カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先週は仕事が忙しくて大変だったのですが、「オフ会するよ」の声に負けて昨夜はHIDEに行ってしまいました。そしていつもの深夜帰宅コース・・・。どうも最近は欲望に負けていますね。でも、趣味で話す友人というのは一番楽しいものですよね。これも、ブログをした効果ですよね。書いていなければ、こんなに色々な方々と知り合う機会もなかったですよね。
 さて、昨夜はHIDEに7月に購入した悪魔幼虫を持っていき、ヒデさんに雌雄判別してもらいました。購入した時には初令だった幼虫も3匹とも3令で、見かけから30gほどになっていました。結果は、1♂、2♀でした。最悪の♀3匹コースでなくて良かったです。できれば♂2,♀1が最高だったのですけどね。ど~せ私は産卵下手で悪魔幼虫なんてほとんど採れないと考えられるので、♀は1匹で十分なんですけどね。
 幼虫を見ていくつか感じた事がありました。一つ目が、♀の2匹が大きくて♂が小さかった事です。やはり、クワ同様に3令に加齢するのは♂の方が遅いからかしら?3ヶ月後くらいには大きさが逆転しているといいのですけどね。大きな♂フェチとしては♀より小さな♂だと許せません。二つ目が、♀の2匹で頭の大きさが少し違ったこと。同じ親から産まれた子供で、同じ環境で飼育しても、けっこう差がでるものなんですね。三つ目は、以外と成長が早かったことです。低温が好きな虫ではありますが、20℃という低温で3ヶ月でよくここまで大きくなるものだと感心しました。ヘラだとこの温度ではまだ2令しているでしょうね。まあ逆に25℃だったらヘラはこれくらいに成長して、悪魔は育っていないかもしれないですけどね・・・。
20070930121239.jpg
 タラとレギの産卵セットです。そろそろ穿孔から2週間が経ちました。もうそろそろ掘らなければいけませんね。でも、面倒だなぁ~。最近は虫部屋の気温も上がりすぎる事より下がりすぎる事の方を警戒しなければいけなくなりました。写真のように産卵セットは部屋の一番上ですが最高でも23℃ほどです。ですから、この産卵セットは3週間でも孵化しないかな?もうしばらく放置でもいいのかな?
 心配なのは、来月か再来月からはじめるババのブリですねぇ。21℃とかでは産まないだろうなぁ~。もう少し考えて、今の季節くらいにブリ開始できる個体にすべきだったかもしれないですね。北海道では今の季節が産卵には最高の温度で、ここから半年は簡単に低温飼育ができる季節ですからねぇ。


教訓! 北海道では低温クワブリは10月始めにおこなうべし!なんちゃって・・・。

スポンサーサイト


 しばらく仕事が忙しくて、虫の世話をあまりしていなかったのですが、今日は久しぶりに虫の管理をしようと思いました。どの個体もゼリーを綺麗に食べ尽くしており、腹を空かせていそうです。空のゼリーカップを抱きしめている奴もいます。
 それでは、お楽しみの餌をあげようと思ったのですが、何と在庫切れでした。あれ~、少し前に4袋買ったのになぁ~。今日はこれからオフ会があるようですから、そこでゼリーを買えばいいのですが、こいつらは今日まで数日間餌無しですごしていたのかもしれません。自分の忙しさに甘えてさぼっていたので、何とかしてあげなければということで、バナナをあげることにしました。輪切りにして次々とあげていきました。
 虫達は、いつもと違う餌に最初はとまどっていましたが、1時間後にはみんながっついていました。しばらく放置していてごめんなさいね!これで許してね。ただし、バナナを与えてしまったので、今度ゼリーを入れた時にきちんと食べてくれるのか心配です。ヘラクレスは一度バナナをあげたおかげで、その後しばらくゼリーを受け付けませんでしたからねぇ~。たくさんの個体がバナナ以外は食べなくなったらケース洗いと床マット交換が地獄になりますからねぇ・・・。


 


 


 2日間、真夜中に帰ってくる生活で、虫の飼育をまったくしていません。先ほど、3日ぶりに子供の姿を見ました(爆)。虫部屋に行き、同じく3日ぶりに虫を見ました。幸い、暴れを開始した個体もなく、良かったです。ただ、成虫達の餌が切れていますねぇ~。明日あげるから我慢してね~。でも、明日も朝からサッカーの審判だしなぁ~。
 写真はネプ幼虫です。孵化の早かった個体は2令後期にさしかかってきました。もうそろそろ雌雄判別できる時期が来そうです。♂は何匹いるかなぁ。すべて♀だったら切ないです。まあ、このケースには5匹はいるはずなので、1匹くらいはいますよねぇ、たぶん。もうそろそろ3令になるし、北海道は涼しくなってきたのでワインセラーから出して、室温管理でもいいかも。だって、24℃を越えることはありえないですから~。
20070928184331.jpg
  悪魔の幼虫です。誰がどう見ても3令ですね。3匹中2匹の姿が見えましたが、両方とも3令でした。明日はオフ会があるようですから、ケースをまるごとHIDEに持っていって、雌雄判別してもらおうかしら。とにかく、♂がいてくれますように!
 色々な方の飼育記事を読みましたが、悪魔はけっこう成長が遅いとききますが、3令中期まではけっこう成長が早いのですね。ここからはじわじわと体重が伸びていくのかな?まあ、どう頑張っても100gなんて滅多に越えることがない虫ですから、次は小ケースの単独にしようかなぁ。本当は蛹化間際まで中ケースで多頭飼育しようと思っていたのですが、さすがにそれでは可哀想かなという気になってきました。高い虫なので大ケース単独という飼育法もありますが、大きさからすると♂でも中ケースもあれば十分な虫ですよねぇ。
 飼育スペースは小さめですが、そのぶんワインセラーだけは使わせてあげようかな。何と言っても2000mくらいの高地で生息しているらしいですしね。それにしても、この虫が高いというのは、飼育をしていない人にはまったく理解できないでしょうね。どう考えてもヘラの方が高級に見えますよね。まあ、クワも小さいくせに何万もする虫ってけっこういますしね。
 何万とかしても、安心して日本で海外の虫を飼育できるというのはある意味安いですよね。ミャンマーで日本人記者の方が射殺されたというニュースがありましたが、怖いですよね。政情が不安定な事は知っていましたが、自分でミャンマーでババを捕まえてみたいとか思っていましたが・・・こんな状況ではとてもできませんね。エクアドルでヘラやネプも捕まえてみたいですけど、それも大変そうですよね。HIDEさんからよく海外採集の話を聞きますが、それを聞いてぜひとも行きたいとはあんまり思わないのですよねぇ。どこでもドアを使って現地でイージーに採集ができるならやってみたいですね。ということで、こんな根性無しには絶対無理ですね。というか、そんな海外採集する資格はありませんね。
 あ~、仕事の疲れでもうダメだ・・・寝ます。
 


 昨日は、帰宅が真夜中で何もできませんでした。実は、こんな事を書いておいてくれと妻に頼んだので、文章は私の妻です(爆)。もしかして、私の文章だと思ってコメをくれる人もいるのかな~、楽しみです。ということで、今日も更新できません。これは事前に仕込んだ時限投稿です。アリバイ作りに使えますな~。


 写真は後食をはじめたばかりのレギウス♀×2です。以前、プラケースに大きな穴を開けたので、そこにアクリル板を当ててみました。これでしばらくは脱出不可能なわけですが、何とまた♀はアクリルに穴を開けようと挑戦中のようです。それも2匹とも!!餌は切れないように気を付けています。温度もそこそこで管理しています。なのにこいつらは・・・。


 どうせなら、交尾をさせて材を削らせたいのですが、まだ時期尚早かと思われます。こういう場合にはどうすればいいのでしょうかねぇ。やはりガラス瓶で管理するしか方法はないのでしょうか。そもそも、何でこのような行動をするのでしょうかねぇ。ネズミの歯のようにどんどん顎が伸びていくから削らないとマズイという事もないですしねぇ~。本当にお手上げです。だれか良い作戦を授けて下さい。



本日は仕事が忙しく、帰宅が遅い(か泊まり)ので記事の更新ができません。
折角のコメントにもレスができません。(涙)

気休めですが、本日の日中の様子です。虫部屋の
10:00の室温は21.3℃、
14:00の室温は21.9℃、
18:00の室温は21.7℃でした。
日中かなり日差しが強かったのですが、気温は低かった模様。温度管理に気を遣わなくても良い季節になりました!

次に居間(22.4℃)にいる虫達ですが、いつになく大きな音を立てていたのは新しくやってきたパラワン氏でした。暴れたあげく滑り止めの材とケースの間に挟まって(上から落ちて挟まった)大顎が材の割れ目にちょうど刺さっていたので動けなさそうでした。自然界だったらそのまま死亡してしまうところだったかもしれません。ので、救出してしまいました。その後は音がしなかったので疲れて寝てしまったのかもzzz...


居間の問題「サイドボードの上の虫」です。サイドボードの中にはコーヒーカップやグラスが入っています。ご近所の奥様達からの評判が非常に良くありません。
ちなみに今日の主役パラワン氏は左手前です。


 ♀を二匹目に交換したパラワンです。昨夜、確実に自分の目の前で交尾を見たかったので、もう一匹♂を入れてみました。他の♂に取られてはマズイと本気になるかな~、と思いまして。右のハラワンヒラタはある方からいただいたものです。パラワンですが、あまり大きくないのでハラワンと呼ばれています。このくらいの大きさなら、大きな♂に怪我をさせることはなく、大きな♂に刺激を与えられるかなと思いまして・・・。
 しかし、この写真の直後小さな♂が大きな♂に突進していきました。もちろん、一瞬で大きな♂に飛ばされてしまいましたが・・・。大きな♂は、しばらく小さな♂を意識しています。

20070925201433.jpg
 その後、♀キープの形になりました。♂の触覚はスーパー速く動いて♀を愛撫していました。ここまでは、私の期待したとおりの展開です。しかし、この後が続きません。結局してくれませんでした。もしかして、見られていると恥ずかしいですか?できれば、見せて欲しいのですけど・・・。村西監督(古っ!)のように「ナイスですねぇ~」とか言ってあげるから~。

20070925201446.jpg
 ヘラの卵だったのですが、ほとんどが孵化したようです。2令もいます。そろそろ大きなケースに移してあげないといけませんね。ここから100g以上になるとは、何度見ても信じられない成長率ですよね。とりあえず、マットは追加して休日までは放置かな・・・。ネプの第二弾の卵セットもけっこうな数が孵化しているようなので、そろそろ大きさに分けてあげないといけない時期かもしれません。う~ん、やるべき事はいっぱいあるけれど、マットもケースも時間も足りない。もちろん、お金はもっと足りないですけどねぇ。
2度目の更新です。

 パラワンです。我が家の♀とみっちぇるさんからお借りした♂との同居も2日経ちました。時々♀の安否が気になってケースを覗いてしまいます。先ほど、♀の姿が見えないので、ケースのフタを開けて材をよけてみると材の下で♀は無事でした。その時、♂が猛ダッシュで♀の上に覆い被さり、こちらを威嚇してきます。マジで怖い!
 この行動ってメイトガードなのかしら?♀の方も♂から逃げようとしませんでした。もしかして、私の知らないところで二人は大人の関係になってしまったのでしょうか?ただ、♀の逃げ場の確保のためにたくさんの材を入れているので、両方がその気にならない限り交尾するのは難しいセットだと思っています。そういうわけで、イマイチ微妙で判断がつきません。
 自然界では交尾が済むと雌は産卵行動に入ります。また、交尾が完了すると♀は♂と交尾を嫌がる傾向もあると言われています。なので、このままこの♀を入れておいて、交尾が完了しているのなら♂の性欲がまた高まったところで♀に拒否されてチョンパという事が考えられます。しかし、交尾をしていなかった場合には、当然有精卵を産むことはできません。
 そこで、♀を2匹目に交換してみました。こちらも数日間同居させてみようと思います。♀はどうでもよくて、♂党の私ではありますが、これだけ凶暴で大きさの差もあり、チョンパも多い種ではある程度の数の♀を飼育する必要があるようですね。いや、それにしても♂は怖いですね。スマトラやキングテイオウも後食がはじまってしばらくしたら、こんなになってしまうのでしょうか・・・。今のうちに手のひらにのせて楽しんでおかないといけませんね。

 マンディブの♀が羽化時に落ちました。蛹になった時から、お尻に幼虫の皮がまとわりついていたので心配はしていたのですが、やはり予想どおりに蛹成虫になってしまいました。上半身は綺麗に成虫していますが、腹から下は蛹のまま落ちていました。上半身は黒く色づいていたので、しばらくは生きていたのでしょうね。残念ではありますが、仕方ないですね。やはり変態の時期は虫にとって大変な時期なんでしょうね。
20070924114900.jpg
 う~ん、しばらく忙しくて菌糸詰めをさぼっていたため、瓶の仕上がりが間に合いません。今すぐ投入できそうなのは3リットル瓶1本のみ・・・。仕方がないので、昨夜詰められた瓶を買ってきました。まあ、2匹とも♀なのでいいかな・・・なんて。1匹目は普通に交換しました。もう1匹が問題なんですよね。
 写真の幼虫は、初令で800瓶に2匹多頭飼育し、3令初期になったところで2匹とも♀と判断し800瓶に入れていていた個体のうちの1匹です。1ヶ月で食い上がってしまいました。暴れている雰囲気とは違ったので、放置ではなく交換する事にしました。取りだしてみると、普段見慣れた幼虫より明らかに大きいのですよね。我が家ではタラ♀の場合は20gを越える個体も珍しくはなく、最大で27gもいました。しかし、レギ♀の場合は20gを越える個体はあまりいません。23gは最高記録です。小さめの♂という考え方もありますが、頭の大きさから♂とは考えにくいです。ラベルを貼って管理していますから、タラと間違えた事も考えられないです。とっても不思議な個体です。もしかすると、53mmくらいのレギ♀になれるかな??65mmくらいの♂だった時には笑って下さい。

20070924114914.jpg
 久しぶりにタラの♂が蛹になりました。孵化80日ほどで2度目の交換をして、その時に31gあり期待したのですが、その後はお決まりの暴れでダイエット、我慢できずに交換すると27gとなっており、この瓶は捨て瓶です。サイズも当然小さいです。70mmあるのかなぁ~。我が家ではタラは35gから73mmになったこともあります。暴れの怖さは十分にわかっていますが、止めることができません。3令中期で一度は期待させておいて、その後地獄に突き落とされるこの感覚がタラレギの魅力でしょうか(爆)。
 3令後期できっと何か間違った事をしているのでしょうねぇ。菌糸のマッチングの問題なのか、詰め方なのか、温度なのか、湿度なのか、血統なのか、はたまた運なのかはっきりしませんが・・・。

 瓶やコンテナを洗おうと外に出たら、こんな光景が・・・。我が家は空母かよ!写真を撮る前は5匹いたのですが、カメラを持ってきた時には減ってしまいました。5匹が整列していた光景はすごかったですよ。

20070923171310.jpg
 標本前の昆虫のアルコール漬けです。別に焼酎を作っているのではありませんからね。先月に落ちたグアドヘラヘラと先日落ちたネプ♀、そしてそこに今日ギラファ♂が加わりました。例の交尾に苦労したあげく、♀を挟み殺した個体です。一日遅れで♂も落ちました。そこまで温度が上がっていたのかな~?それとも、交尾をしようと必死に頑張りすぎて体力を落としたのかなぁ~。いずれにせよ、羽化して半年しないで落ちてしまいました。大きくて人気者だったのに残念です。

20070923171325.jpg
 ネプ♀の2匹目の採卵をしてみました。1ヶ月くらいワインセラーの中に放置していたかな?マットを崩す時に1個潰してしまいましたが、それでも27個採れました。丸く膨らんでいるものもあるので、有精卵を産んでいるかな?ただ、この産卵セットは死んだ♀(先ほどのアルコール漬け写真の個体)を取りだして、そこに新しい♀を入れたのでもしかすると前の♀の卵が膨らんでいるのかもしれないです。ですから、新しい♀が有精卵を産んでいる決め手にはなりません。しかし、1匹目の♀がそれなりの数の子孫を残してくれたのでけっこう気楽です。どうせ全部飼育なんて無理ですからね。

20070923171339.jpg20070923171352.jpg
 レギの初令管理瓶で3令になった幼虫を大きめの瓶に交換しました。♂は2リットル、♀は1.5リットルに投入しました。今までは孵化後90~100日の2度目の交換時まで体重を測っていなかったのですが、今回はこの段階でも測ってみました。あまり深い意味はありません。今日の気分です。
 他にもタラ♂3令幼虫の菌糸交換もしました。そちらは31gでした。どうも我が家では2度目の交換で♂は27g~31gの間に集中します。そして、ここからもうひと伸びできずに暴れて蛹になってしまう個体が多いです。幼虫の最終ステージの飼育スキルを身につけることができれば、80mmを安定して越すことができるのかもしれないですよね。
 それと、最近感じるのがタラは血統以上に個体差を感じます。大きな血統からも小さな血統からも小さな♂幼虫や30g以上の幼虫がどちらも発生しています。ただ単に私の飼育スキルが安定していないのかもしれませんが、小さい虫からでも大きいのが狙えるのなら最高ですよね。
 発酵マットは夏の製品は質が落ちるものが多いと聞きますが、菌糸も春や秋に質が落ちるという噂があります。理由までは知りませんが、確かにこの時期には??と感じるブロックもありますね。詰めてもまわるのがすごく遅かったり、水分量が多かったりなど・・・。毎週詰めているとだんだん細かいことが気になってしまうものですね。
20070923090852.jpg
 我が家にはパラワンヒラタもいます。ただし、♀だけ3匹・・・。巨大幼虫フェチとしては、クワガタ最大の幼虫となるパラワンを外すことはできないと、3匹の幼虫を購入したのですが、結局全て♀だったわけです。ということで、巨大幼虫を見ることはできなかったし、♂と期待して2リットル瓶で飼育して♀を羽化させるという最悪な思い出の個体達です。さて、2月に羽化した♀達ですが、その後は順調に熟成し、餌を食べるだけの隠居生活(最初からだけど)をしていました。大きな♂を購入して交尾させようかとも思いましたが、次々と他の虫を買ってしまい、チャンスを逃していました。
 そこに救世主として「みっちぇる」さんが♂を貸してくれました。10センチ以上あるようです。でかいです、怖いです、触れません、当然測れません。巨大ヒラタを交尾させる時には顎をしばるとよくいいます。確かにそうする方が♀には安全でしょう。でも、借り物ですし、こんなでかくて凶暴な種にどうやってその加工を施すのかしら。イソップ童話かなにかで、「ネズミが猫に襲われないためにどうするのか。そうだ猫に鈴を取り付ければいい。でも、誰が鈴を付けるの?」という話を思い出してしまいました。
 とりあえず、♀は3匹いるので、多少の犠牲はやむを得ないと覚悟して最初の1匹を同居させました。いざというとき、♀が避難しやすいように材をたくさん入れた中ケースをリングとして準備しました。とりあえず、今の時点では♂も♀も環境変化にとまどっているのか、ほとんど動きません。それとも、夜行性なので朝はダメなのかしら?なにせ、活動バリバリのヒラタ♂をゆっくりと観察するのははじめてなのでよくわかりません。怖い事だけははっきりとわかりましたけど・・・。
 さて、1匹目で交尾が決まってくれると嬉しいのですが、昨日のギラファに続く自爆ネタとなってしまうのか・・・、それともメイトガード(するのか?)を拝めるのか。今後ともこのケースから目が離せません。ブログネタとしては、3匹とも次々とチョンパというのが最高なのかもしれませんが、何としても成功させたいです(でも、どうやって?)。
20070921213704.jpg
 例の問題のギラファペア×2です。昨日の出来事なのですが、帰宅するとギラファ♂が♀の上にのっていました。ついに、メイトガード!それも2ペアとも。とても喜んでしまいました。1時間後に見ると、同じ状態です。♂は交尾器を出したりしていますが、挿入できていません。♀は受け入れ態勢なのに何をやっているんだと思ったら、どうも様子がおかしいです。蓋を開けて見てみると、なんと2匹とも♀が殺されていました。内歯が刺さった大きな穴が空いていました・・・・。
 昨日まで、交尾はできていなかったかもしれませんが、♂は我慢強く温厚で紳士だったのになぜ~!原因を追求しようと考えると、思い当たる事は一つしかありません。それは気温です。昨日までは北海道らしく、居間の成虫陳列コーナーの温度は26度程度でしたが、今日は30度コースでした。高い温度で♂の気が荒くなったのかもしれないです。2ペアとも昨夜までは問題なかったので、理由として考えられるのはそれしかありません。
 う~ん、我が家の個体は110mmに達していませんが、親は越えていたようですから、良い遺伝子だったのですけどね。残念です。あの透き通った白くて太くて長い幼虫、頭がとっても大きくてツヤツヤオレンジをまた見たかったのに・・・。♀のご冥福を心から祈ります。
 教訓、「温厚だと思っても、小さなケースであまり長い期間同居はさせてはいけない」以上、毎度恒例の自虐ネタでした。

 毎日恒例の瓶チェックをしていたら、蓋の代わりにキッチンペーパーで覆っていた3リットル瓶がやけに盛り上がっていました。不審に思い、キッチンペーパーを除けてみると、なんと花が満開!ではなく、キノコが綺麗に開いていました。他の方のブログで、それをバターで炒めて食べているのを見たことがありますが、どうもダニがたくさん付いていそうでイマイチ食べる気になりません。しかし、スーパーで売っているキノコを育てる時には防カビ材が使用されているらしく、菌糸瓶から生えたキノコの方がはるかに身体に良いとか・・・。確かに、菌糸瓶や詰め作業を失敗した時にはキノコではなくカビに支配されてしまいますよね。大量にキノコを生産するのなら、防カビ材でカビを抑えてキノコを育てているのも納得ですね。でも、頭でわかっていても・・・う~ん食べてみるかな~。ところで、カワラを食べた人っていますかぁ??
20070921182334.jpg
 マンディブラリスがもしかすると活動開始かもしれません。羽化して2ヶ月以上経つかな?今まではマットの下に潜っていたのですが、先ほどケースを見ると材の上にのって遠吠えしているようなポーズ。急いで2個餌を入れてみました。同じケースに入っている、それよりも1ヶ月以上前に羽化した♀はまだ動きません。小さいくせにいつまで寝るのやら・・・。
 ♂を少し威嚇してみましたが、まだ触角や顎の動きもたいしたことがなく、フタマタ独特のヘッドバンキングや素早い動きはまだ見られないので、本調子にはもう少しかかるのでしょうね。レギの80もお気に入りですが、この97mmマンディも最近の羽化個体の中ではお気に入りです。
 それにしても、我が家の最近の羽化個体はレギ、マンディブ、リノケロス、スマトラヒラタ、テイオウと大型凶暴種ばかりですね。やはり大きく強いものに憧れるのですよ~。「ザクとは違うのだよザクとは」という言葉でグフを好きになった人っているじゃないですか~。それと同じですよ(本当か?)。ただ、なんだか小さい子の好みと同じレベルだというところが、ちょっぴり恥ずかしいんですよね。まあ、そのおかげで近所の小さい子には我が家の個体は人気があるようですけどね。

 パパ3さんからいただいたダイスケギラファの幼虫です。最初に2匹、その後3匹いただきました。写真はその最初の2匹のうちの片方です。確か5月くらいに初令でもらったような記憶なんですが・・・。まだ4ヶ月ですよ~でもどう見ても蛹室ですよね。タラレギもびっくりです。どうも我が家はタラレギが次々と蛹になるので、部屋の中に常に蛹化フェロモン?が充満しているのかもしれません。毎日、空気の入れ換えをしないとダメかなぁ。
 他の幼虫もチェックしましたが、他はまだ蛹室形成はしていませんでした。しかし、5匹中4匹は♀だと先ほど確定しました。外からまったく姿が見えない1匹に♂だと手を合わせて祈りました。私は♂好き(人間は♀好きですよ!)と知っているパパ3さんがこの状況を哀れに思い、今度♂幼虫をくれるそうです。感謝感謝です。
 それにしても、どうして我が家は♀に偏るのでしょうかねぇ~。リノケロスは採れた幼虫2匹とも♂でしたが、他はかなり♀に偏っています。ということで、今一番の不安はサタン幼虫の性別です。全部♀だったら・・・。♀はネプと紛らわしいので、♀に偏って♂単品を購入する方が楽だと言いますが、2年後全て♀で、その後産卵させて次世代で♂の姿を拝めたとしても順調にいって4年ですよ~。とてもじゃないけど待ちきれません。
 ということで、心配になりサタンケースを見ると1匹だけ妙に大きくなっていました。他の2匹はまだ2令かも?購入した時にはどれも同じような大きさだったのに、なんで1匹だけ成長が早いのかしら?もしかしてヘラ(笑)。でも、ヒデさんに限ってそんな事はないでしょうからねぇ。「成長が早いその1匹だけ♀」とするのは都合が良すぎるでしょうか。すべてが3令になったらカブト党のパパ3さんに頼んで性別判断してもらおうっと。
http://blog53.fc2.com/ 最近、チビタラ同盟に加盟しました。本当なら、フラッシュが表示されるはずですが、どうもパソコン音痴で・・・。PaPaさんの非常に詳しい説明を見たのですが、音痴には理解できず(爆)。



20070919202525.jpg20070919202511.jpg
 タラとレギです。タラは♂はぴょんさんのバカデカ個体の兄弟で、♀は我が家の55mmです。以前、♂に大きすぎたのか♀と認知されずに苦労していましたが、さすがに数週間の同居でやることはやったようです。材を入れたら即日穿孔しました。このまま出てこないことを祈る!!
 レギはもうすでに4~5回ほどセットを組んだ♀です。もういいかなと思っていたのですが、レイシ材が1本あまったので放り込んだら、こちらも即日穿孔です。本当に、一度産卵モードに入るとすごい虫ですね。だって、餌に頭を突っ込んでもあまり食べようとしないのですよね。さすがにもうそろそろヤバイと思うのですけどね。

20070919202547.jpg20070919202602.jpg
 1年前はタラ幼虫しかいなくて、その後はレギ幼虫しかいなくて、その時には幼虫の雌雄判別に自信がありました。100%で外すことはありませんでした。しかし、最近はタラとレギの幼虫が初令から3令までいる状態で、なんだかよくわからなくなってきました。左の写真はタラですが、このサイズ(交換前で29g)まで育っていると♂しかありえないと思うのですが、右のレギは微妙です。こちらはまだ3ヶ月経っていないので、小さいのは当然としても何だか自信がなくて・・・。

20070919203934.jpg
 ついにはこんな個体も蛹化しました。2ヶ月ほど前に記事に書いたような気がしますが、無茶苦茶成長の遅かったレギです。半年以上経ってようやく蛹になりました。餌もあまり食べず、頭も身体も小さかったので♀と思っていたのですが、なんと♂!!半年も幼虫していて、♀のようなこのサイズっていったい・・・。逆によく落ちなかったな、と。
 この個体は切ないですが、同じ親から産まれた子にサイズのバラツキがあるのは歓迎すべきことかもしれません。逆にどでかいのが出る可能性もありますからね。70mm前半に羽化が集中するっていうのが、一番切ないパターンかもしれないですね。

 日曜に羽化した虫の掘り出しとチェックをしました。写真はキングテイオウヒラタの2匹目の♂です。まだ羽化してそう時間も経っていないのですが、顎を休まず動かすし、手を噛もうとするのでけっこう恐怖でした。幸いサイズは90はあるようです。きっと手に載せることができるのはあと1ヶ月くらいかな。後食がはじまったら割り箸で扱わないと怖いかも・・・。

20070918182856.jpg
 スマトラヒラタの2匹目です。残念ながらこちらは90mmいかず・・・。でも88~89mmほどでした。キングテイオウと同じく、もう少し低温で管理してあげるべきでしたね。27~28度管理でここまでの大きさになって満足です。このサイズでも小さいってことはないよね?

20070918182912.jpg
 ついでに、スマトラの♀のサイズ測定をしてみました。こちらはもう後食がはじまっているので本当に噛まれそうでした。サイズは48mmちょっと。なにやら50mmを越えると大きな♀になるので、けっこう良いサイズかもしれません。サイズを測った時、写真を撮ろうとしましたが、符節が痛くてそれどころではありませんでした。何とか材に移動してもらって痛みから解放されました。顎に噛まれた経験はありませんが、符節も十分に痛いですね。

20070918182926.jpg
 みつたさん♂とぴょんさん♀を掛け合わせた我が家のレギウスです。最初の産卵で4個孵化し、1♂、2♀が羽化しました。ヒラタと同じく、高温飼育したためにサイズはたいしたことはありませんが、完品です。ちなみに、残されたもう1匹の幼虫ですが、ようやく蛹になりました。他の3匹が3令になっても初令で、やたらと成長が遅く、餌の喰いも悪く、でも落ちずに蛹になりました。何と、その性別は♂!サイズ的に♀だと思っていたのですが・・・チビタラ同盟に良いネタができました。

20070918182829.jpg
 マンディブです。羽化してからしばらく時間が経ちますが全然後食しません。噂どおりに「けっこう寝る虫」のようです。餓死させると可哀想なので餌は入れていますが、いつになるのかなぁ~。♂は97mmとけっこう大きいので熟成に時間がかかるのもわかりますが、♀なんて・・・ねぇ。

20070918183014.jpg
 ドミニカのヘラヘラ卵です。いつの間にか多くが孵化してケース表面の卵の数がかなり減りました。ケースの中を見ると、もう2令になっているものもあります。同じ日に採卵してもかなり差が出るものですね。まあ、羽化ズレする虫は孵化ズレ歓迎ですけどね。産卵させるのが下手な私ではありますが、いったい何匹の幼虫がとれたのかなぁ~、早めにチェックしないと大変なことになりますからねぇ。早いところグアドのヘラヘラに羽化してもらってケースを空けてもらいたいところですが、まだまだそれも先だよなぁ~。
 ネプもそれなりの数が孵化しています。2匹目の♀の採卵はまだしていないのですが、1匹目の♀の産卵ぶんでも個人の飼育には十分な数が採れたような気がします。こちらも、近いうちに数をチェックしなくちゃ。

 ニジイロの産卵セットをばらしました。以前、初令で材の中にいるなどして割り出しを諦めた個体達です。中ケースから8匹ほど出てきました。けっこうVIP飼育になっていたのですね。このまま放置でもいいのかもしれませんが、セットを組んでからなら3ヶ月経っているし、産卵セットだったので温度もそれなりに高めだったので、そろそろマットも劣化しているだろうとの判断です。親は♂66、♀44ですからかなり良い血統ですよね。ただ、親の飼育をしていた時には他にヘラ幼虫3匹しかいなかったので、2ヶ月おきに1.5リットル菌糸に入れていたという今考えると超VIP飼育をしていたので大きくなったのでしょうね。

20070917125614.jpg20070917125631.jpg
 で、他にも初令で割り出してワンカップカワラで管理していた2匹、別のおふる菌糸に入れていた3匹の合計13匹から、なんとなく気に入った3匹を新しいカワラ菌糸に投入しました。捨て瓶になっていた菌糸なので、大部分はまだOKでしょう、たぶん・・・。2匹は先日羽化したキングテイオウオオヒラ菌糸のおふるに入れました。その他は、マットにとりあえず投入です。このマットで過去に67mmの♂が出ているらしいです。加水する時に気づいたのですが、クワマットを使うのははじめてかも・・・。カブより少なめに加水しました。本によると、ニジイロは水が染み出すような水分の多い白枯れした材に幼虫がいると書いてありました。でも、1次発酵マットにたくさん加水して再発酵するのは嫌なので抑えてみました。どうなんだろ・・・。


20070917125644.jpg
 残されているもう1匹のキングテイオウ瓶です。本当に3リットル捨て瓶になってしまいました。完全に前蛹です(爆)。この菌糸もまだほぼ手をつけられていないので、ここにニジ幼虫を入れたいところではありますが、過去に幼虫に蛹を食われた経験のある私としてはさすがにできません。でも、これだけの容量の菌糸を遊ばせておくのはもったいないなぁ~。

 昨夜は詰めました。カワラ2ブロック、オオヒラタケ1ブロックです。写真はカワラを詰めた分です。タラレギ2本目用と蛹化用瓶を作りました。オオヒラはとりあえず、2リットル2本詰めました。ダイスケギラファの♂用にです。しかし、問題なのはダイスケはなんだか♀に偏っているような・・・。5匹いるので1匹くらいは♂がいると思うのですがねぇ。全て♀なら2匹ずつ多頭飼育してやる!♂がいたら2リットルにぶち込んで、残りの♀はマット飼育かな?

20070916184946.jpg
 ニジイロ用にカワラ瓶を買ってきました。すでに単独で4匹菌糸で管理しています。3リットル瓶で多頭飼育している幼虫の一部をカワラにぶち込もうという作戦です。ただ、全ての幼虫を菌糸瓶にぶち込むお金がないので、残りは発酵マットです。Xさんで購入しました。加水する量を聞き忘れました。どれくらい入れればいいのかな~。カブトのようにたくさん入れるとダメですよね、きっと。

20070916185127.jpg
 今日は家族で小樽水族館へ行き、その後日帰り温泉へ行き、帰りにケーキ屋さんへ、その後Xという充実した一日でした。実はここのケーキ屋さんはHIDEでは有名なんですよね。どのケーキもとてもおいしくて最高です。我が家から遠いのが難点ですが。プリンカップに入ったお菓子がサービスで付いてきました。思わずプリンカップに小さな針穴が空いていないか、ドミニカ島と書いたシールがついていないか見てしまいましたよ~(一部にしかわからないネタですいません)。

 最近、度々登場するギラファペアです。ケースに入れていても顎が邪魔をしてなかなか良い体勢で♀を捕まえることができません。とても困っていました。昼にフォーシーズンに材を買いに行ったついでに質問して2種類ほどやり方を教えてもらいました。
その1 円形のリングにする
四角いケースでは♀が角に逃げると雄は捕まえにくくなります。そこで、円形にして角をなくすと♂は捕まえやすくなるらしいです。滑りにくい床の上にペアを置き、小さい虫ならプリンカップを被せるそうです。ギラファではさすがにプリンカップというわけにもいかず、大きな円形の物を探すと、洗濯物をいれるブリキのバケツがありました。上の写真はそれを利用したものです。確かに、このやり方だと長い角の虫でも大丈夫かもしれません。しかし、失敗。我が家のギラ♀の足は速かった・・・。♂ももう少し根性を見せてほしかった。

20070915181613.jpg

その2 逃げ場を無くす
ガラスの瓶の上に産卵木を置き、そこにペアを置くそうです。こうすると、♀が下に逃げてもガラス部分は滑るので材に留まり交尾成功の確率も高まるとか。♂にとっても空間の邪魔がないし、自然界に近い状態で交尾ができそうです。とても気に入りました。ペアの様子を見ていると、♂が寄っていくと♀は逃げます。この個体がワイルドなら絶対に交尾済みと勘違いしそうです。ついに♂が♀を追いつめ成功したと思ったら、なんと♀は材から飛び降りました・・・。もう一度材にくっつけたら、今度はなんと飛びました!そうか、空という逃げ場があったのか・・・。ということで失敗。

最近はこの2組のカップルに苦労しています。別に高級な虫でもないし、本にも「クワの産卵セットがうまくいかない時には簡単爆産ギラファのセットを組んですっきりしよう」などと書いてあったので、たぶん普通なら簡単なのでしょうね。おそらく私の腕が悪いのか、個体差なのか、タイミングが悪いのか・・・。まさか羽化して半年経っていて熟成してないなんてことはないよね。

 キングテイオウヒラタの2匹目の♂が昨夜羽化しました。大きさは先日羽化した個体より最終交換体重が少し大きいので、87mmより大きいと信じています。写真ではよくわかりませんが、お尻の飛び出しがすごく長いです。ニジイロも羽化した時にかなりお尻が飛び出ていて、納まるのか心配しましたが、体長とのバランスで考えるとキングのお尻の飛び出しもなかなかのものです。交尾器も長くて1㎝半ほど飛び出ています。上翅の大きさを見て、かなり縮む事がはっきりしたので少しがっかりしました(笑)。あとは、顎を起こしてからどれくらいになるかですね。幸い、瓶から全てが見えますので、掘らなくてもだいたいのサイズがわかると思います。
 とりあえず上翅は閉じているので、あとはお尻が上翅の下に完全に格納されるかだけが心配事項です。でも、たいしてテイオウにしては特別大きいわけではないので、そんな心配はしなくてもいいのかもしれませんね。次世代には最低でも95mmオーバーを目指して頑張ります(気が早いって)。
20070914205038.jpg
写真の追加です。1枚目は昨夜で、これは今朝です。90あるかな?あってほしいなぁ~。

 タラ卵です。割り出しが早すぎて、でも18個も採れた卵管理ワンカップです。全てダメになる事も覚悟していたのですが、孵化し始めました。ということで、7匹ほど菌糸に移しました。1匹孵化したけれどダメそうな幼虫がいて、孵化しそうにない卵もいくつもありました。でも、あと4匹くらいは孵化しそうな・・・。5匹くらい採れれば十分だったのですけど、採れすぎです。連絡事項です、ゼウスさん何匹か引き取ってね!(笑)。

20070913200707.jpg
 最近、後食をはじめたばかりのレギウス♀です。まだゼリーを食べるペースも遅く、新しいゼリーを入れてもぐちゃぐちゃにするし、ケースを写真のように破壊するし・・・。問題児です。でも、兄弟の♂が80mmまで育ったので、良い遺伝子は持っていそうなので、邪険に扱うわけにもいかず困っています。クワの調教師を誰か紹介して下さい。
 平日ですが、ちょっとショックを受けたので、2度目の更新です。孵化から3ヶ月のタラ♀幼虫がいました。かなり暴れて菌糸はマット状になっていました。♀は3ヶ月で蛹室を作ることも珍しくないので、放置していたら真っ黒幼虫になっていました。まだ餌が必要だったのですね。真っ黒になってきたら、さすがに交換しないとダメなのですね・・・。ブルマイ以外で3令になってから落とした経験はほとんど無いのでショックでした。
 そうなると、同じように暴れて放置しているローゼン幼虫を思い出しました。菌糸の状態は落ちたタラと同じマット状になっています。急いで掘り出すと生きていましたが、2ヶ月前に30gあった幼虫とは思えないほど小さくなっていました。おそらく20gはないかと・・・。とりあえず、2リットル瓶に交換しましたが、はたして無事に羽化までたどり着けるのか心配です。もう1匹は順調に蛹していますが、今回の個体の方が大型だったので悲しいです。やはり、ある程度の暴れは放置しても良いのですが、暴れが継続した場合には交換しないとダメなんですね。でも、このローゼンは2本続けで暴れたんですよね・・・。きっと今回は暴れるだけの体力もないような気がします。とりあえず、小さくてもいいから羽化して!

 スマトラヒラタの♂です。PPボトルなので中の様子がよく見えませんが、昨日まで全体的に白かったのに、今日は蛹室の右側だけが白いのでおそらく羽化したのだと思います。実際に目の前で見ても、羽を伸ばしている時なのか、頭を起こしたのか、全てが完了した後なのか、さっぱりわかりません。でも、これでこのボトルも空きになるので、蛹化瓶を作るのに最適な容器が確保できます。週末にでも掘るかな~。

20070912190603.jpg
 我が家で交尾からスタートした初レギ♂が羽化していました。しばらく経ったので掘り出しました。サイズは73mmといたって普通サイズです。実は実験に失敗した個体だったりします。夏だったので、温度高めの昼間27~28度飼育。3令初期まで成長は早かったのですが、4ヶ月で蛹になってしまいました。3令後期では通気を良くしようと少し緩めに詰めた瓶にいれたら大暴れしました。ということで、全てが裏目に出てしまいました。逆に、こんなやり方でこのサイズにまでよくなったものです。2度目の産卵個体達はまだ3令していますが、そちらは自分の通常飼育をしているので、サイズにどのような違いがあるかが個人的には気になっています。たいして差がないのなら、とっとと蛹になってもらった方が菌糸代も安くてすみますからねぇ。

20070912190617.jpg
 交尾難航中のギラファです。ついに妻が飼育に乗り出してきました。妻曰く「昼間見ていたら、顎が長くて邪魔で♀に逃げられているみたいだから、広い場所なら大丈夫はず」。
 ということで、コンテナに麻袋を滑り止めに敷いてそこにカップルを置いてみました。しかし、♀が壁沿いを移動するのは変わらず、あまり効果はありませんでした。写真のように♀を2匹にもしましたが、目移りするだけでダメでした。そのうち♀は飛ぶし、最悪でした。
 ということで、時に任せることにしました(放置とも言う)。う~ん、いつまでも初心者から抜け出せないですね。まあ、店を開く予定はないのでこれでもいいのさ~と自分を納得させるのであった。
 日曜日に3日分のブログを書いていたのに、昨日の記事と同時に今日の記事も出ていたようだ・・・。なんだかうまくいかないなぁ~。まあ、楽しようとするとこんな事がおきるんですね。でも、今日もネタがあるからまあいいや。
20070911202405.jpg

 同居生活5日目のギラファです。最初の3日は♀が♂に攻撃される場面が多かったのですが、少し様子に変かが出ています。写真のように♀が♂の大顎にぶら下がっています。♂がひっくり返った♀に救いの手、いや救いの顎をさしだす場面を数度目撃しています。♀だと理解したのでしょうか?交尾をしたのでしょうか?でも、メイトガードはしません。もしかして、チップなどで足場が安定せずに交尾できていないのかも。少し太めの材を何本か入れて足場を安定させてみようかしら?ちなみに、2枚目は♂の大顎に右の前足と中足をかけて2匹揃って遠くを眺めている図です。この2匹の関係を説明できる方がいましたらコメント下さい(笑)。

20070911194739.jpg
 2匹目のキングテイオウヒラタがもうそろそろ羽化しそうです。今度は90mmを越えてくれるかな?とにかく無事に羽化してもらいたいものです。
 新しく産み出される命があれば、去っていく命もあります。昨日、餌をあげようと思ったら、ヘラ♀とネプ♀が1匹ずつ落ちていました。ネプ♀はたくさん産んだので寿命を全うしたという感じですが、ヘラは無精卵を産んで終わりでした。自分の遺伝子を残すことができずに可哀想であります・・・。おそらく、有精卵を産んでいるヘラ♀もたぶんセットの中で落ちていると思います。でも、色々と疲れているので週末まで放置します(爆)。

 我が家にやってきたババも8月始めに♂、8月中旬に♀も後食がはじまりました。状態も安定してきたので、HIDEさんのお店へ持っていき、モセリと比較してみました。ババを手に入れる前には色々と学習して相違点などは知識としては知っていました。しかし、やはり実物で比較するのが一番ですよね。
 ということで、写真がババとモセリを並べたものです(手は「みっちぇる」さん)。写真ですからよくわかるわけがないのですが、上がババだったと思います。顎の形状ですが、内歯といいますか、上歯といいましょうか・・・その部分がババは真ん中より外側(開き気味)になるようです。でも、モセリもけっこう開いていますね。顎の先端は下の方の突起の方がババは長いようですが、モセリも長かった・・・。足の付け根の色もあまり差が無かった・・・。ババっぽいモセリだとけっこう似ています。
 しかし、全体的な色はかなり差がありました。ババは赤黄色い金で、モセリはシルバーっぽい金という印象です。下から見ると、口の部分の形状もけっこう差がはっきりとしていました。ということで、色での判別は素人の私にもわかりやすい感じですね。でも、それ以外の部分はけっこう難しいですね。正直言いますと、10匹のモセリの中にババを混ぜて、ババを選べと言われたら、色以外では無理かも・・・。つまり、個体差でババに近い色合いを持ったモセリがいたら無理かもしれません。そんな色をしたモセリもやっぱりいるのかなぁ~。
 というより、そもそもモーレンの産地違いなんですから似ていて当たり前ですよね。ヘラクレスもそれなりに大きくなった個体ならいくつかの亜種はわかりますが、私にはほとんど区別のつかないものもありますしねぇ~。小型のヘラならさっぱりわかりませんね。♀だとお手上げです。そう考えると、学者や虫屋さんってすごいですねぇ(勉強の足りないショップも最近はあるようですが・・・)。

 先週の木曜にカワラブロックを2個詰めていました。そうしたら、目の前の棚にあった瓶の中でレギが数匹孵化しているのを発見。詰めたついでにそいつらを以前に詰めてあったカワラ瓶に移しました。その孵化した幼虫の入っていた瓶を見ると、もう1個孵化していない卵がありました。1匹だけだと忘れそうで、ちょうど菌糸を詰めて微妙にあまったカワラ菌糸があったので、その瓶にあまったカワラを入れてみました。さらに、あまっていたマットも入れてみました。それが左の瓶です。
 数日経って面白いことが起きました。カワラは真ん中には菌がまわっているのに、マットやレイシとの接触面に近いあたりには菌がまわっていません。カワラは菌のまわる力は強いけれど、他の菌には弱いというのは本当なんですね。でも、♀にかみ砕かれたレイシ材のチップには勝つと考えたのですけどねぇ。思った以上にカワラは弱いようです。
 私としては、数日で卵が孵化し、その頃からはカワラ菌がレイシの方にも侵略して幼虫は素直にカワラに馴染んでいくのではと都合の良い予想をしていたのですが、ダメでした。レイシの方は菌が大きく再生する気配は今のところありません。ちなみに、雌が囓って砕いたレイシチップも、水分を少し追加してあげると白く菌が再生することは前回の失敗で体験済みです(笑)。今後はマットのバクテリアに冒されて上の方からカワラ菌が死んでいくかな?と予想していますが、どうなるのかなぁ~。
 でも、幼虫が孵化してしまいまして、このまま栄養価の少ないレイシ材のチップの中でもがいているようなら救出しなければいけませんね。できれば、自分の力でカワラゾーンへ移動してくれないかなぁ~。一年前までは高級だし、見たこともなかったレギウスですが、最近はすっかり我が家の実験材料になっています。だって、たくさん産むし、成長が早くて結果が得られるのも早いから面白くて・・・。
 
20070909163855.jpg20070909163933.jpg
 グアドループのヘラクレスヘラヘラクレス幼虫です。2ヶ月に一度の大作業であるマット交換をしました。こいつの親を飼育している時には、3匹しかいなかったので楽勝でしたが、現在は10匹以上なので大変です。写真は最初の2ケースの幼虫です。またもややってしまいました、♂2匹の多頭飼育を・・・。そして♀1匹単独飼育を・・・。
 小学生でも判別できるサイズになったので、もう迷うことはありません。大ケースに雌雄ペア1と♂単独3、多頭飼育コンテナに♂1、♀5としました。一番大きい♂で106g(もうひと伸びしてほしい)で、小さい♂で86gでした。ただし、コンテナの♀とした5匹の中には孵化の遅かった♂がまぎれている可能性はあるかもしれません。たぶん頭の幅から大丈夫だとは思うのですけどね。
 その後、大量の廃マットから採卵をするように2時間以上かけて糞を回収しました。材作りの材料や発酵の甘いマットに混ぜるためです。さすがに腰が痛くなりました。そして庭に廃マットをまいて完了。今日は6時間も虫作業をしていました。
ついでに、幼虫をあげた近所の子を呼びつけてそちらの性別も確認してみました。ヘラもタラもペアになっていました。その子のタラは暴れて3本目に突入しているそうですが♂は25gはありそうな雰囲気、ヘラも♂は86g♀は61gになっていました。さすが虫オタクだけあって、小学3年でもけっこう立派な管理をしているようです。下手すると負けるかも・・・。一年前にあげたジャワギラファが先日落ちたと言っていたので、フローレスギラファの♂成虫を押しつけました(笑)。ジャワ産より大きいので喜んでもらってくれました。背中を伸ばしたら106mmあったので子供にはちょっと危険だったかな~。でも、温厚なギラファなら大丈夫ですよねぇ。超危険なスマトラヒラタとかは小学生にあげるのはちょっと抵抗がありますよね。

 フローレス島のケイスケギラファです。3匹の♂ともに100mmを越えました。産卵セットを組みたいけれど、たくさん産まれても飼育しきれないしどうしようかと悩んでいたら、オフ会メンバーのMさんが「ジャワとダイスケを飼育しているのでケイスケも飼育したい」との事。「それなら幼虫を6匹バックしてくれれば♀をあげますね」と前回のオフ会で話をしました。
 ということで、適量の幼虫を飼育できる事となりそうなので、交尾をさせることにしました。♀の羽化はいつだったかなぁ~。正月前かな??とにかく成熟は十分だと思います。対して♂は5月始めの羽化です。羽化後4ヶ月で成熟はどうなんでしょうねぇ。写真は♀を放り込んだ昨夜のものです。どうも♀より餌の方がいいようです。

20070908185658.jpg
 で、その1時間後です。餌を食べ続ける♂に♀の方から寄ってきました。ただ、寄る場所が良くないですねぇ~、大顎のガッチリと挟めそうな場所に自ら飛び込むとは・・・。チャレンジャーな♀ですね。その後、動き始めた♀に驚いたのか♂は一瞬♀を挟みました。しかし、激しく追い回すこともなく意外と紳士でした。
 でも、紳士すぎるんですよね。全然、交尾の気配がありません。闘争せずともゼリーを与えられ、幼虫時代からずっと単独で飼育されて、♂としての本能はどこかに忘れてしまったのでしょうか(涙)。まあ、実際のところは♂の成熟がまだなのかしら。ということで、大きさは写真の♂よりちょっと劣るものの、2月に羽化した♂も急遽お見合いさせることにしました。さすがに半年以上経っていれば成熟していますよね。
 でも、こちらも♀と交尾するより餌の方が良いみたいです。まあ、最近仕事が忙しくて餌を切らしている事もけっこうあるけど、♂として産まれたなら「餌よりも交尾でしょうが!」

 マンディブです。♀はほとんど成虫で蛹が2つです。♂は先月に1匹羽化しています。先ほど、写真の瓶から蛹の尻がうっすらと見えたので掘ってみました。サイズは8㎝あるのかなぁ~。先日羽化した個体と比べるとかなり小さいです。小さいのは分かっていました、原因は私にあるんです。♀だと思って800瓶に入れてかなりの期間放置していて、♂と気づいて大きな瓶に慌てて入れ替えましたが、時すでに遅しといった感じです。でも、マンディブは小さくてもマンディブの形をしているのがすごいですよね。ホソアカとかは小さいと小歯になったりしますが、マンディブの小歯を羽化させた人っているのかなぁ~。そのような個体が存在するのなら見てみたいものです。でも、これだけ悲惨な飼育をしたのにきちんとマンディブしているので、100mmを越すより小歯の♂を羽化させる方が難しいかもしれませんね。
20070907200753.jpg
 さらに他にも2匹、途中で♂だと気づいた個体がいます(爆)。そいつらも蛹になっているだろうと掘ってみると、なんと幼虫していました!でも、写真の左側を見るとわかるかもしれませんが、蛹室を建設中だったかも・・・。残念ながら、我が家にはクワマットもオオヒラ菌糸もありません。仕方がないので、先日羽化したキングテイオウに出てもらい、その蛹室に幼虫を入れてみました(核爆)。
 このままここで蛹になるもよし、もう一度新しい菌糸を食べるもよし、新たな蛹室を作ってもよし。でも、落ちるのはダメです。さて、いったいどうなるのやら・・・。ただ、今回は色々な飼育法を試せたのでけっこう勉強になりました。一番大きくなった♂の育て方をベースに来シーズンはそれをさらに改良して100UPを目指したいです。でも、マンディブはよく寝るんですねぇ~。3ヶ月前に羽化した♀もいまだにゼリーに手をつけません。そのような話を聞いていたので慌ててはいませんが、来年の春までブリ不可能なのかもしれませんね。そのまま落ちるのだけは勘弁してほしいです~。

 菌糸瓶菌糸交換したばかりのタラ幼虫です。孵化から3ヶ月経っていないのに大暴れしたために予定より早く交換したのですが、その後に変化が出てきました。写真のとおり、左の小さな瓶では暴れが継続しています。対して右の瓶は落ち着いて食べております。
 予想されることとしては、前回の瓶の内部が予想以上に劣化して暴れていた。そして、左の瓶は♀なのでそろそろ3ヶ月なので、前回の瓶で栄養が足りずに蛹化の準備段階に入った。そのため、新しい瓶でも菌の再生を抑えるために暴れ、菌を破壊しているのでは・・・。それに対して右の瓶は♂なので、まだ蛹になるには早すぎるので再度食事モードに戻ったと考えてみたのですがどうなのでしょうねぇ。
 前回の瓶の状態はちょっと心配はしていたんですよね。いつもとは違うKBの菌糸でした。いつものHIDE菌糸よりチップが粗かった事もあり、瓶の表面に白い皮膜ができるのが早かったのですよね。そのため、詰めてから2週間経たないうちに使用したんですよね。幼虫を投入する時に、内部にも菌がまわっている事は確認してはいましたが、少し早かったのかもしれません。やはり、いつもと違う菌糸を使うと扱いも微妙に変化しますよね。いつも使用している菌糸だと、「今回は水分が少ないなぁ~」とか「ちょっと新しいなぁ~、寝かせる時間を増やそうか」など変化が分かるのですけどね。
 ということで、いつもと違う製品を使う場合にはその製品の良い状態や投入タイミングなどが分からないとダメなんですね。ということで、何度か使用してみないと本当によい品かどうかははっきりしないという事を理解しました。とはいえ、大きく育って、値段が安くて、長持ちして、詰めてから使用できるまでが早くて、暴れなくて、掘りやすくて、いつも安定して手にはいる(そんなのあるか!という声もあるでしょうが)、そんな菌糸に巡り会うまで菌糸の浮気はやめられそうにありませんね。
20070904224545.jpg
 タラ♂幼虫が暴れそうだったので瓶交換しました。2ヶ月半で30gになっていました。とってもいいペースです。この幼虫の親はそんなに大きな血統ではないのですが、幼虫の育ちが早いです。同時に産まれた幼虫は6匹いるのですが、2匹は近所の子供にあげ、残りの3匹は♀(またかよ)なので、この血統の♂が全体的に大きくなるのかは謎です。もう一度親♀の産卵セットを組む作戦もありますが、現在タラレギの幼虫の数が多くて、さらに産卵させるのは自らの首を絞めそうな・・・。
 他にも同じ血統の♀1匹とレギ幼虫の瓶交換をしました。レギは頭の感じから♂のような感じがするのですが、ちょっと今回は微妙です。でも、他に瓶がなくて3リットルです(爆)。これで♀なら完全に自爆ネタです。55mmのレギ♀とかがでたら最高のネタになるのですが、まあありえないでしょうねぇ。
20070904224601.jpg
 他にも、暴れているこんな幼虫が2匹ほどいるんですよね。ちなみに写真のこいつともう1匹同じ状態の瓶は確実に♀です。交換したくても、先ほど書いたように小さな瓶を詰めるのを忘れていたんですよね・・・。さすがに♀と分かっていて3リットルを使用するのはもったいなくてできません。でも、先日詰めた2リットル瓶(それでもでかくてもったいない)もまだ仕上がっていません。今が孵化から2ヶ月半なので、瓶交換をしても半月ほどで蛹室を作る可能性が大です。ですから、1.5瓶で十分です。困ったなぁ~、こうなったら3リットルに♀2匹多頭飼育か~。
20070904224618.jpg
 きっと、交換するとこんな感じになるんですよね~。キングテイオウもそうですが、最近捨て瓶になる虫が多いなぁ~。もう少し瓶交換のタイミングをシビアに考えないといけませんね。反省、反省・・・・。

 平日ですが、本日2度目の更新です(笑)。写真は禁句テイオウヒラタです。8㎝ほどと感じてサイズを測ったスマトラアチェが87mmあったので、もしやと思い無理矢理瓶から出てきてもらいました。サイズを測るとほぼ90mmありました。厳密に言うと89mmと少しです。これなら小さいというほどでもないかな?テイオウヒラタの飼育ははじめてなので、このサイズは小さいのか平均サイズなのかよく分かりませんが、7ヶ月でとっとと羽化したわりにはそこそこサイズですよね、たぶん。次世代ではもう少し大きくしたいものです。とりあえず、ブリードサイズ王の称号とはならないかな?でも、最低でも90mmは越えてほしかったので少々残念です。ただ、現在蛹をしている個体や前蛹の個体はもう少し体重があったので90を越えるのではと淡い期待を抱いております。とりあえず、報告を終わります。

 我が家血統(そんな大げさなものではないのですが)と言いますか、我が家で交尾から成虫へとひととおりのステージを経験した初の雄が羽化しました。昨日までは真っ赤だったので分かりやすかったのですが、残念ながら今日は真っ黒に近づいたため、肉眼でも写真でも劣化した菌糸瓶の色に隠れてよく見えなくなってしまいました。かなり高温で飼育したので大きさはそこそこですが、完全自力の初♂なので嬉しいです。瓶から出したらもう一度紹介します。

20070904204151.jpg
 訳の分からない写真一枚で終わらせるのは忍びないので、ネプ幼虫です。今回の初令はこのまま育ちそうです。マットを食しているようで、お腹が黒くなっています。ただ、変なのは孵化して数日が経つのですが、いまだにマット上にいることです。まあ、卵管理もマットの上なので、その生活環境に馴染んでしまったのかもしれませんが、ちょっと心配です。ただ、昨日までは3匹の初令が見えていたのに今日は2匹になったので、そのうち潜っていくのかな?それとも、見えなくなった1匹は落ちていただけだったりして・・・。でも、1日で落ちた幼虫が完全に姿を消すことはないですよねぇ。もしかして、他の幼虫に食われていたりして・・・なんてね。
kabuto 569
 1ヶ月前、産卵セットを割り出して、その後面倒だったので、割り出したあとの材をそのままケースに放置したレギウスです。その後、すぐに中古材に穿孔していました。最初は財布に優しいすばらしい♀だと喜んだのですが、あまり削りカスも出ず、穴から♀の姿が見えていました。今まで穿孔した穴が♀の砕いたチップで埋まっている時には産卵していましたが、このような♀の姿が見えている時には遊びモードで産卵していませんでした。このまま餌を採らずに穴の中では弱ってしまうと思い、♀を取り出すことにしました。材をバキッと割ると、何と産卵していました。写真の♀の左下にグリーンエッグが見えます。左にある割った材には初令も見えます。
 絶対にこの♀は休憩モードだと思っていたので驚きました。そこからは慎重に割り出してみると、結局初令2匹と卵が5個採れました。う~ん、一度やる気になった♀の実力はすごいのですね・・・。羽化から1年ほどになりますが、まだ産卵できるのかしら?もう1セット組めるのか??
kabuto 570
 同じく、材に潜ったものの、♀の姿が見えていて、さらにトンネル工事を完了させたタラ♀がいました。こいつも餌を喰わせて再セットしようと材を割ってみました。材は水分多すぎの感じで、♀が砕いた材はミズゴケのようになっていました。「これは全然ダメな材だな~、これでは産むわけがないよなぁ~、遊ぶのも無理はない」と思いつつも、先ほどのレギのような場合もあるかもしれないと慎重に割ってみると、なんとこちらも産んでいました。それも18個も・・・。材1本の内部の5割近くの大きさを占める超巨大な産卵床で、色々な場所に産みつけていました。トンネル工事をしていたのは、もしかすると湿度が高いと感じてその調節のために穴を開けたのかもしれないです。たくさん採れたのは嬉しいのですが、どうも産んでからの時間があまり経っていないようで、まだ細長い卵もけっこうありました。水分調節の目処がついて一気に産卵したのかもしれません。とりあえず、割りカスで管理していますが、前回のように割りカスにレイシの菌が再生して、全部巻かれてしまうかもしれません。割り出して1週間ほどで孵化なら割りカス方式で問題はないのですが、このような予定外での早期割り出しになると危険です。せっかくたくさん産んでくれたのに、全て落としてしまったら♀に申し訳ないです。とりあえず、孵化までの時間を短縮するために25度にしました。そうすれば2週間ほどで孵化しないかなぁ・・・。それとも、カブトマット管理にした方がいいのかなぁ・・・。
20070903192658.jpg
追記 実は今日の文章は、昨日書いて今日の夕方に時限投稿されたものです。今日になって状況が変化したので、さらに書きます。レギが2匹孵化しました。これで残された卵は3個です。おそらく数日でほかの3匹も孵化するんでしょうね。タラ卵はあまり膨らんでいる感じもなく、ちょっと心配です。まあ、割り出してしまったのでもうどうしようもないのですけどね。それにしても、タラはよく産むなぁ~。
kabuto 568
 キングテイオウヒラタに引き続き、スマトラヒラタ(アチェ)も羽化していたようなので掘ってしまいました。こちらの瓶は捨て瓶にはなっていなかったので、菌糸の劣化が激しく、成虫が瓶から転がり落ちてきました。頭の幅はあるけれど、お尻がかなりすぼまっているのですね。いままで成虫のスマトラをあまり見たことがなかったのですが、目の前で見るとなかなか格好がいいものですね。サイズは見た目はまたもやブリードサイズのような感じでした。とりあえず、落ちてきてしまったのでノギスをあててみると87mmでした。猫背になっているので小さく見えますが、伸ばすとそこそこのサイズなんですね。残念ながら90mmには届きませんでした。小さな♀には魅力を感じないので、また♂幼虫だけ購入して飼育してみたいなぁ~。次こそもっとでかいのを羽化させたいです。

kabuto 567
 パパ3さんの家から飛んできたダイスケギラファの瓶交換を1匹だけしました。初令の後期に大きめだったので♂だと判断して2リットルに入れたのに、♀でした・・・。♂だと思っていたので、交換の瓶も2リットルしかありません。♀なのに、カップ→2リットル→2リットルというオーバークオリティな飼育になってしまいました。こうなったら70mmの♀を目指して下さい(笑)。他にも4匹いるのですが、姿が見えているのは全て♀のようです。姿の見えない幼虫に期待するしかありません。えぼ8女子校伝説再びとなるのか・・・、恐怖です。
 ヒラタやギラファなどの大型種で♀に偏ると切ないですね。まあ、きっと1匹くらいは♂がいるよね!きっと、たぶん、頼むからね・・・。
kabuto 565
キングテイオウ
 2週間は掘るのを我慢すると書いておきながら、その舌の根が乾かぬうちに掘ってしまいました(爆)。やはり、お尻の先しか見えない状態では我慢できませんでした。掘ってみると、いました!完品です。我が家に今までいたクワにはない幅の広さです。存在感が大きいです。それにしても、こいつの蛹室はサイズピッタリです。まったくゆとりがありません。お尻が常に瓶の縁に来ていた理由がわかりました。なので、瓶を逆さにしても落ちてきません(笑)。まあ、まだ羽化から3日なので無理に取り出すのはやめました。
kabuto 566
小さい・・・
 さて、気になるのがサイズですが、さすがに暴れて早期蛹化しただけあって小さいです。3リットル捨て瓶の直径が16㎝ほどですから、その半分で約8㎝といったところでしょうか・・・。同じドルクス属でも、オオクワならこのサイズで大満足ですが、キングテイオウにしては情けないサイズです。我が家ではこれからこの♂は「禁句テイオウヒラタ」です。この♂に対してつっこまないで下さい(笑)。さて、他の2匹の♂でどこまでリベンジできるのかなぁ・・・。そもそも、ヒラタは高温が好きと聞いていたので、真夏になるまで居間で管理していたのですよね。さすがに25~28度は温度が高すぎたようです。そうなると、同じように高温で管理していたスマトラヒラタのサイズも心配だなぁ~。PPでよく見えないのですが、なんだか先ほど1匹羽化しているみたいなんですよね・・・。
 なんだか、まわりの菌糸の状態が良いので、またこの瓶にニジイロ幼虫でも突っ込もうかな~。少しでも飼育代を節約しなくちゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。