カブトムシ、クワガタに最近はまっています。他にもミニカー、車、バイクなどいろいろ。趣味中心のブログです。というか、趣味だけしかきっと書かないだろうな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PA280015.jpg
 先日、ケイスケギラファを割出して20匹ほどの幼虫を菌糸瓶に移しました。でも、その時に、まだ幼虫がいたのです。とりあえずその場は見なかった事にして産卵セットの中に戻しましたが、そのままではかわいそうです。なので、ブロックを買ってきて詰めました。
 ニジイロは大きく育たず小さくても綺麗(小さい方が綺麗な気がする)ですが、ギラファの小さい個体は見られたものではないです。自分で飼育したことがある人はわかりますが、ギラファの飼育経験のない人に小型個体のギラファを見せると「これって何てクワガタ?」となります。
 フタマタやタラなどはある程度小さくてもそれなりに似たような形になるので、実物は貧弱でも写真ではそれなりに格好よく見えたりします(写真の腕が必要だが)。でも、ギラファって小さいとハサミムシですからねぇ。近所の子供ももギラファに見えないギラファは誰も欲しがりません(笑)。
 ですから、ギラファはギラファとして見えるだけの大きさまで育てなくてはいけないのです。その一番の近道は、比較的早い段階で菌糸に投入すること。マットスキルのある方なら、最後までマットでも大きくなりますが、気軽に大きくするには菌糸です。ただ、今は初令なのですべて800瓶ですが、これから先には2リットルと1400瓶を20本くらいずつ準備しておかないとなぁ・・・。単独の飼育数だと我が家ではギラファが圧倒的に一番ですね。本当はパラワンをもっと飼育したいのですけど、全然産まなかったのでねぇ・・・。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
虫さん、こんばんは
ギラファなら途切れても、またやりたくなったらすぐにでも入手できるメジャーなところがいいですよね。我が家でも、一度途切れて、現在は別血統を飼育中です。
2012/11/10(土) 16:39 | URL | えぼ8 #-[ 編集]
そうですよね。ギラファは100を切るとだんだんみすぼらしさが増していきますよね(^^;)
うちはメスが産まず、あっさり死んでしまったので、累代が途切れてしまって、今は幼虫が一頭いるだけなので、この子には我が家最後のギラファとして頑張ってもらいたいものです。
2012/11/09(金) 12:15 | URL | 虫 #-[ 編集]
しょーさん、こんばんは
マットでも上手くいくと60gくらいまでいきますから、頑張ってみてください。カブトマットのように黒くて粒子の粗いマットがうちではうまくいきました。ただ、ケイスケギラファはマットより菌糸の方が育ちがいいです。ダイスケはマットの方が安定していました。他の亜種はやっていないのでわからんです。
2012/11/08(木) 23:45 | URL | えぼ8 #-[ 編集]
こんばんは

お久し振りです


うちのギラファは全てマットで飼育しています。


最大で41g最小で32gと個体によってまちまちですね(泣)
2012/11/08(木) 22:57 | URL | しょー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://evo8kai.blog53.fc2.com/tb.php/2451-75e3a28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2012/11/12(月) 21:43:14 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。