カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC300014.jpg
 ここ数日間、作り続けてきたPGのユニコーンガンダムがようやく完成に近づきました。とりあえず、ニッパーなどを使う作業は終了し、あとは墨入れの追加とシール貼りをするだけです。完成して、ユニコーンの形でLEDを付けても光が隙間から漏れるだけで派手さがないので、ガンダムの形にしてみました。説明書を見ながらでしたが、肩アーマー部分に手間取り、20分近くかかってしまいました。まあ、次からは10分かからないと思いますが。テレビの中では数秒で変形が終わるのですが、手作業ではなかなか時間がかかるものです。
 足は、踵、脛、太ももの3か所で伸びるので、この形になると足が長くなります。整形手術のようです。膝は中からピンクが飛び出して派手に光ります。腕も伸びるのですが、ほんの数mm。手ももう少し伸びないとバランス悪いような・・・。胸は横に広がるのでバストアップします。胸を膨らませて威嚇する動物がいたような・・・。腰も少しだけ伸びます。ということで、全体でけっこう背が伸びます。だから、スタンドも長さ調節ができるようになっています。腰回りは、フロント、サイド、リアのアーマーにそれぞれLEDが入っているので派手ですねぇ。胸もピンクがたくさん露出するのでピカピカです。背中のランドセルもピンクがけっこう露出しているのでピカピカです。この輝きがなかなか素晴らしくて、LEDユニットは値段は高かったけど、それだけの価値はあります。逆に、付けてこの輝きを体験しないともったいないです。ただ、LEDの配線の取り回しはけっこう面倒ですけどね。
 武器を組み立ててわかったのですが、ライフルのエネルギーパックは1つずつ独立しているし、バズーカは長さが伸びるし、なかなか工夫されています。ゲート跡も組み立てると隠れるように配慮されているところが多数あって、ありがたいです。でも、組み立て説明書に「ここの跡は完成後も残ります」「ここは隠れるから処理しなくてもいいよ」という表示があれば、時間節約になるのですけどね。ゲート処理をした方が完成度が上がるのは確かなんですが、やらないで済むのならその方がいいですからね。
 私の個体だけかもしれませんが、変形するために部品が多く、LEDなどもあって重たいのでしょうか?腰と腹の間が抜けやすいです。下半身に電流を送る線が切れなければいいのですけどね。まあ、スタンドに付けてほぼ固定となるからあまり問題にはならないのですけどね。もうひとつ欠点はシールドのピンクは光らない事。ここまであちこち光らせてきたのだから、そこまで徹底してほしかったなぁ。
 今日は、年越し番組を見ながらゆっくりシールを貼っていきたいです。ただ、今までのガンプラ作りではシールを貼るために手と足を一度外しておこなっていたのですが、このガンダムは電線が通っているので外せません。だから、そのままの状態で貼っていかなければならないので面倒になりそうです。でも、塗装しないので、せめてステッカーを貼らないとあまりにもおもちゃっぽいからね。ただ、電飾をつけるとけっこう高級感がありますね。今まですべてのPGを作ってきたけど、個人的にはZガンダムの次に凄い個体ですね。

 さて、今年も終わりとなります。このブログに遊びにきていただいたみなさん、ありがとうございました。来年もメインは虫の飼育ブログとなりますが、今回のように関係ない事も書いていきますが、どうぞお付き合いください。それでは来年も良い年になりますように。
スポンサーサイト
PC300013.jpg
 昨日は朝から夜までひたすら作っていました。あ~、年末の醍醐味。仕事を完璧に忘れ、子供の気分に戻ってこんな事できるなんて心はおもいっきりリフレッシュされます。でも、肉体的にはかなり厳しいです。パーツを指で挟んでヤスリやデザインナイフで作業するから、両手とも腕が痛い・・・筋肉痛。腰や背中も痛いです。ずっと座って作業していますからね。でも、もっともダメージが大きいのは目です。老眼で見えないものを必死に見ようとするからでしょうかね。作業をやめるのは、目が痛く、そこからくる頭痛で作業が終わります。
 さて、昨日はようやく表向きは形になりました。腕もLEDの配線の取り回しに苦労しましたが、無事に光っております。LED本来の紫のような青とピンクの光が混じって、何とも言えない雰囲気。目は緑に光ります。顔を作ってわかりましたが、スイッチを一度押すと目がひかり、2回押すと全身も光ります。
 さて、今日は背中のランドセル(可動するので部品多い・・・)、シールド、各種武器の製作となりますが、たぶん武器の途中でギブアップするのだろうなぁ。マーキングまではとても進みそうにないなぁ。それにしても、面倒くさいけどできると高級感たっぷりのガンダムになりそうです。
PC290010.jpg
 昨日もガンプラ作りにいそしみました。足ができました。足にも変形機構があって、「この部品は何のためにあるの?」と感じながら組む部品もいろいろ。そして、足にもLEDが埋め込まれるので、その配線が面倒でした。膝周りは、関節の縁を沿うように配置され、関節が曲がった時に線の長さが足りないと切れますし、ゆとりがありすぎると余って困ります。まあ、ちょうどよく配置できると全体の線の長さがぴったりくるようにできていましたけどね。
 LEDを使わなければ、今までのPGのガンダムとさして難易度はかわらないけど、この配線はけっこう時間がかかるものでした。まあ、足の場合2本あるので、片側でコツを覚えるのか2本目になると時間があまりかからなくなるけどね。でも、足だけで結局6時間くらいかかりました。腰回りの作業を始めたところで、私の目と腰の疲労からギブアップ。
 とにかく、クリアーピンクでできているサイコフレームと呼ばれる部品の処理に時間がかかっております。ニッパーで切断するときにあまりギリギリを攻めるとプラスチックが白くなってしまうので、少し離れたところで切り、少しずつナイフで削っています。紙やすりで削れないので時間かかるのです。まあ、ボディも裏側にあるゲートに対して紙やすりを使えない場所もあって意外と時間がかかる。まあ、時間がかかるからじっくり楽しめるのですけどね。あっという間にできてしまったら暇つぶしというか、楽しみにならないです。
 さて、今日も朝からプラモをゆっくりと作っていきます。昨日は、風呂の大掃除をしたり除雪をして時間をとられたけど、今日はプラモ以外の予定はない。テレビで「花子とアン」の一気放送を見ながらたっぷりプラモづくりします。
PC270008.jpg
 昨日、昼からは子供から本屋に連れて行けと言われ、妻からは買い出しを頼まれ、その後メガネのレンズ交換をメガネ屋でおこない、結局午後からの作業は夕方からとなりました。写真はLEDを胴体に仕込んだところ。点灯試験をしてみましたが、青色にLEDが輝き、それによって赤い部分が綺麗に輝きます。説明書に特殊な素材を使用してLEDの光を受けて輝くとありましたが、確かにただの透明赤プラというわけではなさそうです。
 それにしても、配線が面倒です。中でたるんだり、外に飛び出さないようにところどころ溝にリード線を挟めるのですが、それがなかなか綺麗にはまらない。無理をして断線させたらマズイので大胆に力技というわけにもいかない。ガンダム自体も、ユニコーンは変形するので、変形するための色々なパーツがあるので、まさに立体パズルですね。
 アンダーゲート方式という事で、ゲートの切断面が外に見えにくくなっているのですが、見えない場所だからといって処理しないとうまくはまらなかったり、見えないと思ったところが変形すると見えるなど・・・結局すべてのパーツをゲート処理しています。たぶん、ヤスリを握っている時間が全体の8割ですかねぇ。
 組み立てる前にパイロットを塗ったのですが・・・コクピットハッチを開けてもほとんど見えないし!努力を簡単に裏切ってくれます(笑)。説明書には後からLEDキットを購入した時のために分解方法が書かれていますが、一度組み立てたこのキットを分解するのは・・・無理だと思うなぁ。
PC270009.jpg
 夕食の後は、足を組み立てました。脛や太ももくらいまで組み立てられると思っていたのですが、予想外に進みませんでした。目が見えないです・・・。さらに、変形のためか、パーツの数も多いです。写真の足首ですが、片足でパーツ数が50あります。つまり両足で100!そのパーツ×4くらいのゲート処理しているのですから、進まないわけです。さらに、あとから墨入れはやりにくそうなので、パーツの墨入れをしながら組み立てているのも作業を遅らせています。
 正月に完成するのかなぁ・・・なんだか危険な感じがしてきたなぁ。そういえば、このPGシリーズのガンプラですが、他の多くのガンプラは足から作り始めてだんだん上に上がっていくという組み立て順になっているのですが、今回は胴体から。なんだか違和感を感じるなぁ。明日のブログもガンプラ進行状況を伝えます。ということで、本来は虫ブログなのに、すっかり趣旨がずれているなぁ・・・
PC270007.jpg
 朝に除雪と暖房パネルの掃除を終わらせ、その後ガンプラ製作させました。設計図通りにまずはガンダムを飾る時にセットさせるスタンドから組みました。電池ボックス入りで、そこからの電源でガンダムが光ります。スタンドは高さを変えられる作りになっていました。
 で、午前中で写真のように胸がそこそこ出来上がりました。ここからLEDの配線作業になりそうです。4年ぶりのガンプラ作りですが、予想通りに老眼が作業の邪魔をしています。ゲート処理しようとしても、どこにゲートが付いていたのか見えない・・・。そもそも40以上のランナー(部品のついている板)の中から必要なランナーを見つけるのも目がよく見えないから探すのに一苦労。写真のようにマスキングテープつけて、そこにAとかランナーの記号を書いています。
 メガネを外すとゲート部分の確認ができてナイフ、ヤスリ処理もしやすいです。でも、そうすると設計図が見えない・・・。で、メガネをかけたり外したりするわけですが、手はヤスリをしているから削れたプラの粉だらけなので、メガネも粉まみれになってきました。あ~、年取るっていやねぇ。昔はパーフェクトグレードのガンダムといっても、塗装無しなら2日くらいで完成したものですが、今回は厳しいかなぁ。大みそかの夜には完成させたいのですけど、間に合うかなぁ。
 とりあえず、虫ネタがないので、ブログで進行状況を報告していきます。さて、午後からの作業でどこまで進むかなぁ。でも、「買い物に連れていけ」とか「ここ届かないから掃除して」などという妨害がありそうだ。自分の大掃除のノルマはこのガンプラ作りのために終わらせたのに。まあ、それでもこの時を2ヶ月近く楽しみに待っていたので、現在脳内麻薬が出まくり状態。とっても幸せな年末を迎えております。これで目がもっと見えれば・・・。
 来週もまだ仕事があるという方も多いと思いますが、私は今日から正月休み。久しぶりのBIGな連休です。で、今日は大掃除。まずは虫部屋の掃除に取りかかりました。まあ、埃、マットのカスなどゴミがいっぱい。菌糸やマットの入っていた袋もまとめ、汚れた瓶やケースを集めました。ここまで2時間半。そして、それを風呂場に持っていき、瓶やケースを洗浄。これでまた1時間。風呂場で虫系のものを洗ったままでは気持ち悪いので、そこから年末大掃除ということで風呂場の大掃除。これでまた1時間。その後、家の換気システムをすべて掃除。それで1時間。
 ようやく今日やろうと思っていた掃除が終わってゆっくりしようと思ったら・・・窓の外が凄い事に。30センチを余裕で超える雪が積もっています。昨日、1度除けているので、昨日から今日までの間でそれだけ降りました。で、除雪で1時間半。もう、疲れました。でも、今も雪が降っています。夜中に除雪車が来て、玄関前に大量の雪を置いていくことでしょう。だから、明日の朝も除雪をしないとなぁ。せっかく休みになったのに、普段以上の労働しているなぁ・・・。
 先週は雪がそれなりに降りましたが、この週末は暖かくなり、雪がけっこう溶けました。で、その後雨が降り、今朝は低温でそれが一気に凍りました。ということで、街中がスケートリンク状態に。我が家の車は4輪駆動ですが、それでも滑る滑る。スーパーの駐車場の上り坂が滑って登れませんでした。4輪駆動なのに斜めに滑って登れないなんて・・・。ダンロップのスタッドレスはイマイチなのか?
 今まで色々なメーカーのスタッドレスをはきましたが、ヨコハマはよかったかな。値段とバランスが良い感じ。だけど、ちょっとよじれる感じ。まあ、10年以上前のモデルですが。ミシュランはアスファルトが出ている路面では夏タイヤと変わらぬ感じ、つまり違和感をあまり感じないこれは5年前のモデル。だけど、アイスバーンはイマイチでした。トーヨーはクルミ入りというが、全然効果を感じなかった。これはもっと前のモデル。
 同じ時代のタイヤを同じ車に取り付けて比較しないと公平な判断ができませんから、自分の評価はあてになりませんが、一度使った時の印象というものは大きいものです。ブリヂストンのブリザックシリーズが一番評判が高いのは知っているのですが、値段も高い。また、最初はいいけど2年くらいでグリップがけっこう落ちるという噂も。まあ、履いたことがないのでねぇ。細くて直径が小さくて、あまり扁平していない安いタイヤならブリザックを買うのですが、値段が高いサイズだとなかなか手が出ないです。
 ちなみに、友人はインドネシアだかインドのスタッドレスを試したみたいですが、夏タイヤにスタッドレスの溝をきっただけのものという感じでまったくグリップしなくて使えなかったそう。韓国のタイヤもスタッドレスはイマイチという話があるけどどうなんですかねぇ。夏タイヤはそれなりに性能が上がっているみたいですけどね。
 さて、これからしばらくは道路が怖い時期が続きそうだなぁ。
 先日、羽化していたギアスゾウカブトの♂。正月に掘り返そうと思っていたのですが、なんだかやることもなかったので、掘ってみました。そうしたら・・・翅パカでした。まあ、命には問題ないかもしれない程度の翅パカですけど、完品ではなかったです。原因はたぶん低温です。しばらく寒い日が続いて虫部屋も20度を切っている時間が多かった感じがします。感じがしますというのは全然チェックしていなかったけど、餌やりなどで部屋に行ったらだいたい20度あるかどうかでしたからねぇ。
 それにしても、2年半経って羽化して翅パカではねぇ・・・。さらに言えば、同じ時期の他の個体はとっくに羽化して死亡しているので、今回の個体は観賞用の個体だったので・・・翅パカでは何の意味もないです。あ~あ。まあ、飼育に手間をかけず適当にやっているとこういうことも頻発するのですよ。飼育テンションも下がるなぁ。こういう低温が続くとタランドゥスやヘラクレスなどそこそこ高温を好む幼虫は調子悪くなるんですよ。熱心に飼育している時には天気予報と当日の空の雰囲気を見て毎朝暖房の設定を調整して仕事にでかけて行ったものです。今では・・・土曜以外に虫部屋に行くこともなくてねぇ。

 北海道は一昨日から大雪、嵐。最近は、異常気象が頻繁に起こって困ります。やはり、地球温暖化のあおりを受けているのでしょうか?幸い、札幌近郊は意外と穏やか。根室や網走、十勝など東側と、稚内など北の方が酷いようです。札幌は、今日は暴風雪になると予報が出ていたため、小中学校、高校ともに臨時休校になりっていました。しかし・・・今日の朝はたいしたことがなく、普通に学校に行けただろうという天気でした。まあ、以前に嵐で亡くなってしまった子供がいたために、教育委員会も大事をとったという事なんでしょうね。まあ、何もなくてよかったという事にしておかないとね。
PC180006.jpg
 さて、照明用のLEDキットが先に届いてしまったガンプラですが、本体もあの後に到着しました。段ボールの左側の隙間は何なのかしら?それと、普通は段ボールとプラモの箱の間に梱包材が入っている事が多いのに、これはダイレクト。輸送業者が雑だったら壊れるぞ。
 さて、高いプラモだけあって、箱にもコストがかけられていますねぇ。個人的には箱は捨ててしまうので、白黒の箱でいいのですけどね。カラーだし、金色部分はキラキラ輝いているし・・・。箱だけで数百円かかっているに違いない。組み立て説明書を出してちらっと見てみましたが、LEDを腕や足に組み込むためか、意外とフレームの作りが単純。今までのPGのプラモは本物の機械のような複雑な構造をしていたのですけどね。ただ、外装が動くために、小さなアーム状のパーツは色々フレームに付くようです。
 LEDの配線が目立たないように工夫されているのが説明書を見てわかりましたが、腰のアーマーのまわりは隙間から配線が見えそう。配線が白なんですが、黒にした方が目立たないと思うのですけどね。ピンク色に光る部分をガンプラ用語で「サイコフレーム」と言うらしいのですが、全身のピンク部分は光るのですが、シールドのピンク部分は光らないようです。ちょっと残念。
 また、飾るためのスタンドに電池を入れて、そこからの電源供給を受けてガンダムは光るのですが、スタンドに刺す部分がコンセントのようになっていればいいのに、スタンドとガンダムを接続する部分の中にコネクターが付いて
います。だから、ガンダムをスタンドから外す前にコネクターを外さなければいけないのです。面倒です。きっと、スタンドに刺しっぱなしになることでしょう。自分は大人だからスタンドから外してお人形遊びのように色々とポーズを変えたりしないけど、子供だったらスタンドのつけ外しが面倒なこのやり方はダメですね。まあ、子供には高いおもちゃだけど。
 とりあえず、年末の休みまでしばらく放置です。世の中には「積んどくモデラー」と呼ばれる、プラモを買い込んでも作らずにタンスに積み上げている人がけっこういるらしいのですが、私にはそれはあり得ないですねぇ。だいたい、一度作り始めると睡眠時間を削ってでも数日以内に作ってしまう方です。年末もギアスの掘り出しくらいしか虫ネタはないので、このプラモの製作記になってしまうかもなぁ。
 総選挙が終わりました。選挙期間中に下手な事を書くと公職選挙法にひっかかる事があるのでやめていましたが、今日はもう投票も終わったからいいよね。正直、どの政党に入れてもあまり政治が変わる期待は持てないわけですが、大人として投票に行くのは義務と言ってもいいものかと個人的には思っています。こんなに借金大国になってしまったのは政治家が悪いと言えますが、その政治家を選んだ、投票したのは我々国民なのですから、我々に全く責任が無いとは言えないのですよね。今回は大義無し選挙と言われていましたが、その中で自民党が予想通りに勝ったわけですが、それでいいのかねぇ。増税を遅らせて市民を喜ばせたわけですが、その陰で秘密保護法が動き始め、憲法改正に向けて準備が進んでいるようだし・・・なんだか怖い事にならなければいいのですけどね。平和が一番なんだけどなぁ。
 税金が上がらないのはいいけど、年金とか財源をどうするつもりでしょうかね。国債ですか・・・。これから、若者はさらに減り、年寄が増えて年金や医療保険料などの比率はさらに増えてくるのはわかりきっている事。で、そこにさらに借金が増えたらどうなるのだろうか。現在国会議員の大物たちはもう老人ですから、あと10年何とかなれば、というか自分が死ぬまで適当に国民に甘い汁を見せて自分が死ぬまでなんとかなればいいという程度にしか見えないのですけどね。我が家にも現在学生の子供がいますが、この子達が大人になった時にどうなるのかと考えると本当に恐ろしいです。ただね・・・イマイチ政治家を批判できないのは、自分が国会議員になったとしても今より良い政策や対策を思い浮かばない事ですね。
 でも、国民として情けないなぁと思うのは、犯罪行為やそれと同様な事をした人、過去にしていた人たちが相変わらず当選すること。ワインやネギや観劇のあの方やうちわのあの方や、親が政治問題で逮捕された人の子供が代わって立候補してその地盤の力で当選してしまう・・・。これだから政治家はクリーンになるわけないよね。ちなみに北海道でもそんな感じの議員が何人かおります。他の地域を笑える立場にないです。候補者に何か悪い事があればもう絶対に当選しないような厳しい市民の目があればもっと良い政治になると思うのですけどね。政治家と芸能人ほど犯罪に甘い世界は他にないよなぁ。自分のやっている仕事は逮捕されたら、クビになるのはもちろん、復職も絶対にできません。禊選挙・・・そんな甘い言葉が通用してしまうなんてねぇ。いや、本当にこれからマズイよ、日本は。
PC150005.jpg
 毎日、仕事に追われ、最近は北海道にも雪がけっこう降ってきて(新潟とか東北の日本海側と比べれば今年はまだましですが)除雪もしなければならない。けっこう体力的にハード。で、今の仕事を頑張るモチベーションは例年よりも長い正月休み。なにせ今年は26日から1月4日まで完全休業。嬉しすぎます。
 で、そんな時に何を楽しむかといいますと、今年はプラモデル作りです。虫の趣味を始める前はプラモをけっこう作っていました。自分の部屋はエアブラシ工房となっておりました。しかし、虫飼育をしてからは部屋は虫のケースとコバエ。とてもエアブラシできません。たぶん、溶剤で虫は死ぬよねぇ・・・。で、塗装をしないとバイクや車、戦闘機や戦車は綺麗に仕上がりません。まあ、個人的な満足の度合いの問題ですけどね。組み立てるだけでもそれなりになりますけど、一度エアブラシ塗装を知ると戻れないのですよねぇ。で、虫を始めてからはプラモはあまりやらなくなりました。しかし、ガンプラは最初から色分けされており、塗らなくてもそれなりに仕上がるのです。塗装するとかえって動かした時に擦れて塗装が剥げるので、塗装しない方がいいくらいです。まあ、塗装するとさらに良いのは確かだけどね。
 それではガンプラをたくさん作ればいいかというと・・・ガンプラって毎月色々と新作が出るから、毎度購入するのはキリがないし、置き場にも困ります。なので、私はPGという大きくて複雑なガンプラだけ作るようにしています。値段が高いのですが、毎年1種でるかどうかなのでそんなに負担にならないです。クリスマスにぶつけるためか、けっこう年末に発売されることが今まで多く、それを年末の楽しみにしていました。
 しかし、ここ4年?は発売もなく、作っていませんでした。今年、久しぶりにユニコーンガンダムというガンダムのPGが発売となったので、予約していました。で、それが今日届いたのですが・・・とりあえずLEDユニットのみ。本体の中にLEDを仕込んで全身が発光するというプラモなんですが、値段が高いので別売りなんですよ。で、本体はというと、LEDは違うところから届くようでまだ届いていません。ガンダムのプラモ本体がないと、この箱は何の役にも立ちません。でも、いいんです。どうせ年末までは作らないので何の問題もないのです。休みに入るまでに届けばいいんです。でも、正月休みを過ぎてから届いたら・・・激怒ですな。それにしても、私ってガンダム世代のわりにあまりガンダムに詳しくないのですよね。今までたくさんのPGのガンダムを作ったけど、実際にお話しを知っているのは最初のガンダムとZガンダムくらい。ガンダムが好きというより、プラモが好きなんです。本当は、田宮から塗装済の車などのプラモキットなんかが出てくれると嬉しいのですけどね。
 忙しい生活は相変わらずなのですが、ブログを書く余裕が全くないというほどではなくなりました。しかし・・・虫ネタが全然ないです。パラワンの蛹はそのまま、ニジイロは幼虫でそのまま、タラレギも幼虫のまま、ヘラやギアスなどのカブも幼虫だらけ。飼育数が極端に減っているわけではないのですが、カブト幼虫が多いため、変動がない虫部屋でして。だから、書くこともないのよねぇ。やはり、クワガタ飼育中心の方がブログネタ的にはいいですね。産卵セット、割り出しなどはカブトにもあるけど、菌糸詰めなど準備も記事になるし、何よりもカブトより早い蛹化、羽化とサイクルが早いですからね。特に、アクティオンなんて飼育していますから、羽化まで3年コースですからネタにもならないわけですよね。
 さて、昨日仕事の合間に愛車のS206を工場に一日預けました。なにやらシートが微妙に動いていたのですよ。シートレールにガタがある感じはなかったのですが、加速、減速時に微妙にシートが動くのですよ。で、ディーラーで相談したら、他にもそのような車が何台も出ていたらしく、無料で修理してくれることになりました。シートを外して、フレームを直すために時間がかかるので、一日預けるという事になったのです。
 で、代車にはインプレッサXVでしたっけ?車高の高いクロカン風のインプレッサでした。雪の積もった札幌では、S206よりこちらの方がいいのかも(笑)。車高が高いから雪が積もっても底を擦る心配もないし、チンタラ走るしかない冬の街中ではオートマがいいし、馬力もいらないし。扁平タイヤをはいていないからブレーキの利きもいいです。40扁平とかだと、どうしてもタイヤ全体を固く作るので、ブレーキをかけた時に柔らかく荷重を吸収できないのでロックしやすいのですよね。ま、繊細にやれば絶対的な制動距離はそんなに変わらないかもしれないけどね。でも、タイヤメーカーもスタッドレスは50扁平くらいに抑えたいらしいけど、なにせでかいブレーキがついている車にははかせられないからねぇ。
 そんなことを考えながらの一日代車生活でした。で、仕事を終えて夕方に愛車を受け取り、帰路についたのですが・・・やはりS206の方がいいなぁ。ボディの剛性感とか遅れの無いシャープな動きにインフォメーションの伝わりなど、やはり愛車が一番と再認識。まあ、飛ばせる環境ではないけど、ゆっくり走っても、この感覚を常に味わう事ができる幸せを感じました。まあ、毎日運転しているとそれが当たり前になってしまうのですけどね。
P1010004.jpg
 レギウスの幼虫が入った瓶が2つ並んだ写真のはずなのですが、なぜかパラワンの写真?でも、写真をクリックすると、レギウスの瓶の写真になる・・・。この奇怪な現象はなんでしょうか?
 さて、レギウスを2ℓ瓶に移してしばらくが経ち、期待できる幼虫は相変わらずしっかりとたくさん餌を食べているようです。左側の瓶がそれです(上の写真上でクリックするとその写真になる・・・はず)。まだ綺麗な食べ方ですし、菌の劣化も見られないので、もう少し放置できそう。
 それに対して、右の瓶はきれいすぎるのです。まあ、瓶に投入した時に、左側の個体は3令になっており、右の瓶の個体は2令でしたけど、こんなにも表面に食痕が出ないのはマズイです。たぶん死んでいます。でも、他の瓶をチェックすると3つの瓶が新品同様に。そうなると、かなり飼育数が少ないという事になってしまいます。
 タラレギは3令になってしまえば20度くらいの低温でも生きています。でも、初令や2令だと20度位の温度で何日も過ごすと死んでしまう個体もけっこう出てくるのです。まあ、我が家の話ですけどね。まあ、カワラは手間もお金もかかるので、そろそろ撤退してもいい時期かもしれないですけどね。でも、一度タラレギ飼育をやめたら、なかなか手に入らなくなるかもしれないですからねぇ。レギウスはギネスの子孫でもあるわけですしねぇ。生きていればいいんですけどねぇ。マットなら気になればケースをひっくり返して幼虫の様子を確認できるけど、菌糸だとそういうわけにはいかないですからねぇ。
P1010001 (2)
 ギアスゾウカブトの♂が羽化しました。というか、たぶん羽化しました。割れた蛹の皮が見えるので、羽化しているのだと思われますが、内部がよく見えないです。なので、角が曲がっていないかとか、不全は無いかとか、サイズはどうなのかとかすべては謎です。結局、この個体は他の兄弟たちと1年遅れになってしまいました。
 他の数匹はだいたい羽化時期が合ったのですが、こいつだけ何で同じ管理なのに1年もずれたのかしらねぇ。最終的に、全然蛹にならないから大胆にマット全交換をしたら、それをきっかけに蛹になりました。少し古いマットが混じっていた方が蛹室を作りやすいと思うのですけどね。あいつらの気持ちは理解できません。
 本当は、すぐに掘り返して、あの黄金色の姿を見たいのですが、ゾウカブトは羽化直後は意外とデリケートだと聞くのでしばらく放置。元旦にでも掘り返してみましょうかねぇ。ちなみに、この記事を書いたのは12月初めですが、いつ羽化していたのかは謎です。まあ、謎と言えばこの個体は♂と判定したものの、ギアスは♂も♀も似たような大きさまで育つので、実は性別も謎ですけどね。掘ったら♀だったらどうしよう。交尾相手もいない♀ほどつまらないものはない。だって、♂なら観賞用として使えるけど、♀はどのカブトも同じようなものだし、餌は大食いだし、それで卵を産まないのなら何の意味もないですからね。現在、我が家にはギアス幼虫はそれなりの数いますけど、どれもまだ半年以上はかかる個体達ですからねぇ。そう考えると、掘りたくなってきた・・・。でも、我慢するのだ。

P1010002.jpg
 最近パソコンでトラブルが起きていると書きましたが、またおかしいです、異常です。ヘラクレスの幼虫の写真を撮りました。で、ブログにUPしようとしたら、なぜか菌糸瓶に入っているパラワン幼虫の写真になっている?で、その写真をクリックしたら、ヘラクレスの幼虫の写真になる・・・。とってもおかしい。パソコンがおかしいのか、デジカメがおかしいのか謎だ・・・。この記事が更新された時には、どちらの写真になっているのだろうか??
 さて、ヘラクレスの事を書きたかったので、書く内容はヘラについて。DVDケースに移してしばらく経つのですが、相変わらず蛹になりません。現在はケース内の手前側にいてマットを食っています。先日、前蛹だったものは真っ白なかりんとうになってしまいました。低温のために蛹化不全で死んだのでしょうか。仕事が忙しくて放置し、冬になってきたので、油断すると虫部屋が18度を切る時もたぶんあるのだと思います。そうなると落ちるものも出てきます。
 まあ、成虫もこの時期に死ぬものがけっこう多いです。まあ、ゼリーの食べる量も減るから管理費用は抑えられますけどね。現在、♂のヘラは幼虫で、♀はだいたい羽化、蛹という状態なので、そろそろ♂が蛹になってくれないと数匹の♀が余ってしまいます。まあ、いざとなれば虫屋さんに交尾をお願いするしかないけどねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。