、いつもより圧力を抑え気味にして、空気穴も3つ開けました。さらに、添加剤を追加したのがいけなかったのでしょう。キノコ生えまくり状態になってしまいました。でも、他に大きめの瓶はないので、投入したのですが、やはり暴れてしまいました。
 瓶の一番下を一日かからないで1周してしまいました・・・。大失敗です。やはり、今までのスタイルを変えて、早く仕上げようなどと考えたのが裏目に出ました。この幼虫の労働で、何g失ってしまったのかしら。まあ、まだ蛹化前ではないので取り戻す事も可能だとは思いますが、無駄な時間を使ってしまいました。幸い、幼虫が一周したところは綺麗に菌糸が復活しているので、なんとか餌にはなるのかな?ただ、酸欠が少し心配です。写真はこれだけですけど、もう一匹のキングの瓶はもっと暴れがひどいです。あまりにも恥ずかしくて、そちらは見せられません。あ~、やっちまったよ!
本日2度目の更新であります。午前中の温度実験の結果です。
うえ
棚上段
 この写真は虫を飼育しているラックの一番上部の温度です。部屋の中では入り口の正面に面しているので、部屋の外からの温かい空気の流入も考えられ、一番温度が高い場所です。もちろん、この棚には高温好きのヘラヘラ幼虫を置いています。ヘラのためにはもう少し温度を上げたいところです。一部のケースはスタイロで覆っていますから、マットの微妙な発酵でもう1度ほど上がっているはずです(昨年実験ずみ)。


あいだ
棚中段
 棚の中段です。ほんの少しだけ温度が下がっています。とはいえ、ほぼ変わらないですね。北海道の住宅は断熱がよく気密性も高いので、あまり大きな変化が期待できません。まあ、普通の生活をしている人にはありがたいのでしょうが、虫飼育には問題アリです。
 この棚では、レギ幼虫の一部とマンディブラリス、リノケロス、スマトラヒラタの幼虫がいます。まあ、棚のほぼ半分がマンディで半分がレギなんですけどね。

ゆか1
床です
 温度を一番低くしたい虫の存在する床です。ローゼン幼虫がいます。残念ながら、我が家ではこのくらいしか温度差がありません。でも、ガラス容器ですし、空気より床の方が熱も逃げやすいと思うので、まあ許せるかな?金属の板の上にガラス瓶を置けば、もっと熱を逃がせるかもしれませんね。ちなみに、スタイロで菌糸瓶を覆ったことがあるのですが、1度ほど温度がアップしました。菌糸も生きているので、微妙な熱は確かに発生しているようです。大きなガラス瓶に入れると、熱を逃がしやすくて低温好きの幼虫には良いというのは本当ですね。

ケース上
セット上
 先ほどの床の隣にあるネプ産卵ケースの上の温度です。床と同じ温度ですね。温度計の性能がどれほど正確なのかという問題がありますが、メーカーが違っても、ほぼ同じ温度を示しているので、デジタル温度計はけっこう正確なのかもしれないですね。人間の感覚も大切ですが、人間の感覚はあいまいですよね。作業していれば暑く感じるし、寝起きは寒く感じるし・・・。


水温
水温
 水温です。気化熱のおかげで、気温より低くなっています。まあ、温度の下がりは予想とおり1度プラスといったところですけどね。ただ、水は比熱が大きい物質なので、気温が急に変化したときも、温度の変化を緩やかにしてくれる効果もありますから、卵には優しい環境を提供してくれるのではと、プラス思考で考えたいです・・・。コバシャの蓋がつく、ガラスのケースがあればさらに1度温度を下げることが可能だと思うのですけどね。あったら欲しいです。でも、かなり重い事が予想されますね。

20070527183507.jpg
羽化しました
20070527183522.jpg
そのアップ
 ネプの産卵セットを組んでいる時に羽化を目撃しました。11月初旬に孵化したぴょんさん血統のレギ♀です。♂は先日蛹化しましたが、今度は♀の羽化となりました。だいたい、♂と♀で1ヶ月ずれるものですね。羽を伸ばしていますが、先ほど(PM6時)のぞくと、ちょうど羽を格納している最中でした。ということで、無事羽化が完了しました。ゆっくり熟成してね~。

ネプセット
 先日交尾をさせたネプチューンの産卵セットを組みました。マットはHIDEさんのネプサタンマット8割にヘラクレスの使用済みウンコマット2割を混ぜた後に加水しました。事前のリサーチによると、ネプはヘラよりは乾燥気味のマットが良いということらしいので、水分は多少抑えめにしました。当然マットは気合いの固詰めです。毎度感じるのですが、マットを固く詰めるときにケースが歪んで鈍い音がします。ケースを破壊しない限界点を探りながら固めていきました(おおげさ)。
 今回交尾させた♂も♀もヘラクレスヘラクレスさんのヘラマットで飼育して♂は大きい方は130mmまで育ちましたが、今回使用しているネプサタンマットの実力はどれくらいなのかも楽しみです。ぜひとも親サイズを越して140mmを越えてほしいです。このマットは色もヘラ用カブトマットとはあきらかに違うんですよね。結果が楽しみでありますが、それがわかるのは2年後というのが困ったものです。それより前に、幼虫をゲットできるのかという問題がありますけどね・・・。

20070527105533.jpg
温度対策
 さて、ネプチューンは産卵させるには20度前後の温度が良いそうです。我が家の虫部屋にはエアコンがついているので(ちょっとだけ自慢、というか北海道でエアコンついている家って1割もいないです)、その気になれば18度にすることも可能です。そうすれば、ネプやローゼンは大喜びでしょう。しかし、それをやってしまうとタラレギやヘラの成長に悪影響を及ぼします。マンディブラリスやリノケロスはどうなのかな?よくわかりません。
 そのため、部屋を23度ほどにして、産卵セットだけ20度くらいにしたいのですよね。ということで、写真のようにしてみました。床置きは当たり前ですね。産卵セットはコバシャ大で組んでいます。これを、特大ケースに入れてその間に水を入れてみました。昨年の夏は、ネプを飼育している大ケース2個を大きめ衣装ケースに投入したのですが、衣装ケースに水を張ると、浮力のおかげで大ケースが浮いて倒れそうになるのですよね。蓋の上に煉瓦をおいてしのぎましたけどね。今回は、大と特大にそんなに差がないので、水をたくさん入れてもケースが転覆する心配はありません。さて、これでまわりの温度とケース内部の温度にどれだけの差が出るのでしょうね?温度計は水槽用の外気温とセンサー部の温度を測れるものを使用しています。これで温度差を測定してみたいと思います。これで、3度くらい下がってくれるととっても嬉しいのですけどね。でも、きっと1度くらいしか下げられないのかな?水温が安定してからが見物です。
キング用4リットル菌糸詰めをしました。菌糸ブロック1本を飲み込む豪快梅酒瓶です。でも、瓶に入ったものを買うことを考えればそんなに高くはないですよね。さて、今夜はまたもやオフ会ですねぇ。

2ヶ月で
 キングテイオウの2リットル瓶です。3令初期で投入して2ヶ月経ちました。交換用の3リットル瓶もだいぶ菌がまわってきたので、交換することにしました。掘ってみると、表側の様子からもわかるように下4分の3は食べ尽くされていました。ということで、このタイミングで交換で良かったのかな?人によっては、マット状になるほどまで交換を渋って50g以上になってから交換する方がよいという話もあるようですが、どうも自分には精神衛生上良くないです。だって、幼虫は白い菌糸が大好きなように見えるのです。


20070526120552.jpg
42g
20070526120604.jpg
3リットルへ








20070526120617.jpg
45g
20070526120628.jpg
同じく3L

 とりだしてみると、さすがに外国ヒラタという感じですね。11g→45gと12g→42gとなりました。2ヶ月で30gアップです。まるでヘラの3令初期の成長を見ているようです。この成長率は快感です。次の交換ではそろそろ成長も頭打ちになると思いますが、今日から2ヶ月で何g伸びるのか楽しみです。希望としては、60gほどまで伸びて欲しいのですけどね。キングを飼育している人は少ないようで、ネットで調べても体重データはあまり出ていません。ただのテイオウヒラタは一般的には50gほどになるようですから、今のままの体重ではキングとは呼べませんよね。ということで、もう少し大きくなってもらわないと困りますねぇ。

PS 瓶交換後半日経ちましたが、2匹のうち1匹が暴れているような・・・。やはり、熟成不足、それとも添加剤が多かった?瓶の一番下で半周動いています。早く落ち着いて食いを開始してほしいと思います。

 ぴょんさん血統のレギウスです。2匹の♀はとっくに蛹になっているのですが、昨夜ついに♂も蛹になりました。写真の真ん中の丸い窓が蛹のいる場所です。写真ではなく、目の前で見ても、お尻の一部しか見えないのですが、白い色が見え、幼虫の頭が割れたものが窓の部分に付着しているので、たぶん無事に蛹化したと思います。顎や全体的な長さはさっぱりわからないので、サイズなどはまったく不明です。
 国産カブならすぐ掘ってみますが、レギなので羽化まではじっくりと我慢しようと思います。露天掘りをしたくても、蛹化瓶なのでそれも無理です。容器がブローなので、瓶ごと破壊すれば簡単ではありますが、大事な♂ですからできる限りストレスをかけないということで我慢します。
 でも、我慢するというのが一番難しいんだよなぁ~。まあ、みなさんもそうだと思いますけどね・・・。他の虫の産卵セットや瓶交換で耐えるしかないですね。浜っ子さん血統レギ♂もあと数日で蛹化しそうです。あと2ヶ月もすれば、一気にレギ成虫の数が現在の2匹から8匹に増えそうです。内歯消滅とかはでるかな~。
20070524203745.jpg20070524203756.jpg ネプの交尾をさせました。♂の羽化は2月なので、6月まで待ちたいところではありましたが、♀の羽化は11月末なので、もう待ちきれないということで、させてしまいました。もう一匹♀がいるのですが、そちらは3月羽化なのでまだ後食が始まったばかりで交尾不能です。なんで、こんなに差ができたのかしら?♂ももう一匹いるのですが、それは♀と同腹なのでアウトラインにするために、こちらの♂の成熟を待っていました。
 最初の写真は、セット直後です。♂が足場を外すのを嫌がっています。仕方がないので、♂をつついて♀の上にずらしました。それが2枚目の写真です。そこから5分しないうちに交尾がスタートしました。私の交尾誘導のテクも上がったのかな?ネプは、お腹から大きな音を出すのですが、♀を見つけた最初は音を出しましたが、♀に重なってからはまったく音を出しませんでした。もっと大きな音をたてて交尾すると期待していたのに残念です。ということは、あの音は威嚇音で決定ですね。餌交換の時にはいつもうるさく鳴きますから・・・。

 最近は、タラ3組、レギ1組、ニジイロ1組、ヘラ2組を立て続けに交尾させています。なんだか売春斡旋をしているような感じがします。いろいろな交尾を見ましたが、タラレギの交尾が一番いやらしいですね。バイブするし、♀の顔の前に交尾器をぶら下げるし・・・。逆に一番淡泊なのは、我が家の場合だけかもしれませんが、今回のネプネプが一番です。上に載ったら、♀は抵抗しないし、♂も♀をさして押さえず(ほとんどバキバキしませんでした)素直に挿入されました。時間については、ヘラと同じでけっこう長いですけどね~。ブログを書き終わりましたが、まだ交尾は終わりそうにありません。さあ、また交尾の観察をしようっと!
 マンディブラリス幼虫です。2令の時に♀斑が見えて、800瓶に投入しました。あれから2ヶ月経ち、瓶の外に幼虫の頭が見えるようになりました。その頭を見ると、大きい・・・。採りだしてみると、♀斑はどこにも見えません。♂のようです。♀斑が見えたのに、実は♂だったという個体は、マンディではこれで2例目です。2令でも♀斑が見えればほとんど間違いの無い種もありますが、マンディはあまり当てにならないようです(我が家だけかもしれませんが)。ただし、今回の幼虫は体重は14gと小振りなので、もしかすると♀の可能性も残されていますけどね。でも、確実に♀と思われる個体よりあきらかに頭の大きさが違いますし、確実に♂と思われる30g近い幼虫と頭の大きさはほとんど変わらないので♂で間違いないと思います。
 フタマタは3令まではあまり餌を食べないので、プリンカップで2ヶ月、その後800ほどの小型瓶で3ヶ月ほど育ててからゆっくりと雌雄判別をして、瓶のサイズを決めた方がいいのかもしれませんね。フタマタは羽化まで1年から1年半ほどと言われますが、我が家のような21~22度ほどで管理するとどれくらいで羽化するのでしょうねぇ。30g近い幼虫はかなり黄色くなっています。30gで8㎝くらいなのかなぁ~。せっかく育てたのだから、9㎝くらいにはなってほしいのですけどねぇ。ネットでいろいろ調べても、マンディの最終交換の大きめサイズについてデータを公開されている方はいないんですよねぇ(検索が下手なだけ?)。
 ちなみに、先日悩んでいたローゼンの体重ですが、ギネス級だと♂は30gを越えるようですね。35g近いものもいるそうです。我が家の幼虫プラス10gですからねぇ。想像もつきません。というか、その体重なら太っていて幼虫の姿は、まさにタラ♂状態なのかしら?

PS記事の左下に「ブックマークする」というスイッチ?があったのですが、いつの間にか「拍手」に変わっていました。これの使い道っていったい・・・?

とりあえず、穿孔
 レギ♀です。久しぶりに穿孔しました。今回のセットは、蒸れすぎないように普通の中ケースで新聞紙挟み使用です。しばらく放置していましたが、♀は全然潜らず、餌も食べずに休息モードでした。昨日、あまりに乾燥してきたかな?と思い、少し霧吹きをしたところ、その直後から材の上を歩き回り、数時間後には穿孔を開始しました。水分量の変化を与えるという説を聞いたことがありますが、こんなにてきめんに効果があるとは思いませんでした。ただし、まだ穿孔した穴から♀の姿が見えるので、安心はできませんね。穴が削りカスで埋まったらちょっと期待大ですね。
 この♀の一度目の産卵は3ヶ月前なので、最初の幼虫達は育っているものは3令で20g近くありそうです。ずいぶんと期間が空いてしまったものです。ちなみに、その幼虫は3リットル瓶に2匹突っ込みです。大きな瓶で、投入するときには離れたところから投入したのに、なぜか今は2匹とも接触しそうなほど近い場所にいます。なんで?弱いものは群れたがるのでしょうか?まあ、まだたった4匹しか幼虫を採れていないので、落ちなければ文句はないのですけどね。

けっこう立派
 3匹目のギラファ♂を掘り出しました。本当は、もうしばらく掘らない予定でいました。しかし、菌糸瓶の劣化がひどすぎて、新成虫の緩慢な寝返りの動作でも蛹室が崩れていました。このままではマズイと思い、急遽取り出すことにしました。
 そもそもこの個体の入っていた梅酒4リットル菌糸瓶を詰めたのは昨年の秋です。投入してからしばらくしたところで暴れはじめ、暴れてもずっと放置していた個体です。まあ、劣化していない方がおかしい状態です。スプーンも必要ないほどマット状になっていました。逆さにするだけでたくさんの菌糸カスが出てきました。湿っていて粘りけがあって真っ黒で、まるでカブマットのようでした。こんなひどい状態でよく不全もなく羽化したものです。
 ノギスサイズは105mmは余裕でありそうです。写真でわかるかどうか微妙ですが、身体をくの字に曲げて、顎を開いて威嚇するので正しい数値が計れません。ただ、この状態でも105mmあるので、多少縮んでも正しく計測すればそれくらいにはなると思います。
 今回、同腹でフローレスギラファノコギリ♂3匹が羽化しました。以前ブログに書きましたが、この3匹は3令後期の体重がみな同じでした。そこからの飼育法の変化でどれくらいサイズが変わるかという事を調べていたのですが、飼育法を変えてもサイズ的にはあまり大きな変化が出ませんでした。
 結局、一番大きかったのは、今回羽化した暴れても放置した個体でした。暴れて蛹室をなかなか作らなかったのですが、幼虫期間が長かったのが良かったのでしょうか?
 二番目に大きかったのは、暴れてすぐにマットに移してすぐに蛹室を形成した個体です。暴れている時間は一番少なかったのですが、マットに交換したのが蛹化させるショックになったのか、幼虫期間が一番短かったのは確かだと思います。羽化は一番はやかったです。
 一番小さかったのは、暴れて新しい4リットル菌糸に投入した個体です。新しい菌糸ではある程度食べてから蛹室を作ったと思われます。でも、表面にはほとんど食痕が出なかったので、半分捨て瓶状態かもしれません。
 ということで、3令後期で同じ体重でも飼育法である程度の差がでました。ただ、一番小さい個体で102mmで一番大きくて105プラスですから、たいした差ではないですね。ただ、羽化するまでは3ヶ月ほどの差が出ました。サイズ的には小さかったけれど羽化がはやいので、暴れたらマットに突っ込むのが一番いいような気もしますね。

組みました
 今日は午前中は仕事だったので、午後から147ドミヘラ絵文字名を入力してくださいの産卵セットを組みました。本当は、交尾させてから数日待った方が無精卵が減るらしいので、もう数日待ちたかったのですが、ケース内の材をガリガリと砕きはじめました。これは完全に産卵モードに入ったと判断して、慌ててコンテナを買ってきてセットを組みました。自画自賛ではありますが、我が家の147ドミヘラはなかなかの美形なのでたくさんのカブ幼虫幼虫をゲットしたいです。ちなみに、同じように飼育していた別系統のヘラ♂はあまり大きくならなかったので、やはり血統というのもある程度あるのかもしれません。

20070520192931.jpg
すぐ潜る
 マットからほのかな発酵臭がしたので、もう少しガス抜きをした方が良かったかもしれませんが、まあ大丈夫でしょう。♀は投入後2分で穿孔していきました。アイコン名を入力してくださいの♀なんかと違ってすぐに穿孔してくれて嬉しいです。大きいけれど、初心者でも安心、大丈夫なヘラは最高ですね。ただ、いかんせん大きくなりすぎるので、大量に飼育できないのが悩みどころです。来月にはネプネプの採卵もスタートするので、金銭的に不安です。ネプも♀は2匹いるんですよねぇ~。サタンのようにある程度卵が腐るのなら2匹に産ませてもいいのですけど、ヘラのように孵化率が高いのなら破産してしまいますね。まあ、そのときには配る、ビッタ(まだ未経験ですが)などで数を減らすしかないでしょうね。

※FC2のブログでアイコンを自分で作成できる機能がついたので、自作で虫のアイコンを作ってみました。自分のブログの画面には当然再現されていますが、他の方も同じように見えているのかしら?ちなみに
カブ幼虫カブ幼虫
幼虫クワ幼虫
ネプネプチューン
絵文字名を入力してくださいヘラクレス
アイコン名を入力してくださいタランドゥス
のつもりで作ってみました。今晩は他にも何か作ってみようと思います。でも、この大きさだとクワはすべて同じに見えるような・・・。

さらに追加・・・
ノギスノギスニジイロクワガタニジイロ菌糸瓶菌糸瓶オウゴンオニクワガタオウゴンギラファノコギリギラファコバエコバエ  もう少し、細かいドットで描けるともっと楽しいのに・・・。今日からはじまったサービスのようで、なんだか、混んできたみたいでエディターへの接続が重くなってきました。


削りカス
20070520142629.jpg
倒れた!
 タラの産卵セットその3です。ついに完全穿孔です。今まで材を囓るけれど、なかなか産卵床を作れなかった♀がついに上手に潜ったようです。この材は、最初は立てていたのですが、底から♀が潜って大量の削りカスを出したために傾いてしまいました。これだけ気持ちよく削りカスを出してくれると嬉しくなります。2ヶ月ほど前にレギが産卵したときも大量のカスを出していたので、期待大です。これで産んでいなかったら・・・なんて考えられません。絶対に産んでいると思います。
 実は穿孔をはじめたのは1週間ほど前です。またトンネル工事かもしれないと思ったので、ブログには書きませんでしたが、ここまでカスを出せば大丈夫でしょう。ここまで断言して書いていいのか・・・?ちょっぴり不安になってきた。

成長しないっす
 今日は雨でサッカーが中止になって虫三昧です。午前中に、恒例の床マット交換をしました。作業が終わったところで、虫好きの小学生が遊びに来たので、幼虫を見せてあげようと、交換をすることにしました。
 まずはレギです。他の3匹は3令になっているのに、なぜかこいつだけは2令です。孵化から2ヶ月経っているのですけどね。菌糸交換のショックで加齢してほしいです。タラレギにはこのような個体が時々いるらしいのです。奇形も見あたらず、温度も高めで管理しているのですけどね。ゆっくり成虫になるのなら、超巨大になってほしいものです。900瓶へ交換です。


20070519125527.jpg
♀だな・・・
 ヘラ幼虫です。前回交換の時に♂だろうと単独飼育しましたが、♀かも・・・。次の交換の時に♀なら多頭飼育へ、多頭飼育している♂から単独へ一匹移動させようかな。いや、今日のうちにやってしまおうかな?でも、交換したのも♀だったら意味がないですね。もう少し待ってみよう・・・。あ~、やってもうた~。もう少し頭の大きさに差をつけるとか、顎が長いとか、お尻が太いとか、すごく長いとか、3令初期で差をつけて下さい。ドミニカとネプのブリも心配になってきました。




20070519125543.jpg
大きくなった
 kabusyowさん血統のグラシロです。そろそろ小ケース4匹では手狭になってくるので、大ケースに移しました。次の交換で、♂だとわかった個体は単独飼育かな?でも、わかるのかな~。国産カブは雌雄判別がしやすいのですけどね。お腹に窪みを作るのなら、もっとはっきり窪ませてもらいたいものです。それにしても、ヘラにしてもグラシロにしても成長が遅いです。やはり21度は低いです。部屋の上下でもう少し温度差があるといいのですけど、上と下で1度しか変わらないので、家の性能の良さがかえって仇になっています。低温種を飼育するのは大変だということが最近身にしみてきました。


PS 半年間、何も変化がなかったブルマイ幼虫の中ケースをほじってみました。繭を壊さなければ大丈夫だろうと思ったのですが、♂の2匹とも跡形もなく消えていました。頭すら残らずに・・・。何がいけなかったのかさっぱりわかりません。半年間、無駄に2個の中ケースを使用していたのか・・・。どうも私には、ツヤクワは飼育できないようです。ということで、カテゴリーからブルマイは消えます。
完全玉砕です。幼虫の怖さもあり、2度とツヤには手を出さないと決めました。

さらにPS ブルマイの♀を2リットルブローに入れていたのを思い出しました。これも処分しようと掘ったら、雌は繭玉を作り、蛹になっていました。小さいけれど、窓を開けてしまったよ~。不全決定?あ~、最悪ですね。無事だったとしても♀だけ羽化してもなぁ~。

カブマットが足りない
20070518193750.jpg
地層になってます
 先日パパ3さんの♂と交尾させた♀を産卵セットに投入しました。マットの色を見て、「あれっ?」と思われた方もいるでしょうね。普通はカブには発酵の進んだ黒いマットを使用しますからね。今回使用したマットはHIDEさんの新製品カブマットです。ブナ100%で微粒子タイプです。最近愛用している高級マットより粒子が細かく、ミミズなどの雑虫も少ないようなので、卵や初令には最適だと判断して使用しました。当然固詰めです。
 細かいことを考えずに1袋だけしか買わなかったので、コンテナの半分も埋まりませんでした・・・。このままではマットの厚みが足りません。仕方がないので、部屋の中に余っていたヘラヘラさんのカブマットと国産カブに使用したハイパーマットの余りを投入しましたが、まだ厚みが足りません。仕方がないので、床マットです。「どうせ、マットに深く潜って産卵するので、上部のマットなんて関係ないだろう」と自分を納得させたのですが、こんなセットではたして産むのかしら?このセットで産むのなら、上部は床マットなので値段的にはリーズナブルな産卵セットになります。さて、どうなるかは1ヶ月後のお楽しみです。

20070518193804.jpg
お見合い開始
20070518193819.jpg
体勢が良くない
 今度は我が家のインライン交尾です。♂は我が家自慢の147mmです。昨日で後食開始一ヶ月が経過したので、交尾解禁です。最初はお見合いということで、材に♂と♀を乗せました。しばらく♂は♀に興味を示しませんでした(動いていなかったから?)。しかし、♀の姿を発見すると、糞を一発して、♀に寄っていきました。先日の♂も♀に迫る直前に糞をしました。すっきりさせてから交尾するのかしら?
 ♀に寄ってからは、2枚目の写真のような状況になりました。♀は♂を受け入れ、材の上に昇ろうとするのですが、♂は上から♀を押しつけてばかりです。このままでは交尾できません・・・。
20070518193834.jpg
これでOK
20070518193849.jpg
祝!合体!
 仕方がないので、♂の足とお腹にタッチして向きを変えました。つついた反対側に動く習性があるのか、それをうまく利用すると、こちらの思ったとおりに身体を向けさせることが可能です(私は蛇遣いか・・・)。左側の写真の状況になってから3分と経たないうちに、交尾がスタートしました。
 アクロバットな体位のせいか、あまり腰を振りませんでした。今回も、交尾が始まったところで夕食を食べ、現在ブログを書いていますが、まだ続いています。本当にこれで大丈夫なのかちょっと心配です。でも、自然では木の幹にしがみついたところで交尾をしているのでしょうから、体位的には自然に近いと思うのですがどうなのでしょう?ドミニカ島に行って見たことがないので予想でしかありませんが、たぶんそうですよね。あっ!交尾が今、終わりました。♂の隙を見つけて別居させなければ!

生きている?
 写真の食痕のまったく出ていないプリンカップはキングテイオウ幼虫です。アルバイオオヒラタとかヒガシルソンヒラタとも言うらしいです。虫飼育の世界ではどの言い方が一番認知されるのかしら?個人的にはキングと呼ぶのが好きです。とっても幼虫が大きくなっていくので気に入ってしまい、最初の3匹の後に2匹追加で購入したものです。前回購入した個体とは3ヶ月孵化がずれていて、4月12日割り出しとなっています。もう1ヶ月以上経過したのですが、表にまったく食痕が出てこないので心配になり、交換することにしました。まあ、そんなに弱い虫ではないので、大丈夫とは思っていましたけど・・・。ちなみに、写真は2匹目の交換の模様です。1匹目は背後の瓶にもう投入してます。その時点で、写真を撮っていない事に気がつきました。

20070517184538.jpg
器用ですね
 プリンカップを2つに割ると中に幼虫がいました。表面に出ないように内部を器用に食べていました。上手なものですねぇ。上も下もギリギリですね。もっと小さい幼虫だと思っていたので驚きました。このような大きさまで育っていたので、放置していればあと数日で外に姿を表していたのかもしれませんね。ちなみに、この写真の個体は♀の3令初期ですね。3ヶ月前に購入した個体で飼育ステージは見ているので、2令という間違いはたぶんないと思います。
 写真に撮るのを忘れてしまいましたが、もう1匹は♂でした。頭の大きさがかなり大きく、顎も妙に長いので簡単に区別がつきます。3令初期でこの虫の雌雄判別を迷う人はまずいないと思います。これで、我が家のキングは♂3,♀2になりました。ベストバランスですね。ヒラタ飼育をしていてすべて♀だったらお話になりませんからねぇ。♂が多くなるのは重要です。

20070517184550.jpg
2ヶ月はやい個体
 一昨日にキング用に3リットルの菌糸を詰めましたが、当然まだ投入できません。で、この写真が今日交換した個体より2ヶ月前に産まれたものです。かなり食が進んでいます。写真では幼虫の姿は分かりませんが、かなり大きいです。今日の交換と同じく、3令初期でこの2リットル瓶に投入し、2ヶ月ちょっとでここまで食べてしまいます・・・。いっさい暴れていませんので、純粋にこれだけの量を食べています。ギラファも3令になると大食いですが、ここまで食べるペースが速いクワは見たことがありません。3リットル瓶が使用可能になるのと、菌糸が完全に無くなるのとどっちが先に来るのでしょうか。カワラの瓶はストックがそれなりにあるのですが、オオヒラ系はストックがないのですよねぇ。
 ただ、タラやオウゴンなどは、菌を3分の2ほど食べたら交換した方がいいと言いますが、ヒラタは完食するくらい待ってから交換しても大丈夫な種類と聞きますから、あまり焦らなくてもいいかもしれませんね。先日のスマトラでは40gはあるだろうと書いていて、そこまでなかったので、この幼虫の体重予想は書きませんが、けっこう期待しています。今日交換したチビ3令も2ヶ月後には超巨大になってくれると思います。う~ん、か・い・か・ん(古い)。
 虫部屋のエアコンです。また、嫌な季節がやってきました。そうです「エアコンがさぼる」季節がやってきました。我が家のエアコンは人間用(当たり前)なので、24度くらいに部屋を保つように考えられているようです。そのため、外の気温が22度以下になるとエアコンが切れて送風だけになります。これが今の季節ではくせ者なのです。部屋の中を21度ほどにしたいのですが、夕方には外は21度ほどになり、室内は23度ほどになります。この状態でエアコンがさぼると、室内は24度を越えることもあります。ヘラやタラなら問題なしですが、ネプやローゼンもいるので、非常に困っております。室外機についている温度センサーをキャンセルする方法とかないのでしょうかねぇ。確かに、普通の使い方をするのなら、外気温が下がって勝手にエアコンが切れるのなら節電になっていいのでしょうけどね。21度に管理するという使い方は想定外のようです。
20070516213232.jpg そんな温度のせいでしょうか?蛹化瓶でおとなしく蛹室を作ったと思っていたレギが大暴走をはじめました。左側は完全に蛹室を作って現在前蛹です。問題の大暴走は写真を見ればすぐにわかりますが、右側です。同じ時期に暴れずに蛹室を素直に作ったレギはもう前蛹になっています。幸いなことに、暴れているくせにあまり痩せたようには見えません。時々食べながら暴れているのでしょうか?素直に蛹室を作る個体もいれば、隣に並んでいて、同じ菌糸、同じ温度で管理していても暴れる個体もいる。不思議ですね。
 今回暴れなかった個体は、瓶の上半分をメインで食べ、そのまま上の方で蛹室を作りました。そこになにかポイントがあるのでしょうか?でも、今はそんな事に悩んでいるより温度管理で困っています。せっかく妻が温度管理に協力してくれているのに、機械がはたらかないのではどうしようもないですよね・・・。
 ネットに接続できず、その原因は我が家にはないはずと感じたので、菌糸のツメツメをしました。今回は、キングテイオウ用とダイスケ用です。2ブロックから3リットル2本と8001本を詰めました。本当はもう1ブロックあるのですが、挫折しました。またそのうちやります。写真は我が家のツメツメセットです。園芸用のふるいと、金属製の大きなバケツです。このバケツに大きなビニール袋を入れて、そこの上にふるいを置き、崩していきます。2ブロック崩すとちょうどバケツがいっぱいになるので、作業は2ブロックがちょうどいいのですよね。
 今回も添加剤はX特製カレー粉を少し入れました。毎回この添加剤を加えているのですが、順調に菌糸がまわり、黴びる事もないので、何となく、少しずつ添加量が増えているような気がします。きっと失敗するまで少しずつこれからも増えていくことでしょう。
 問題は、今回の菌糸がどれくらいでまわるかです。大きめの瓶なので、詰め後1ヶ月程度寝かしたいのですが、そこまでキングは待ってくれそうにありません。投入後2ヶ月弱で、もう3分の2以上食べています。ピンチです。少しでも菌のまわりを速くするために空気穴を3つ開けました。さらに酸素スプレーで高酸素まわしをしたので、まわりは速くなるはずです。たぶん、きっと、おそらく、may be・・・。

 それにしても、今日は東日本でネット接続に問題があったようですが、このブログに100人以上のアクセスがあったようです。もしかして、見ている人の大部分は西日本の人??
なぜか、インターネットへ接続できません?復旧させようとアレコレしてますが、ダメです。パソコン音痴なので困っております。何もいじっていないので、プロバイダーのトラブルかしら?案外時間がたてば勝手に直るかもしれませんね。ということで今は携帯から書き込みしてます。今日は3ブロック詰める予定でしたが、パソコン弄りでおわるかも。

マンディ
20070514181314.jpg
3リットル
 先日、♀だと思っていたら♂だったマンディ幼虫がいたので、以前から♂だと分かっていた幼虫もどうなっているのか確かめたくなりました。瓶のラベルを見ると、前回交換は3月始めなので2ヶ月半たっています。菌はカワラ800→カワラ1.4とつないでいます。前回の交換時の体重は16gでした。2ヶ月以上経っているのですが、表にはほとんど食痕はありません。心配もあって掘ってみると、写真のような状況でした。
 16gから28gへと成長していました。今まで成長が遅かったマンディですが、3令になるとそれなりに成長するようですね。11月末の孵化なので、生後半年ほどです。これくらいの重さで順調なのかしら?でも、この体重では7~8㎝くらいにしかならないのかな。とりあえず、またもや3リットルのオオヒラ瓶に投入しました。菌の種類が変更になるという、禁じ手ではありますが、まあ何とかなるかな?本当はこの3リットル瓶はヒラタ用に用意したのですが、先日投入したスマトラの食痕を見ていると、どうもヒラタには合わないような気がして・・・。
 なので、緊急にキングテイオウのために瓶を詰めなくてはいけません。梅酒4リットルを使うべきか、それともダルマ3リットルを使うべきか・・・。容量は大きい方がいいのは分かるのですが、どうも梅酒瓶は高さがありすぎて、下まで酸素がまわらないような気がするのですよね~。やはり成長には温度と良い餌、適度な水分に酸素ですよね。どうしようかな~、キングはけっこう食いあがってきているんですよね。
 
 昨日はハードな一日でした。朝の8時から3時までサッカーで、その後、夕方からは同僚の結婚式に参加、8時すぎからはオフ会でした。蝦夷地区のオフ会も盛り上がってきまして、今回は8人の参加者となりました。お話をしていて思うのは、同じカブクワの趣味とはいっても、それぞれ好きな虫や育て方などが違っていて面白いものです。帰宅はAM3時近かったなぁ~。きつい一日になることはその前からわかっていたので、昨日のブログはタイマー投稿でした。そのため、コメントへのレスが遅れてすいませんでした。そして今日も朝からサッカーで、帰宅後は成虫の床マット交換をしました。さすがに頭がボーっとしております。

 昨夜のオフ会で、パパ3さんから追加でダイスケ幼虫3頭をいただきました。さっそく菌糸に投入しました。さらに、ドミニカの♂を1匹貸して頂きました。これで血の入れ替えをすることができます。オークションなどでもたくさん個体は出ていますが、信用できる方の信用できる個体を使用しないと、ドミニカとグアドの混血ができてしまいます。お店でも怪しいところはいろいろあるらしいですしねぇ。
20070513194019.jpg20070513194032.jpg 18禁映像です。貸して頂いた個体はなかなか胸角が太くて立派な個体です。最近はすごい極太が流行のようですが、個人的にはこの個体くらいの太さが一番いいと思います。なぜかと言いますと、人工的な感じのする極太より、天然に近くて大きな個体が好きだからです。頭角突起も2本というのもポイントが高いです。パパ3さん、すてきな♂を貸して頂きありがとうございました。
 ♀の上に♂を置くと、5秒もしないうちに前儀に入りました。♀と確認できるとすぐに交尾をはじめようと♀の身体を足でロックしようと暴れはじめました。いや~、でかいだけに迫力がありますねぇ。バキバキ凄い音もしますねぇ。むちゃくちゃ足の動きが速いですねぇ。しばらく♀は抵抗していましたが、ブツが挿入されるとおとなしくなりました。噂には聞いていましたが、挿入初期には♂は腰を振るのですね。けっこう卑猥でした。10分ほど経つと、♀は抵抗することもなく、ほとんど動かなくなりました。♂も動かなくなりました。1分で交尾の終わるタラレギの交尾ばかり見てきた私には、行為は終わってメイトガードをしているのかとも思いましたが、まだ刺さっています。交尾が始まって、それから夕食を食べ(交尾を見ながら夕食を食べる私っていったい・・・)、今このブログを書いている今も続いています。時間にすると30分ほどでしょうか・・・。いったいいつまで続くのでしょうか?

 今週中には我が家の♂も交尾解禁となります。ですから、もう数日後には違う♀と交尾となります。同時に2系統の産卵セットとなります。大変そうだなぁ~。我が家の♂が交尾できたら、その♂は今度はパパ3さんの家に行き、交尾することになっています。パパ3さん、もう少し待ってね!血の入れ替えのためとはいえ、いろいろな♀と交尾できる立派な♂っていいですねぇ。羽パカ君なんて一生童貞ですからねぇ・・・。

 それにしても、交尾が終わると自然に二匹は離れるのかしら?なんだか2匹とも死んだように動かないのですけど・・・。ちょっと心配になってきた。 
今日は、いろいろな誤算があったので、それについて書きます。最近はどうも自爆ネタが多すぎです。

その1
 一昨日紹介した即日穿孔、即日脱出のタラですが、今日は姿が見えず、穴の中にもいなかったので材を持ち上げたら、今度は下から穿孔していました・・・。いくつ穴を開ければ気が済むのかしら。もしかして、ダメ材?なんでしょうか。タラレギ産卵セットを組んであっという間にレギが一度産卵したので、「そんなに難しくないじゃん!」と思っていたのですが、最近は難しさを実感しています。

その2
20070511193753.jpg
レギ♀
 11月孵化のぴょんさんレギの♀です。食痕が増えなくなって2ヶ月以上経つので、もう羽化しているかと露天掘りしましたが、まだ蛹していました。露天掘りをしてわかったのですが、瓶の表面は9割ほどが菌糸で覆われ、新品に近い白い状態に見えるのですが、内部ではけっこう暴れていたことが分かりました。これだけ暴れていたという事はけっこう体重を落としたと思います。でも、♀だからまあいいかな。



その3
20070511193814.jpg
マンディ
20070511193844.jpg
3リットル
 1月に瓶に投入して放置していたマンディブラリス♀の菌糸瓶がありました。先ほど見ると、菌糸に穴が空いて幼虫の頭が見えたのですが、大きい・・・。♂でした!2令で♀斑が見えたはずなんですけどねぇ。まあ、嬉しい誤算です。
 しかし、♂なのに同じ菌糸で4ヶ月も引っ張ってしまいました。さらに、オオヒラ系のそこそこサイズの瓶がありません。仕方がないので、たった18gの幼虫を3リットル瓶に投入しました(もったいない・・・)。マンディは食が細いにで、次の交換も4ヶ月後でもいいかもしれません。というか、4ヶ月後でも食痕が出なかったりして。飼育の本にマンデイブラリスは菌糸がいいのかマットがいいのかよく分からないと書かれていましたが、確かに納得です。菌糸を食べているようではありますが、瓶の底に巣のようなものを作り、その周りを何度も食べなおしているような感じがします。おまえはツヤクワか!
 でも、雑誌のギネス個体は蛹化前までは菌糸で育てているようですしねぇ。樹種の問題もあるのかな?今まではHIDEさんのエノキのオオヒラタケ菌を使っていましたが、クヌギやブナの方がいいのかもしれませんね。まあ、HIDEさんにはそんなことも考えてか、エノキ以外にクヌギの菌糸も売っているのですけどね。
 タラはぴょんさんはじめ、いろいろな方がデータや飼育法を公開されているので、私もそれをある程度なぞることにより最初からそこそこのサイズで羽化させられましたが、マンディブの飼育データを細かく公開されている方はあまりいないので、それなりに苦労します。まあ、それが面白くもあるのですが、一年以上かかって7㎝以下のマンディブとかではがっかりですよねぇ。

ローゼン1
20070510220548.jpg
ローゼン2
 昨夜、他の方のブログでローゼン幼虫の記事を見ました。その記事を見て、我が家にもローゼン幼虫がいたことを思い出しました。低温が好きな虫ということで、トイレ管理していたので存在を忘れていました。ブログで前回の交換を調べると、なんと2月!。3ヶ月近く交換していませんでした。菌糸の状態を見ると、低温管理のためかあまり劣化していませんでした。まだこのままいけるか?という感じもしましたが、食痕に緑のカビがところどころに見えたので、交換に踏みきりました。
 結果は写真のようになりました。左側は23gと24gを数値が行ったり来たりしました。写真の数字もその変わり目の状態のようで、あやしい数字?になっています。右側は25gでした。オウゴンは産卵させるのが難しいと言われているので、私としては♂2匹を希望している(鑑賞できればいいの!)のですが、どうなんでしょうねぇ。我が家では、幼虫の姿が似ているタラでは、27gで♀もいましたが、ローゼンではどうなんでしょうねぇ。なにせ、初めての飼育なので目指すべき体重も羽化までの期間もさっぱりわかりません。まあ、羽化までの期間は温度によって変化するので、誰かに聞いてもどうしようもない事なんでしょうけどね。
 ちなみに、先ほどまで入っていた瓶に投入したときはまだ2令でした。ですから、現在は3令になって2ヶ月プラスといったところです。タラレギと似ていますが、比べてみると細くて長い幼虫ですね。このままの雰囲気で蛹化を迎えるのでしょうか?それともタラレギのようにもう少し太さを増すのでしょうか?
 とにかく願っていることは、1,無事に羽化する事。 2,2匹とも♂であること。 3,最後で暴れない事です。3つの願いのうち、いくつかなうのでしょうかねぇ?
 
 レギの産卵セットを昨日組みましたが、もう一本ハイパーレイシがあったので、まだ未産卵のタラ♀ケースにぶち込んでみました。そうしたら、なんと即日穿孔しました。今まで2本のハイパーレイシを無視していた♀なのに・・・。ただ、即日穿孔したものの、即日出てきました(泣)。腹が立ったので♀を産卵口の近くに寄せると、また潜っていきました。写真でも♀の顎の先が穴から出ているのが見えると思います。
 今後、もう少し穴の調整をして産んでくれれば嬉しいのですけどね。産めば2系統目のタラとなるので、血の入れ替えになってありがたいです。この♀も♂は先日の♀とは別のぴょんさん血統と掛け合わせた個体なので10個ほどは卵がほしいです。
 まだ未産卵で材を破壊しまくっている♀もいるのですが、それはあまり大型血統ではないので、4個ほど産んでくれれば完璧なんですけどね。そうすれば3系統確保です。3系統あれば、とりあえずインラインとアウトラインで多くの系統ができるので最高なんですよね。
 さて、この材に♀がすぐ潜ったので、レギも潜る可能性が高いですよねぇ。材の菌の状態に問題はないのであれば、あとは♀次第ですね。ただ、産卵しなかったとはいえ、大きな巣を削って作ったので体力的には問題有りかもしれないですね。でも、菌糸瓶を削る事なんて材を削ることと比べればたいしたことはないですよね。まあ、どうでもいいから早く産め!と♀に説教をしたい今日この頃です。
 菌床産卵のタラ幼虫を菌糸瓶に詰めたら、同時期に菌糸瓶に穿孔したレギも割り出したくなりました。写真がその産卵床です。きれいに作成されているので、4個くらいは採れるだろうと掘りましたが、0でした。惨敗です。さすが、飼育初心者には甘くはないようです。ということは、このレギ♀はもう2ヶ月産卵していないことになります。


20070509221304.jpg ということで、速攻セットです。産まなかったダメハイパーレイシと新しいハイパーレイシの組み合わせです。休憩は十分とれているはずなので、はやいところ穿孔してもらいたいです。あ~、どうして私はこんなに産卵下手なんでしょうかねぇ。1年生きるのなら、残された寿命は半年ありません。そろそろ産んでくれないと困ります。1雌で4匹ではあんまりですよね。
 先日孵化したタラ幼虫を菌糸瓶へ移動させました。5匹中4匹が健康に育っているようです。この幼虫達の父親はぴょんさんの53Eの子供です。兄弟で87mmとかが出ている父親ですから、血統としては楽しみです。菌床産卵なので、このような数しか産んでくれませんでしたが、次は材でもっと産ませたいものです。ただ、菌糸が楽なことを知ってしまったのか、今も材ではなく菌糸に興味があるようです。♀は8月羽化なので、あと何回産卵するかはわかりませんが、少なくとも10匹以上は幼虫がほしいです。このペア以外の2ペアのタラはいまだに穿孔しません・・・。いったい何が悪いのかしら?血の入れ替えのためにも、ある程度は他の血統も産んでほしいのですが・・・、困ったものです。
 ちなみに、この写真の一番左側の瓶はレギ幼虫です。なぜかこいつだけいまだに2令幼虫です。とっても成長が遅いので、羽化まで1年かかるかもしれません。他の3匹のレギ幼虫はみな3令になってどんどん大きくなっているのに、なんででしょうねぇ。今からでも、3令の糞でも食べさせてバクテリアの補給をしてあげようかしら。でも、バクテリアをもっていないのなら、もうとっくに落ちていますよね~。
 そういえば、写真のタラ幼虫の1匹は落ちそうな幼虫とキスしていました。弱っている幼虫にバクテリアを分けていたのかもしれません。結局、その幼虫は落ちましたが、何匹も集まって共生するという説はあながち嘘ではないような気がします。
 レギの産卵セットはいまだに割り出していないので、そろそろ孵化して共生して助け合って幼虫が育っているかもしれません。もしかすると、1匹もいないという可能性もありますが・・・。

わからないでしょうね
 木星を観察した写真です・・・。本当は、11月21日に4リットル梅酒菌糸瓶に投入し、さんざん暴れまくり、3月15日に観念して蛹になり、昨日ようやく羽化したギラファ瓶の写真です。温度高めの居間で管理したにもかかわらず、羽化まで2ヶ月近くもかかるとは予想外でした。羽化は昨日の午後におこなわれたようです。昨夜、確認したときには上翅には色がついていましたが、顎はまだ根元から折れた状態でした。夜中から朝にかけて、けっこう激しく蛹室内で動いていましたが、なかなか上手に顎が前方に伸びずに心配しましたが、先ほど見ると無事に羽化が完了したようです。羽化してから曲がった顎を前に伸ばすまでに半日以上かかるとは知りませんでした。6月になったら掘ってみようと思います。


20070508200330.jpg
赤レギ1
20070508200347.jpg
潜って!
 まったく訳の分からない写真のみでブログを終わらすのは忍びないので、レギの瓶交換もお伝えします。Y41さんから頂いた、赤いかもしれないレギ幼虫です。3匹のうち1匹は生存確認もあって2週ほど前に交換しましたが、残りの2匹は先ほど交換しました。頂いた時にはマットで管理されており、孵化から2週ほど、そこで1.4リットル瓶にど初令から2ヶ月なので、孵化から2ヶ月半ほどでこの状態でした。瓶の中は、菌糸の食した部分もまだ少なく、状態も良かったのですが、この3令初期で新鮮な餌を食べさせたくて交換しました。


20070508200403.jpg
レギ2
20070508200424.jpg
食って!
 結果から言うと、どうも2匹とも♀のような気がします。頭の厚みはそこそこあるのですが、黒い顎の部分の長さやその間のシャモジのような部分の長さが♂にしては短い感じがします。間違って♂でもいいように2リットルと1.4リットルに投入しました。♂なら確実にもう一本必要になりますが、♀ならこのままです。2週ほど前に交換した個体は2令だったので性別には自信がありません。できれば、それが♂であってくれると嬉しいです。とりあえず、Y41さんからの赤レギ3匹はあと1ヶ月もすれば性別は確実にはっきりするでしょうね。その時には1匹でも♂であってほしいです。南無阿弥陀仏~!

 タラの卵が次々と孵化しました。4匹ほど幼虫の姿が確認できました。もう少ししたら菌糸瓶に移そうと思います。本当に、1個が孵化すればあっという間に他の個体も孵化しますね~。前回のレギの時は、割りカスに長く入れているより、速攻で菌糸に入れた個体の方が生存率が高かったような気がするのですが、それは単にもとから弱いものは孵化直後に落ちているだけなのでしょうかね?まだ、卵から初令を採ったのは2度目なのでよくわかりませんが、今のところはそのように感じています。まあ、200ccほどの菌糸ですから、落ちてもたいして瓶がもったいないということもないので、大胆に投入可能です。
 とりあえず、ブログがたらたら毎日なのにタラ幼虫がしばらくいなかったので、今回の孵化は嬉しいです。レギのあっさりシャープな姿もいいですが、タラのグラマーでこってりした姿もいいです。まあ、どっちも好きということなんですけどね。世間では最近タラの値段が下がって飼育をやめていく方がけっこういるようですが、私は当分このツヤツヤボディの魅力にとりつかれていると思います。まあ、90mmオーバーが1万しないで購入できるようになったら飼育をしないかもしれませんけどね・・・。昨日はヘラクレスヘラクレスさんに行ったのですが、そこでご主人が「アフリカ行くとねぇ、まずメンガタを売りに来るんですよ。次にタラですねぇ」と言っていました。けっこうあちらではメジャーなんですね。なにやらご主人は95mmのタラを見たことがあるそうです。ヘラの16㎝より驚いたと言っていました。私も一度見てみたいものです。
 昨日、ヘラの幼虫をあげた近所の小学3年生もタラの魅力にはまりつつあるようです。今、一番飼育したいのはタラなんですって!身近なところに素敵な相棒ができたかもしれません。でも、小学3年生にカワラの交換は絶対にむりだよなぁ~。「そのうち羽化したのをあげるよ!」と言いましたが、彼の様子を見ていると、どうも自分の手で卵から育てたいようです。でもねぇ~、近所のホームセンターにマットは売っていても菌糸、それもカワラは売っていないですしねぇ~。なんとかこの世界にはめてやりたいけれどなぁ。とりあえず、彼のお父さんをもっと嵌めるしかないかな?
ついに休日がやってきました。ということで、本日2回目の更新です。先日の集団管理をしているヘラヘラに続き、他の幼虫のマット交換をしました。

☆ヘラクレスリッキー
リッキー78g
20070506134018.jpg
リッキー57g

 昆虫展でただでもらったリッキー幼虫です。2匹とも♀だと思い、使用済みの餌で育てていて、前回の交換で1匹が80gほどあり、本当は♂♀1匹ずつだったと判明した幼虫です。♂がいるのも分かったので前回の交換からは新品マットにしましたが、やはりもう手遅れのようです・・・。全然体重が増えていません(笑)。♀はかなり黄色く色づいています。♂も少し黄色くなってきました。こんな事なら、もう安いマットで十分なのですが、手元にHIDEの高級マットしかなかったので、それに投入しました。もらったのが昨年の8月で、その時に2令だったのでおそらく孵化は6~7月でしょうね。もうこれ以上の体重増加は見込めないので、これからは交換なしでいこうかな~。レイディのようなリッキーになるのは確実になってきました。

☆ヘラクレスヘラクレス(グアドループ)
20070506134035.jpg
ヘラヘラ65g
20070506134050.jpg
ヘラヘラ80g
 次にヘラヘラのケースです。まず最初は雌雄同居させている幼虫です。11月中旬に孵化しました。育ち具合からも雌雄判別は当たっていたようです。今回のヘラヘラは20度を切る温度で2令の時期と3令初期をすごしたわりには大きく育っていますね。HIDEの高級カブトマットの効果かしら?あと数ヶ月でどこまで育つのか、高級マットの実力を見せてほしいと思います。ただ、このマットは宣伝の文章にもあるのですが、ミミズが発生します。前回のコンテナの中には3匹ほどしかいませんでしたが、今回のケースからは10匹以上出てきました。無理矢理発酵させたマットより自然発酵の方がいいのは分かりますが、ミミズの発生をなんとかできないものでしょうかねぇ。ちなみに、マット交換をしていると小型クワの卵のような白い球がいくつか出てきました。これってミミズの卵かしら??


20070506134107.jpg
ヘラヘラ51g
20070506134121.jpg
ヘラヘラ55g
20070506134144.jpg
ヘラヘラ51g
 もうひとつの大ケースに入っている個体達です。こちらは前の個体より1ヶ月遅れの12月半ばに孵化した個体達です。3匹入っていました。どれもこれも同じような大きさです。頭の幅も16mmほどと♂なのか♀なのか微妙です。もしかしたらすべて♀だったりして(泣)。近所の虫好きの子供に一匹里子に行くこととなりまして、結局残された2匹を単独飼育してみる事にしました。次の交換で♀と確定した場合には2匹同居にしようと思います。
 結局、最初から大ケース単独飼育をしている♂だけまだ交換していません。近いうちに交換しようと思います。その個体だけは頭幅が18mm弱ほどと大きいので期待している1匹なんですよね~。いくら最初が低温管理だったからといっても、成長できるのはあと4ヶ月ほどしか残されていないはずです。さて、このグアドの個体達はどこまで伸びるかな~、親は100gでしたから、それ以上の重さにはなってほしいところですね。
とりあえず、夜中の作業の記録を残します。
20070505234111.jpg
アチェ♂×2
 4月30日に菌糸交換したスマトラヒラタの瓶です。交換一週間でこれだけの食痕ですし、チップが粗いので、左側は暴れているようです。
 本で、スマトラはそこそこまでは大きくなるが、ある程度大きくなると暴れを抑えるのが大変であると書いてありました。確かにそうなのかもしれないですね。瓶を購入してから1ヶ月ほど寝かし、温度を少し低めにし、大きめに中身をえぐってそのスペースに幼虫を入れ、その後はキッチンペーパーで通気を確保と、一応これでもできる限りの暴れ対策はしたのですけどねぇ。ただ、交換の時に一抹の不安はあったのですよねぇ。今まで使用していた菌糸とメーカーが違いますし、この菌糸は水分量が多い感じがします。さらに樹種もエノキブナからクヌギへ変更です。これだけ違う要素があれば幼虫がとまどうのも無理はないのかもしれません。でも、この瓶がほしかったので使ってしまったのですよねぇ。最初からこのメーカーの菌糸で育てていれば問題はなかったのかもしれないですね。前向きに考えれば、最初はとまどうけど、味が変わって「これもいけてる味だな!」と幼虫が感じてくれれば、マンネリの味よりいいかもしれないですね(スーパープラス思考)。
 今後どうなるのかは、スマトラ飼育初体験の私にはわかりません。でもまさか孵化後4ヶ月で♂が蛹化の準備をしているということはないですよねぇ?もしそうならタラレギのような虫になってしまいますね。居間から虫部屋へ移って温度も22度前後になったので、ある程度幼虫期間は引っ張れると思うのですけどね。


20070505234059.jpg
3度目のセット
 レギです。2度の産卵をさせた(2度目に何個産んでいるかは未だわからず)ので、一度追い掛けをしてみようと♂を投入しました。2時間後には交尾、メイトガード状態になりました。
 タラの菌床産卵で5個しか卵を採れなかったので、まだ開けていないレギの菌床もあまり期待はできません。ですから、今回はまた人口レイシに戻すことにしました。他にもコバシャでは湿度がこもるので、普通のケースにしてみました。最近、ハイパーレイシの品質が下がっているという噂がありますが、今回の材は当たりでしょうか、それともハズレでしょうか・・・。
 産卵に成功したときの材は、皮膜を取っても次の日には表面が白くなるなど菌の活性が比較的強く、中に芯のある材でした。ダメなときの材は皮膜をとっても白く復活せず、黒くなっていったものでした。そういう材はハズレなんでしょうかねぇ。なにぶん経験が少ないのでデータ不足ではっきりと検証はできないです。問題は、お店で袋に入ったハイパーレイシの中から当たりの材を見抜く方法を編み出さないといけないですね。あの赤いグロテスクなキノコが生えたものや、いかにも新しいものや、クロっぽいもの、水が袋の中に多く溜まっているもの・・・。いろいろ試してみれば何かわかるかもしれないですね。
 さあ、とりあえずまた7個くらいは産んで下さいね、レギ姫様!
 先日、採卵したタラの卵の孵化が始まりました。昨日の朝に2匹産まれました。写真を撮ろうと思ったのですが、1匹はもう元気に食事モードとなり、カップの縁から消えていました。食事もして胴体が伸びていたので、たぶん大丈夫でしょう。
 もう一匹はたぶんダメでしょう。産まれてから時間が経っても食べている気配がなく、先ほどは足しか動かない状態。今はもう動きません。どうも、タラレギは孵化直後を上手に乗り切ることができるかが、人生の大きな分かれ道になるような気がします。前回のレギでは孵化から3日間生きていた個体は、その後カワラに入れても落ちることはないような気がします。
 もうひとつ前回の飼育で感じたのは、妙に成長の遅い個体がいることです。4匹の幼虫のうち、1匹だけ成長スピードが半分ほどの個体がいるのです。時間がかかるだけで、だいたい同じ大きさになってから加齢するのです。なので、成長が遅いだけで他は何も他の個体とかわりません。何なのでしょうねぇ?タラレギにはこのような個体が時々いるらしいですね。羽化までの時間はかかるけれど、大きさも普通で羽化するらしいですね。どうせなら、時間がかかる分、大きくなってくれれば嬉しいのですけどね。まあ、世の中そんなに甘くはないということですね。さて、今晩は何をしようかなぁ~。明日は一日お休みなので今晩は虫いじりを楽しみたいです。

暴れ瓶
 昨夜のブログで紹介したレギの3時間後です。これだけ短時間の間にこれだけの粗いチップが発生するのは暴れ以外に考えられません。ということで、1匹を蛹化瓶に投入する事にしました。





20070505003121.jpg
中身
 幼虫を取りだした瓶の様子です。写真下の「中身」の部分をクリックすると大きな画像が見られます。表面上では2割ほどしか食べていないように見えたのですが、内部をかなり居食いしていたようです。2ヶ月で3リットル瓶の7割近くを食べていました。前回交換したレギと同じように直径方向に食べて、その後はその周りを食べていったようです。なかなかお利口さんな食べ方でした。ただ、内部の上部は外側からは綺麗に菌がまわっているように見えるのに、内部ではけっこう暴れていました。少し交換が遅かったのかもしれません。菌糸は、詰めてから1ヶ月半で使用し、そこから2ヶ月後ですから3ヶ月半以上たっていますが、食べていないところはまだ綺麗でした。ただ、菌がまわりきっているので、固くて食べにくいかもしれませんね。

20070505003054.jpg
痩せた?
 やはり、先日取りだしたレギ♂よりは軽かったですね。それでも30gですから、初レギ飼育にしては上々ですね。もう柔らかで、先日の個体のように体重計の上にしばらく置いても唾液も糞も出しません。そろそろ蛹化モードになるのは間違いないでしょう。暴れを発見してから交換より、月齢で4ヶ月半ほどで蛹化瓶に突っ込むのがいいのかもしれませんね。



20070505003108.jpg
やわらか
 ということで、投入しました。前回のレギのようにしばらく暴れるのか?それとも新しい瓶で素直に蛹室を作るのか。見物であります。それよりも、まだ暴れていないレギ♂がそのまま暴れずに蛹室を作ってくれると助かるのですけどね。
今日も朝から仕事でした。オフ会ではありませんが、kabusyowさんと出会いました。私は、明日もまた仕事です・・・。でも、明日は午前で終わり、その次の日は一日休業なので楽しみです。結局、私のゴールデンウイークは1日半かよ!

♂その1
 一難去ってまた一難といいましょうか、浜っ子さんレギ幼虫もそろそろ例の時期がきたようです。同時孵化の♀はもう蛹になっています。孵化から5ヶ月経っています。この個体は、ここ数日このあたりをずっとうろついています。もしかすると、このままここに蛹室を形成するのではと期待しています。そんなに大きい個体ではありませんが、30gほどはあるのではと思うのですが、先日のスマトラヒラタで体重の感覚にすっかり自信をなくしてしまいました。
 幼虫の動きを見ていると、ガラス面を囓ったり、食べ終わったチップをさらに噛んだりしているので、蛹室作成の準備ではないかと好意的に解釈しています。今まで私は♂で暴れなかった個体を経験していないので、暴れなしに憧れております。

20070504203919.jpg
♂その2
 同腹の幼虫です。こちらは暴れが始まったような気がしています。けっこう粗い削りカスがお腹の下にあります。ただ、観察すると、菌の皮膜やチップをまだ時々食べています。新鮮な菌糸を探しているのでしょうか?ただ、時期から考えても暴れと考えるのが妥当だと思います。前回のように、ここで蛹化ボトルに移すか、もう少し様子を見るべきか悩むところです。前回蛹化ボトルに入れたぴょんさん血統レギは蛹室形成まで2週かかっていますからねぇ。明日になって、粗いチップがこれ以上増えるようなら、ボトル交換をしなければいけないかもしれません。まあ、この瓶は幼虫投入から2ヶ月経っていますから、瓶虫のチップや菌の栄養が低下しているのかもしれないですよね。ただ、いつでも瓶を交換して思うのは、「まだ綺麗な菌糸がけっこう残っているじゃないか」という事です。綺麗に見えても、もう幼虫にとってはおいしくないのかな?


20070504203934.jpg
大きなネプ
 先日、後食をしていないのにケースの中で音をたてて威嚇をし、ブンブン飛んでいた大きな(といっても130mm)♂の後食が始まりました。これで♂2,♀1が食べるようになりました。一番羽化が遅かった♀1匹だけがまだ後食しません。でも、きっともう少しかな?ただ、その♀はまだほとんど動かないので、まだ時間がかかるかもしれません。熟成してくると、けっこうネプは激しく動きますね。昆虫展で見たネプは元気がなかったのでおとなしい虫だと思っていたのですけどね。まあ、今考えればあの昆虫展の会場はかなり暑かったので夏バテしていたのかもしれませんね。さあ、あと一ヶ月ほどでネプブリードもスタートできそうです。でも、苦手の産卵で熱い夏の季節なので少し心配です。エアコンに頑張ってもらうしかないですね。
 昨夜は、ダイスケギラファのための菌糸瓶ツメをしました。最近はあまりきつく詰めないのが自分のスタイルになっています。少し余った菌糸はヘラのケースにぶち込みました。最近、余り物処理係がヘラになってきているなぁ~。今日は仕事に出る前にマンデイブラリスの幼虫の餌交換をしました。我が家では貴重な2匹の♂のうちの一匹です。3令にようやくなりました。今まで入れていた菌糸瓶は800で、3ヶ月入れていたのでかなり劣化していました。3令の早い段階で3リットル瓶に移したので、これでまた3ヶ月ほど放置の予定です。何としても8㎝以上にはなってほしいです。♀は個体によっては少し黄色くなってきた幼虫が出てきました。もう数ヶ月で蛹になるのかもしれません。

 この作業を虫部屋でしていたら、横でネプの♂が20秒近くケースの中で飛んでいました。ずいぶん羽の幅が広いものです。写真に収めたかったのですが、手が菌糸まみれだったのでできませんでした。そのネプ♂はまだ後食していないのですけどねぇ。後食前に飛ぶことはあるのでしょうかねぇ。というか、我が家の環境ではそれがおこってしまったわけですね。

 昨日まで北海道は寒かったのですが(暖房も使いました)、今日は一転して暑い一日になりました。仕事を終えてさきほど虫部屋に行くとなんと24度を越えていました。慌てて、今期初のエアコンを稼働させて室温を下げました。今は夜なので、エアコンは切って窓を開けています。そろそろ、妻にきっちりと温度管理をお願いしないといけない季節がやってきたようです。でも、そんな妻はゴールデンウイークということで、子供を連れて親戚の家に行ってしまいました。私もゴールデンウイークがほしいです・・・。家族がいないので、また虫を増やそうかな~と目論んでHIDEに行きましたが、琴線に触れる虫はいませんでした。それなら~、とXへ行きましたがお休みでした。ということで、種類は増えていません。まあ、タラとレギの卵が孵れば少しにぎやかになるかな。

ヒラタを入れたい
 妻が小物入れ?のためになにやらガラス製の瓶を買ってきました。写真の左側がそれです。ちなみに、右側に見える小さな瓶は3リットル瓶です。大きな虫を飼育するときにいい瓶だと思いません?中身は5リットルです。底面積も大きく♂ヘラクレス幼虫でも飼えるかも。蓋がガラスなので、何か一工夫必要ですが、それをクリアできればなかなか素晴らしいガラス瓶です。値段を聞くと1600円ほどとのこと。ダルトンとかいう有名なメーカーらしいです。同じようなデザインでもう少し安価な類似品もあるようです。私も妻が買ってきた店に今度行ってみようと思います。それにしても、訳の分からない小物を入れるより、大きな幼虫を入れた方が瓶も喜ぶと思うのは私だけでしょうか?

20070502201421.jpg
炭坑跡
 今日は昼から仕事で夕張へ行って来ました。けっして野外採集の下見ではありません。写真は石炭の歴史村のあたりの写真です。いや~、今話題の町ですが、確かに人も少なく、閑散としていて苦しい町の実情が伝わってきました。先日の選挙では市長に6人も立候補者が出ましたが、みなさん素晴らしいといいますか、すごいといいますか、よくやりますね、といいますか・・・。0からの出発でも立て直しが大変そうな市を、多くの借金から立て直すのですからものすごく大変な事だと思いました。ついでに街中を見てきましたが、私にこの街を立て直す妙案は出てきませんでした。少しでも町に貢献できればと街にお金を落とすにしてもシャッターの降りている店の多いことといったら・・・。
 ということで、今日はこれから虫の飼育です。今日こそ、ダイスケのために菌糸を詰めたいです。でも、そのためにはまず瓶を開けなければいけません。羽化したまま瓶の中でしばらく休養しているパラワン♀をほじくらなくては・・・。あ~、明日も明後日も仕事だし・・・連休がほしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。